【専門家が解説!】CBDグミは危ないのか?副作用から見るCBDグミの危険性とは

CBD製品の中でも気軽に楽しく始めることができると話題のCBDグミ。

しかし人気のあるCBDグミだからこそ、「CBDグミは危険」といったネガティブな噂が出回っているようです。

そこで今回は、

「CBDグミは危ないの?」
「CBDグミって違法?」

などのネット上で囁かれる噂について、CBDグミについて詳しく説明しながら検証していきたいと思います。

今話題のCBDグミが危ないって本当?

結論から言いますとCBDグミは極めて安全なものです。

基本的にCBDグミは私たちの健康を維持するために非常に効果的な製品であり、身体に良い影響を与えてくれることはあっても、身体に危険を及ぼすようなものではありません。

ただ全てのCBDグミが安全というわけではありません。

他の製品でも言えることですが、製品の種類が非常に豊富であるがゆえに、粗悪なCBDグミが紛れている可能性も否定することはできません。

日本の法律に則って製造されたCBDグミは安全ですが、安全性を欠いたCBDグミが存在するのもまた事実です。

ただ冒頭でも言ったように基本的にCBDグミ自体は安全で合法なものであるということを覚えておいてください。

そもそもCBDグミとはどんな製品か

CBDグミとは食べるタイプのCBD製品、CBDエディブルの1種で、CBDを使用することに抵抗がある人でも始めやすいようにグミにCBDを配合させたCBD製品です。

普通のグミとCBDが配合されていること以外変わりないので、お菓子感覚で食べることができます。

またCBDグミは味も豊富に用意されているので、お気に入りのCBDグミを見つけることもできますし、何よりお手軽に食べることができます。

持ち運びでも外で使用する際でも、周りの目を気にする必要がないので、外でも気軽にCBDを摂取することができるでしょう。

CBDグミが危ないとされている原因

CBDグミが危ないとされている原因は、猜疑心からくることが多いようです。

ここではCBDグミが危ないとされている原因について3つポイントを交えて説明していきたいと思います。

原料がマリファナと同じ麻だから

CBDグミに配合されているCBD(カンナビジオール)の原料は、マリファナと同じ麻です。

そのため麻と聞いてマリファナを思い浮かべる人が、先入観にとらわれCBDグミも危険と判断しているようです。

しかしCBDは安全な成分です。

マリファナの持つ精神活性作用・酩酊作用・依存性などは「THC(テトラヒドロカンナビノール)」と呼ばれる成分が原因です。

このTHCは日本では法律によって規制されており、THCを含んだ製品は所持することすらできません。

一方で、同じ麻から抽出されるCBDはその効果と安全性を日本でも認められているため、日本でも法律によって規制されることはありません。

違法ドラッグと同じ原料といえども使用している成分が違えば、それはもう別ものです。

危険性も大きく違ってくるので、同じ原料だからと危険と判断するのは早計でしょう。

怪しい広告・製品が多いから

CBD製品をネットで検索してみると、正規のブランドやメーカーなのにやたらと悪い雰囲気を出した広告が多くあります。

暗い雰囲気で、パーカーを被りCBD製品を吸っている。これだけのことをしていれば、CBD製品を危険と思ってしまうのも無理はないでしょう。

CBD製品は健康サプリとしても注目される程危険性のない、クリーンなものです。

こういった雰囲気だけを醸しだし、あまりにも悪いイメージを持たせるような広告は無視しても良いでしょう。

日本でのCBDについての理解が少ないから

CBD製品は元々アメリカやヨーロッパで人気があったものです。

最近になって日本でも認知度が向上してきたとはいえ、まだまだCBDについての理解は得られているとはいえません。

誰しもよく分からないものについて、怪しいと思ってしまうのは仕方のないことです。

しかしCBDについて正しい知識を持っていると、CBDに危険性がないことがわかります。

CBDの危険性を払拭するには、他者が「CBDは安全です」というよりも自分が正しい知識を得る方が効果的です。

CBDについて知識のない人がCBDは危険と言っているのを尻目に、正しい知識を取り入れて、CBDに対するイメージを変えましょう。

CBDグミが危なくない3つの理由

CBDグミに危険性がない理由は、大きく分けて3つあります。

身体にほとんど悪影響を及ぼさないから

CBDグミに配合されているCBDは安全な成分です。

継続的に摂取しても何の問題もなく、私たちの生活をより豊かにしてくれます。

あるCBDについての実験では、1日に1500mgのCBDを摂取しても身体に悪影響を及ぼすことはなく、異常が見られることもなかったと報告されています。

濃度が非常に高いCBD製品を一度にいくつも空にするほど摂取すれば、影響は多少なりともあるかもしれませんが、私たちが普段の生活の中で少し多めに摂取したところで危険な状況になることはありません。

またCBDが持つとされる副作用も軽度なものが多く、強い眠気や食欲の変化などが一般的で、それほど警戒する必要もありません。

このようにCBDは普通に使用するのはもちろん、過剰に摂っても身体に悪影響を及ぼさないことが分かっているので、CBDグミにも危険性がないと言うことができます。

依存性・中毒性がないから

CBDはTHCが持っているような依存性を持っていません。

また使用をやめても禁断症状が現われるということもありません。

依存性や中毒性がないからこそ、自分に適した量だけを摂取することができるのです。

また自分にはCBDグミが合わないと感じた場合でも一度使用を見合わせることや辞めることも簡単にできます。

CBDグミは依存性があるどころか、依存を緩和する効果を持っています。

CBDの依存緩和の効果はタバコにも効果的で、CBDを摂取することによって普段の40%ものタバコを減らすことができたという報告もあります。

このように摂取量を無理矢理多くさせることも、辞められなくすることもないCBDグミは安全と言えるでしょう。

日本の法律で規制されていないから

CBDは日本の法律で規制されていません。

CBDの法規制について考える時、主に「大麻取締法」「麻薬及び向精神薬取締法」の2つを見ることができるのですが、両方ともCBD自体を規制しているものではありません。

これらの法律は麻に含まれるTHCを規制しており、THCが含まれる麻の部位や合成THCを規制しています。

日本で使用されているCBDは、THCが含まれていない麻の部位を使用する必要があるため、取り出したCBDが違法になることはありません。

国が危険性などを判断して規制しているのが法律です。

その法律で規制されていないCBDは極めて安全性の高いものと言えるでしょう。

【注意!】こんなCBDグミは危ない!

基本的に危険性のないCBDグミですが、例外的にTHCが配合されているCBDグミは危険と言わざるをえません。

CBDグミを日本で購入する場合、国産のCBDグミは配合されているCBDが麻の合法な部位を使用しているため元々安全です。また海外から輸入したものであっても品質の証明書を提出する必要があり、検査もされるので安心です。

しかし海外で購入する場合は危険です。

海外では、THCを合法にしている国もあるため海外で直接購入してしまうとCBDグミの中にTHCが配合されている可能性があります。

そのCBDグミの使用を継続していると、脳や身体に悪影響を及ぼす可能性があるので、海外でCBDグミを購入する際は注意しておきましょう。

危ないCBDグミを簡単に見極める方法

国内でCBDグミを購入する場合、基本的に安全です。

ただ確認しておくと良いポイントがいくつかあります。

  1. THCが入っていないことを証明するTHCフリー表記があること。
  2. 品質の証明を保証してくれる第三者機関による品質証明を受けていること。
  3. 国内メーカーか信頼できるブランドであること。

安全性が高く信頼性の高いCBDグミには、これらを商品ページで載せられているので、是非チェックしておきましょう。

CBDグミの危ないイメージを変える最高の製品とは?!

RECLIA CBD140mg

  • 価格 980円
  • 容量 28g(7粒)
  • CBD含有量 140mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 20mg
  • CBD1mgの値段 7円

CBDを初めて使用する方におすすめするのがこのRECLIAのCBDグミです。

RECLIA CBDグミが優れているポイントに、「業界最安価」「安全性が非常に高い」「パッケージがおしゃれ」を挙げることができます。

CBDグミを買う時、気になるのは「価格」でしょう。

CBD製品は高価なものが多く、価格が原因でためらってしまう方がいるのが現状です。

しかしCBD初心者フレンドリーをコンセプトに作られているこのCBDグミは、1粒当たりの価格が98円と非常に安価な上、CBDが20mgも配合されており、コスパが良く誰でも気軽に始めることができるでしょう。

さらにこのRECLIA CBDグミの安全性は非常に高いものと言えるでしょう。

米国の第三者機関のテスト、監視によって違法性のある「THC」を徹底的に排除しているため、違法性はなく安心して使用することができるでしょう。

またパッケージがおしゃれなのも大切なポイントの1つです。

CBDグミの特徴に気軽さをあげることができます。RECLIA CBDグミのようにおしゃれなパッケージであれば、どこでも周りの視線を気にすることなくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:コスパが良い・安全性が高い・パッケージがおしゃれ
デメリット:少しCBDの含有量が低い

<RECLIA CBDグミの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

50種以上の中から厳選した「美味しい」「安い」「よく効く」が揃ったおすすめのCBDグミBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/25/cbd-gummies-best10/ target=blank]

CBDグミ危ない まとめ

今回はCBDグミの危険性について解説してきました。

CBDについて正しい知識があれば、CBDグミに危険性がほとんどないことは分かると思います。

ただ闇雲にCBDグミは危険と言っている人の言葉を信じず、自分が取り入れた知識で判断できるようにしましょう。

安全なCBDグミを使用して、健康な毎日を送ってください。

こちらもおすすめ