【要注意!】CBDとアルコールは危険?CBDとお酒が体に与える悪影響について解説!

元々アメリカやヨーロッパで人気を集めていたCBD。

最近になってCBDの持つ多彩な効果が、日本でも人気を高めており、徐々に身近な存在になってきています。

しかし身近なものだからこそ、気になってしまう部分があるでしょう。

そこで今回は、

「CBDってアルコールと一緒に摂取してもいいの?」
「CBDとアルコールの関係は?」

などのCBDのアルコールに関しての疑問に答えていきたいと思います。

CBDはアルコールと一緒に摂取しても大丈夫なの?

CBDを日常的に使用するにあたって、アルコールとの関係性は非常に気になる所です。

アルコールと同時に摂取することによって、何か良くない効果がでるのではないか。

特にCBDはWHOにもその医療的有効性を認められているくらいですから、同時に摂取すると何かネガティブな反応が起こると思っている方もいると思います。

しかし安心してください。CBDはアルコールと併用してネガティブな反応を引き起こした事例はないことが確認されています。

それどころか両者を適切な量を摂取していれば、お互いの良い作用を十分に引き出すことができるので、アルコール好きな方におすすめできるCBDの摂取の方法と言えるでしょう。

ただし、CBDには副作用があります。

CBDもアルコールも個人差によって、受ける影響が大きく違ってくるので注意はしておきましょう。

CBDとアルコールの関係

CBDオイル

CBDとアルコールの関係は、実は意外にも似ています。

CBDにもアルコールの度数のようにCBD濃度と呼ばれるCBDの強さがあり、濃度によって効果の出現時間に影響があることが分かっています。

またCBDがもたらす効果にも、アルコールと似たような効果があります。

例えば、リラックス効果。

CBDはストレスを緩和し、筋肉の緊張をほぐすことができます。

そうして得られるリラックス効果は、日々の疲れを癒やし、睡眠の質も向上させてくれます。

ただ似ている点は、良いところだけではありません。CBDもアルコール同様、肝機能への影響が危惧されています。

あるマウスを用いた研究によると、CBDを過剰に摂取すると、肝酵素の上昇や肝臓損傷、肝細胞質の腫れなどの兆候を示したと報告されています。

このようにCBDを過剰に摂りすぎると、肝機能へ影響を与える可能性もあると言えなくもないですが、あくまでこれはマウスの場合です。

そのため専門家には、人間の場合ではそれほど気にすることではないと主張する方もいます。

CBDを使用する中でも最も大事なことは、自分に適したCBDの使用方法を見つけることです。

それさえできれば、安全を確保しながらCBDの効果を十分に得ることができるでしょう。

CBDとアルコールの違い

CBDとアルコールには共通している効果を持っていることが分かったと思いますが、もちろん違うポイントもいくつかあります。

CBDはアルコールとは違い、使用しても酔うということはありません。

またアルコール中毒のようにCBD中毒になるようなこともなく、依存性もありません。

それどころかCBDには依存性を抑制する効果があります。

このように普段摂取しているアルコールよりも、安全性で言うとCBDの方がアルコールよりも安全と言えるでしょう。

CBDとアルコールを一緒に摂るメリット

さまざまな効果を持つCBDですが、アルコールと同時に摂取するとなると、どうしても不安になってしまうのは無理もありません。

医薬品などはアルコールと一緒に摂ってしまうと、効果が変化してしまう可能性もあります。

しかしCBDは現在、アルコールと一緒に摂った結果、身体に悪影響を与えたという報告はされていません。

それどころか、CBDとアルコールを同時に摂取することによっていくつかのメリットを見ることもできます。

二日酔いを軽減できる

お酒を飲んだ次の日、私たちを苦しめるのが二日酔いです。

もちろんお酒にも個人差があり強い人にとってはあまり経験がないかもしれませんが、二日酔いでどうしようもない気分になる方もいるでしょう。

そこでCBDです。

お酒を飲んで普通なら二日酔いで苦しんでいる時でも、CBDを使用していた場合では、いくらか楽になっていると感じる人も多くいます。

CBDの持つ効果には、吐き気防止効果もあるため二日酔いの時の吐き気を抑制することもできます。

またCBDの抗不安作用は、気分の悪さを解消することもできるので、CBDには二日酔いを軽減させる働きを期待することができると言えるでしょう。

お酒の量を抑えることができる

CBDを摂取した後にアルコールを摂取した場合と、CBDを使用しないでアルコールを摂取した場合を比較してみたとき、前者の方が酔うのが早かったという報告もされています。

CBDを摂取することによって、血行がよくなり、アルコールの循環が早く行なわれることによって少量のアルコールでも酔うことができたようです。

このようにCBDを摂取すれば、いつもよりも早く酔いが回り、結果としてお酒の消費を抑えることができるようです。

ただしCBDは体質やそのときの体調が大きく関係してくる成分です。

人によっては期待した効果を得ることができない可能性もあるので、そこだけは覚えておいてください。

依存症などを抑制

アルコールには依存性を見ることができます。対してCBDには、依存性の緩和の効果がありますから、アルコールの依存症を緩和することができるでしょう。

先程説明したようにCBDを摂取しておくことによって、お酒の消費を抑えることもできるため、飲み過ぎやアルコール依存症への治療として有効とされています。

また依存症以外にも、アルコールの摂取は、肝機能・循環器・血液凝固・中枢神経・脂質・内分泌などへの作用があります。

しかしCBDを摂取することによって、脂肪症・肝毒性・炎症・神経変性などのアルコールによってもたらされるいくつかの悪影響を防ぐ役割を果たすことができるようです。

お酒を飲む方の中には、お酒と同時にたばこを嗜む方もいるのではないでしょうか。

CBDリキッドはタバコの代わりとして使用することができる上、アルコールだけではないタバコの依存性も軽減させることができるので、是非お試しください。

CBDとアルコールを一緒に摂るデメリット

CBDとアルコールを一緒に摂ることによるメリットをいくつか紹介してきました。

しかしメリットがある反面、いくつかのデメリットをみることもできます。

ここではCBDとアルコールを同時に摂取することによって見えてくるデメリットについて解説していきたいと思います。

酔ってCBDを過剰摂取してしまう

CBDを摂取して酔うことはありませんが、アルコールには酔わせる作用があります。

これによって、お酒だけではなくCBDの使用にも拍車が掛る可能性があります。

アルコールによって受ける作用を少しでも軽減させるために、CBDを大量に摂取しようとする方も中にはいるでしょう。

しかしCBDは過剰に摂取するべきものではありません。

大量に使用したからといって感じられる効果が増えていくわけではないからです。

CBDを摂取する時は、アルコールを同時に摂取するときでも自分に適した量にしておきましょう。

肝機能への影響

アルコールは肝機能へ多大な影響を与えることで有名です。

それに加えてCBDを過剰に摂取してしまうと、肝機能への負担が大きくなり過ぎてしまいます。

アルコールで気分が良くなり普段よりも過剰にCBDを摂取してしまう可能性を考慮すると、デメリットと呼べるでしょう。

しかし基本的にCBDは安全な成分です。常識的な範囲の中で使用していれば、特に不安を覚えるようなこともありません。

眠気が強くなる

CBDをアルコールと同時に摂取すると、普段よりも眠気を強く感じるかもしれません。

CBDにはリラックス効果があり、睡眠への導入を助ける効果があります。

そのためアルコールを飲んで、眠くなるような方はCBDも同時に摂取してしまうといつもより強い眠気を感じることがあるかもしれません。

ただこのようにCBDとアルコールを同時に摂取したことで得られる入眠効果が癖になる方もいるのもまた事実です。

普段よりも快適に眠りにつけるように安全に使用することができるのならば、CBDとアルコールを同時に摂取して、快適な眠りにつくのも良いでしょう。

結局CBDとアルコールを一緒に摂っていいのか?

CBDとアルコールを一緒に摂ったことによってネガティブな影響を受ける、といった報告はされていません。

その点を考慮するとCBDとアルコールは同時に摂取しても問題ないように見えます。

ただ覚えておくべきことは、CBDとアルコールを一緒に摂ることによって起きる影響はまだ十分に研究が進んでいないと言うことです。

CBDとアルコールをマウスに与えて研究をするなどということは行なわれていますが、人間の場合の臨床研究はそこまで詳しくされていません。

そのため思いがけない副作用が出たとしても、全て自己責任となってしまいます。

それでもCBDとアルコールを一緒に提供するCBD Barや専門のお店があるので、そこで自分に適した使用の仕方かを吟味しつつ使用すると安心感も違ってくると思います。

何度も言いますが、CBDは個人差が激しい成分です。

それを個人によって影響の違うアルコールと一緒に摂取するわけですから、まとめて断じることはできません。

CBDをアルコールと同時に摂取したい方はくれぐれも注意しながら使用してみてください。

CBDとアルコールを同時に楽しむなら

CBDをアルコールと一緒に楽しむベストな方法は、CBD入りのカクテルを提供しているバーなどに行くことですが、日本ではまだまだそのような店は身近にありません。

そこで、ここでは手軽にCBDとアルコールを同時に楽しめ、なお両方の効果を安全に得られる方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

CBDオイルをお酒にドロップする

CBDオイルは基本的にどんなドリンクに入れても、上手く馴染んで味に違和感を覚えることはなかなかありません。

また、CBDと炭酸はCBDソーダなどのドリンクが商品化されて人気を集めているほど相性が良いので、炭酸系のカクテルにCBDをドロップすることがおすすめです。

また、CBDオイルにはフレーバーがある製品もあり、その多くはオレンジやレモンなどの柑橘系やミントなどの薬草系です。

モヒートやベルモットなどと合わせれば、CBDの香りやフレーバーを生かしたオリジナルカクテルができます。

麻の臭みがなく、カクテル作りに最もおすすすめなCBDオイルはこちら↓

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBDリキッドでたばこ代わりに

アルコールとタバコを一緒に楽しむ方は多いですよね。

CBD製品の中には、CBD入りの液体を熱したりミスト化したりしてベープや電子タバコで摂取できる「CBDリキッド」というものがあります。

CBDリキッドはアルコールとタバコを同時に摂取する方がよく感じる「なんか口が寂しい」という感覚を代わりに補ってくれますし、なによりニコチンが入っていないので、自分にも周りにも一切悪影響を与えません。

さらに、CBDリキッドは「蒸気摂取」という肺の毛細血管から直接CBDを取り込む摂取方法をとるので、CBDオイルの約1.5~4倍も効率よく吸収することが可能です。

そんなCBDリキッド全70種以上の中から厳選したBESTな製品はこちら↓

CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格 4,400円
  • 濃度 30%
  • 容量 1ml
  • CBD含有量 300mg
  • CBD1mgの値段 14.6円

CHILLAXYはCHIL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)の両方をこのストレス社会で提供することを目的としたブランドです。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時に使うのにうってつけです。

フレーバーには、

  • ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)
  • チェリーパイ(チェリーパイのような香り)
  • ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)
  • ミントクッキー(チョコミントクッキーのような香り)
  • ストロベリーコフ(ストロベリーとスパイス香り)

などの他にも全12種類あり、自分の好みのフレーバーを選ぶことができるでしょう。

確かな濃度の豊富なフレーバーを試してみたい方におすすめのCBDリキッドです。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が比較的少なめ

<CHILLAXY 510規格CBDリキッドの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

全70種を超えるCBDリキッドから厳選した最強におすすめのリキッドBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/27/cbd-liquid-best10/ target=blank]

CBDアルコール まとめ

今回はCBDとアルコールの関係性について詳しく説明してきました。

CBDとアルコールの関係性は、非常に良い点もありますがまだまだ確証を得ていない部分があります。

ただCBDとアルコールを同時に使用しても、悪影響などは出ていないようなので、CBDとアルコールを同時に使用してみたい方は慎重に行なうようにしましょう。

両者の良い点を上手く得られるように、少しずつ試してみるのもいいでしょう。より満足度の高い生活を送れるように、CBDを取り入れてみてください。

こちらもおすすめ