結局CBDグミは違法なの?逮捕事例や日本での法規制を徹底解説!

CBD製品の中でも人気の高いCBDエディブル。その中でも最も人気のあるCBDグミは、CBD初心者の方でも楽しく始めることができます。

しかし初心者でも簡単に使用することができるからこそ明確にしておきたい点があります。

それはCBDグミの違法性です。

CBDグミに含まれるCBDは麻から抽出されているため、

「CBDグミは本当に違法性じゃないの?」
「安全なCBDグミとは?」

などの疑問を覚えてしまう方もいるでしょう。

そこで今回はCBDグミの違法性について、CBDの詳細やCBDの法規制を交えながら詳しく説明していきたいと思います。

CBDグミは違法なのか

結論から言ってしまうと、CBDグミは基本的に違法ではありません。

CBDグミに含まれるCBDは、マリファナなどの原料にもなっている麻から抽出される成分ですが、日本にはCBDを規制している法律はありません。

そのため基本的にCBDグミは合法と言えるのですが、稀にCBDグミでも違法な製品があります。

それは日本で違法とされている成分が配合されている場合です。

もちろん違法なCBDグミを所持していれば警察に捕まってしまいます。

また法律で規制されているには理由があり、使用してしまうと身体に悪影響を及ぼす危険性があるので注意してください。

基本的にCBDグミに違法性がないからと盲目的に信用してしまうと、違法なCBDグミを購入する可能性があるので、しっかりと自分で判断できるようにしておきましょう。

そもそもCBDグミとは?

CBDグミの違法性について理解を深めるためには、CBDグミの概要や含まれる成分について知っておく必要があります。

ここではCBDグミの概要や効果などから詳しく解説していきたいと思います。

CBDグミとは

CBDグミとは、CBD製品の中でもCBDエディブルと呼ばれるタイプの製品です。

エディブルとは「食べられる」という意味で、CBDエディブルの場合は製品を食べてCBDを摂取することができるということです。

CBDグミはCBDエディブルの中でも高い人気を持っており、幅広い種類のCBDグミが用意されているため、選択の自由度が非常に高くなっています。

CBDグミは、誰でも気軽にCBDを摂取することができるように作られたCBD製品です。

普段グミを食べるように気軽にCBDグミも食べることができるので、CBD製品のもつ独特な風味なども感じることなく始めることができます。

美味しく楽しく気軽にCBDを始めてみたい方にピッタリのCBD製品と言えるでしょう。

CBDグミの効果

CBDグミの効果には、リラックス効果があります。

このストレスに満ちた社会において、リラックス出来る時間というのは非常に貴重です。

CBDグミはグミを食べるだけで簡単にリラックス効果を得ることができるので、普段の生活の中でも十分リラックスする時間を作ることができます。

またこのCBDグミが持つリラックス効果は寝ている間も有効で、睡眠の質を向上させたり、中途覚醒などの睡眠障害を改善したり、睡眠に関しても多くの効果を期待できるでしょう。

大事な仕事前に落ち着きたい時や休憩時間を有意義に過ごしたい方、普段の睡眠に満足できていない方は是非試してみてください。

CBDグミの使用方法

「CBDオイルは舌の下に垂らす」「CBDリキッドは加熱した蒸気を吸う」などCBD製品は使用方法にも特徴があります。

CBDグミの使用方法は先程も少し説明したように、食べて使用する方法です。

CBDグミの場合、CBDを摂取している感じがなく普通にお菓子を食べている感覚に近いので、使用方法と言った堅苦しい捉え方でなくてもいいかもしれません。

CBDグミは食べてCBDを摂取しているわけですが、「食べる」以上どうしても消化器官を通る必要があります。ただCBDは消化器官からではあまり吸収率が良くありません。

そのため効果をあまり実感できない方もいると思います。

もちろん普通に食べるだけでも十分な効果を得ることができる方もいますが、CBDにはどうしても個人差が生じてしまいます。

あまり効果を感じられなかった場合は、舌の下でCBDグミを舐めるようにしてみてください。

この方法であれば舌の裏にある血管からCBDを摂取することができるので、効果を感じにくい方でも比較的効率的に感じることができるでしょう。

どんなCBDグミが違法?注意すべき2つの法律

CBDグミの成分であるCBDは麻から抽出されているのですが、麻には「THC」という日本で規制されている成分も含まれています。

CBDグミの違法性にはこの「THC」が深く関係しており、CBDグミの違法性において注意しておくべき法律には「大麻取締法」と「麻薬及び向精神薬取締法」の2つがあります。

簡単に説明しますと、「大麻に該当するものを規制しているのが大麻取締法」「違法な成分を規制しているのが麻薬及び向精神薬取締法」です。

大麻取締法は、大麻に該当するものを規制しているので、具体的な成分に関して規制しているわけではありません。

例えば大麻取締法第一章第一条では、

「この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。」

と書かれています。

これは大麻に該当している麻の部位を規制しているものであり、大麻に含まれる違法成分そのものを規制しているわけではありません。しかし違法成分であるTHCを抽出することができる部位を規制しているので実は密接な関係があります。

日本において所持や加工ができる部位は成熟した茎や種子と決められているおり、それ以外のTHCを含む部位ではCBDを抽出することができません。

日本で抽出されているCBDを使用しているCBD製品ならば、大麻取締法に違反しない部位を使用しているか注意する必要があります。

もう1つの麻薬及び向精神薬取締法は、含まれる成分を直接規制しています。

これは天然なTHCを規制しているわけではありませんが、合成THCを直接規制している法律です。

違法成分である合成THCは麻から直接抽出したものではなく、化学的に合成されたものであり、非常に悪質なものが多くあるため規制されています。

大麻取締法は直接規制しているわけではありませんが、天然THCを間接的に規制し、麻薬及び向精神薬取締法は合成THCを禁止しているため、まとめて考慮すれば、THC全般を規制していると考えることができるでしょう。

CBDグミには基本的に違法性はありませんが、THCが配合されていればこれらの法律の規制対象となり違法とされてしまうので、注意が必要です。

CBDグミで違法にならない安全な製品とは?

CBDグミは基本的に安全ですが、粗悪で危険なCBDグミが混ざっている可能性も否定できません。

CBDグミに1mgでもTHCが配合されていれば、日本では違法になってしまいます。

そのため安全なCBDグミとしての条件に「THCが少しも配合されていない」ということは欠かせません。

またオーガニック原料を使用しているかどうかも重要です。

オーガニック原料を使用しているCBDグミであれば、非常に天然で危険性の低いCBDグミになります。

身体に有害な物質を含んでいる可能性も非常に低くなるので、健康被害を出さないためにもオーガニック原料を使用しているCBDグミを使用することも良いでしょう。

CBDグミの違法・合法は判断が難しい

CBDグミの違法性については詳しく説明してきましたが、個人で正確に違法性を判断するのは難しくなっています。

CBDグミを販売しているのは、日本だけではありません。

主にアメリカやヨーロッパで人気があったため、日本と違う法律で製造されているCBDグミが多くあります。

仮にTHCを合法としている国ならば、CBDグミにTHCが配合されている可能性もあります。

それを日本でも所持してしまうと違法になるため製造された国の法律まで注意を払う必要があります。

また、CBDグミはフルスペクトラムタイプ・ブロードスペクトラムタイプ・アイソレートタイプと麻から抽出された成分をどれだけ含んでいるかで分けられています。

特にフルスペクトラムタイプは麻から抽出される成分の全てを含んでいるので、法律で規制されていない国では当然THCも含まれています。

一方、日本では成熟した茎と種子から抽出されている成分を全て含んだフルスペクトラムタイプがありますが、そもそもそこからTHCを採ることがほぼできないので、日本製のフルスペクトラムタイプは使用することができます。

このように海外で作られたものと日本でつくられたものでは、CBDグミのタイプでも違法性が変わってきてしまいます。

どうしてもCBDグミの違法性を個人で判断するのは難しいので、信頼できる国内ブランドや品質証明がしっかりしている会社から購入するようにしましょう。

過去にCBDの違法製品で逮捕事例が出たことも……

CBD逮捕

個人でCBD製品の違法性を判断してしまい、実際に逮捕されてしまった事例も見ることができます。

例えば、THCが合法な国でTHC入りのCBD製品を購入してしまい、日本で検査に引っ掛かって逮捕されてしまったなんてこともあります。

また海外に行かなくてもネットでTHC入りのCBD製品を個人で輸入してしまい、THCが検出され勾留された事例もあります。

法律で禁止されている以上、購入して「知らなかった」では済みません。

しっかりと安全性が確保されているCBDグミを選ぶためにも、次に紹介する方法を覚えて、購入する際に確認できるようにしましょう。

CBDグミの違法製品を選ばない3つの方法

安全性が保証されているCBDグミを選ぶには、いくつかの判断材料があります。これから紹介するものは、日本の法律に則っていることを証明してくれるものです。

安全にCBDグミを楽しむためにもしっかりと覚えておきましょう。

THCフリー表記があるかチェックする

何度も言っていますが、THCが含まれているCBDグミを購入し、所持していれば違法です。

そのため確実にTHCが含まれていないものを選ぶ必要があります。

そこで有用なのがこの「THCフリー表記」です。

これはTHCが完全に配合されていないことを証明してくれるものなので、このTHCフリーと表記されているCBDグミであれば安心して使用することができます。

THCの有無に不安を覚えた方は是非参考にしてください。

第三者機関による品質証明を受けているか確認する

CBDグミを販売している会社やメーカーだけでは信頼性が足りないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

自社のCBDグミであれば、見逃してしまう場合もあるかもしれません。

第三者機関による品質証明とはCBD製品を作っている会社やメーカーではない、第三者機関が行なうテストによって、品質も安全性も保証されていることを示す証明です。

非常に厳正な検査を課しており、日本の法律に則って行なっているので、この証明があればそのCBDグミは極めて安全で高品質と言えるでしょう。

国産企業のCBDグミを選ぶ

国産のCBDグミは基本的に安全性が高いです。

日本でCBDを抽出する場合、そもそも違法の部位を使用することができないので、完成したCBDグミに違法性はないと言えるでしょう。

海外のCBDグミを購入するのに抵抗がある方は、国産のCBDグミを購入することをおすすめします。

確実に違法ではない安全なCBDグミとは?

RECLIA CBD140mg

  • 価格 980円
  • 容量 28g(7粒)
  • CBD含有量 140mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 20mg
  • CBD1mgの値段 7円

CBDを初めて使用する方におすすめするのがこのRECLIAのCBDグミです。

RECLIA CBDグミが優れているポイントに、「業界最安価」「安全性が非常に高い」「パッケージがおしゃれ」を挙げることができます。

CBDグミを買う時、気になるのは「価格」でしょう。

CBD製品は高価なものが多く、価格が原因でためらってしまう方がいるのが現状です。

しかしCBD初心者フレンドリーをコンセプトに作られているこのCBDグミは、1粒当たりの価格が98円と非常に安価な上、CBDが20mgも配合されており、コスパが良く誰でも気軽に始めることができるでしょう。

さらにこのRECLIA CBDグミの安全性は非常に高いものと言えるでしょう。

米国の第三者機関のテスト、監視によって違法性のある「THC」を徹底的に排除しているため、違法性はなく安心して使用することができるでしょう。

またパッケージがおしゃれなのも大切なポイントの1つです。

CBDグミの特徴に気軽さをあげることができます。RECLIA CBDグミのようにおしゃれなパッケージであれば、どこでも周りの視線を気にすることなくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:コスパが良い・安全性が高い・パッケージがおしゃれ
デメリット:少しCBDの含有量が低い

<RECLIA CBDグミの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

50種以上の中から厳選した「美味しい」「安い」「よく効く」が揃ったおすすめのCBDグミBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/25/cbd-gummies-best10/ target=blank]

CBDグミ違法 まとめ

CBDグミを楽しむためには、安全であることが大事です。

今回の記事では、CBDグミの違法性についてCBDグミの概要や効果、日本の法律、判断基準など複数のポイントから安心していただけるように解説しました。

CBDはさまざまな効果を持った、非常に安全な成分です。

そんな成分を配合しているCBDグミは、きっと私たちの生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。

こちらもおすすめ