【要注意!】CBDに依存性はあるの?CBDの副作用やリスクや禁断症状について解説します!

昨今CBDという成分に、私たちが日々の生活を健康に過ごすため、多くの注目が集まっているのは知っていると思います。

しかしCBDについて検索を掛けてみると、いくつかのネガティブな検索キーワードが出てきます。

今回はその中の、CBDの依存性について

「CBDに依存性はあるの?」
「やめたらどうなる?禁断症状は?」

などの疑問を解消していきながら、ネガティブな印象を払拭していきたいと思います。

CBDに依存性はあるのか?

結論からに言ってしまうと、CBDに依存性はありません。

CBDは日本の法律でも禁止されていない、非常に安全で合法な成分です。そのため依存性のように私たちの生活に悪い影響を与えてしまうような効果は持っていません。

しかし火のない所に煙は立たないように、CBDと調べた時に依存性というキーワードが出てしまうのには大きく分けて2つの理由があります。

それはCBDがマリファナの原料にもなる麻から抽出されていること。もう1つはCBDの依存緩和効果を上げることができます。

これら2つが原因でCBDと調べた時、同時に依存性という単語が出てきてしまいます。

しかし先程も言ったようにCBDには依存性が全くありません。これはCBDを安心して使用する上で、非常に重要な点なのでしっかりと覚えておいてください。

CBDと依存性があるTHCとの違い

同じ麻が原料であるマリファナ。マリファナの持つハイになる精神活性作用や酩酊作用、そして依存性は全て「THC(テトラヒドロカンナビノール)」という成分が原因です。

このTHCはCBDと同じ植物性カンナビノイドの1種ですが、CBDとは違い法律で所持や加工が禁止されています。

THCの精神に作用する効果は非常に危険な上、そこに依存性も加わってしまうと継続的な使用を強制させられ、脳や身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

一方でCBDはTHCの持つ危険な効果は全くもっておらず、それどころか精神に作用しないCBDには、肌やストレスの緩和・睡眠の質の向上など健康を維持するために役に立つ効果が多く備わっているので、誰でも気軽に始めることができるのです。

依存性を持たない合法なCBD、依存性を持つ違法なTHC。

CBDとTHCには依存性の有無だけではなく、法律の面から考えても大きな違いがあるので、覚えておきましょう。

【要注意!】CBD製品に依存性があれば違法の可能性がある

これまでの説明で、CBDには依存性がないことはよく分かっていただけたと思います。

しかしCBDを用いたCBD製品の中には、稀に粗悪なものが交じっているため、CBD製品で依存性を感じる可能性もゼロではありません。

CBD製品なのに依存性を感じたということは、使用したCBD製品の中にTHCが混入している可能性があります。

THCの所持は法律で禁止されており、THCがほんの僅か1mgでも入っていれば、日本では逮捕されてしまいます。

依存性を感じるCBD製品を使用していると、脳や身体に悪影響を及ぼすだけではなく、逮捕されてしまうので、CBD製品の見極めはしっかりとやる必要があるでしょう。

CBDに禁断症状はある?やめても安全なのか

マリファナなどの違法ドラッグは使用をやめると、禁断症状が現われます。

禁断症状には、短気・抑うつ・攻撃的傾向・不安・食欲不振・体重減少・悪寒・睡眠の異常などがあり、基本的に10日以内に治まるようですが、28日経過しても残る場合もあるようです。

これらは時間によって解決を図ることができるようですが、マリファナ常習者にとって耐えられるものではありません。

そのためまたマリファナを始めてしまい、やめようと思っても直ぐにやめることができないのです。

しかしCBDは違います。

CBDは言うならば、健康サプリ。

普段飲んでいる健康サプリの使用をやめたところで、禁断症状が出ることはありません。

CBDには依存性もないので、自分にはあんまり適していないと感じた場合は直ぐにやめることができます。

マリファナなどの違法ドラッグを使用する人が増えていることから、使用を始めることは難しくないのかもしれません。

しかし辞めるとなると話は別です。

違法ドラッグの依存性や禁断症状が原因で、気楽に始めても辞めることはできないでしょう。

その点CBDは、健康効果を目的に気軽に始めることも辞めることも可能です。

CBDは普段の生活をより豊かにするものであり、使用をやめたからといって悪い影響を与えるものではないので、安心してください。

CBDはむしろ他の依存物質を緩和する

最初にあげたCBDと調べた時に依存性と出る理由の2つ目は、CBDの依存緩和効果です。

CBDの持つ効果は、リラックス効果・抗酸化作用・抗菌作用・抗炎症作用・抗がん作用・鎮痛作用・抗不安作用など非常に多くありますが、依存緩和効果もあります。

CBDは依存性を持たないばかりか、中毒や依存を解消する働きを持っています。

ある研究によると、大麻の禁断症状を抱えている少女にCBDを10日間投与すると、禁断症状の緩和が見られたという成果が出ています。

さらにCBDの依存緩和は薬物にだけ効果があるわけではありません。

タバコやアルコールへの依存も緩和することができます。

タバコ使用を抑えるために、CBDの摂取を続けると実に40%もタバコの消費を削減できた研究もあります。

またラットを用いてアルコール依存症への効果を確認したところ、アルコール依存性の再発防止に効果があり、アルコールを摂取する量も減らすことができるという報告もあります。

このようにCBDには依存性そのものがあるわけではなく、依存性を緩和する効果があるのです。

そのためCBDと調べてでるキーワードは必ずしもネガティブなものではありません。

CBDには依存性はないが副作用はある

ここまでの説明でCBDには依存性が皆無であるということは分かっていただけたと思います。

しかしCBDに依存性はないとはいえ、全てが安全というわけではありません。

CBDにも副作用といえるものがあるからです。

CBDの副作用には主に、下痢や強い眠気・食欲の乱れ・イライラなどがあります。

CBDの効果と同様に体調や体質などによって症状の程度には個人差がありますが、比較的軽度な場合が多いようです。

CBDの持つ副作用は、一般的に販売されている頭痛薬などの市販薬よりも危険性は薄いので、副作用にばかり目を向ける必要もないでしょう。

CBDを使用する上で、最も大事なことは自分に適した使用方法を見つけることです。

CBDを摂取する量が少なければ、あまり効果を得られなくなりますし、CBDを大量に摂取してしまえば、予期せぬ副作用がでる可能性もあります。

CBDを使用するときは、副作用にも注意を払いつつ十分な効果を得られるように見極めていく必要があります。

健康を維持するためのものが健康を害してしまわないように、まずは少量、且つ低濃度のCBD製品から始め、徐々に上げていくことをおすすめします。

依存性皆無の安全で高品質なCBDなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBD依存性 まとめ

今回はCBDの依存性について詳しく解説してきました。

CBDには他の違法ドラッグのような依存性や禁断症状はなく、それらの緩和をする効果があります。

このような点からもCBDの人気に火が付いた理由がわかると思います。

CBDは日本の法律でも規制されていない、安全で合法な成分です。

誰でも気軽に使用することができ、普段の健康を維持するために効果があるので是非試してみてください。

こちらもおすすめ