CBDとは?日本で本当に捕まらないの?効果や日本で人気の理由も解説!

アメリカやヨーロッパで以前から大きな支持を集めていたCBDですが、今日本でも注目でも集めています。

聞き慣れない「CBD」という言葉に、少し不安を感じてしまう方もいらっしゃると思うので、今回は

「日本でのCBDの扱いは?」
「CBDってどんなの?」

などの疑問を解消するよう、危険性や違法性、CBD製品の種類などを交えて詳しく説明していきたいと思います。

CBDとは?日本での知名度は?

CBDと美容とスキンケア

日本では誰もがCBDを知っているわけではありません。

しかしSNSやテレビなどで取り上げられ始め、徐々に知名度が上がってきているのが現状です。

CBDに興味が向けられるということは、CBDの持つ危険性や効果にも興味が向けられるということ。

CBDについての知識をしっかりと覚えて、まだCBDブームが来る前に一足先にCBDを使用してみましょう。

そもそもCBDとは

そもそもCBDとは一体どのようなものでしょうか。

CBDとは麻から採れる成分の1つである「カンナビジオール」の略称のことで、多くの効果を期待することができます。

例えば、リラックス効果です。

CBDを摂取することで、ストレスは緩和され筋肉の緊張もほぐされます。

気持ちが落ち着きリラックスすることができるので、仕事前や寝る前などに摂取をすると非常に効果的です。

またCBDは睡眠の質も向上させ、睡眠障害で悩んでいる方の助けになることもできます。

CBDの効果はまだまだあります。

CBDは私たちが持っているECS(エンドカンナビノイドシステム)に働きかけ、学習・運動機能・記憶・感情抑制など私たちに必須の機能を正常に維持してくれます。

さらにCBDの持つ効果には医療的有効性も認められており、難病を始めとした多くの症状の改善に有効性を示しています。

CBDは日本で合法なの?捕まらない3つの理由

ここまではCBDの概要や効果、副作用について説明してきました。

しかし麻から抽出されていると聞いて、少し不安を感じた方もいらっしゃるでしょう。

そこで、ここでは何故CBDを使用しても捕まらないのか3つのポイントから見ていきましょう。

身体への悪影響がほとんどないから

麻から採れるCBDという成分に関して、多くの研究がされてきました。

それらの研究はCBDの持つプラスの効果だけを目的としたものではありません。CBDを使用しても身体に悪影響がないかを確認する研究も多くされているのです。

ある研究によると、1日にCBDを1500mg摂取しても身体に悪影響が出なかったことが確認されています。

常識的に使用すれば、まず1500mgも摂取するはずはないので、私たちが普段使用する分にはCBDが悪影響を及ぼすことはないでしょう。

CBDは安全な成分と認められているからこそ、日本での使用も認められているのです。

大麻取締法で規制されていないから

大麻取締法とは大麻に該当するものを規制する法律のことです。

この法律の第一章第一条にはこう書いてあります。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

このように成熟した種子や茎から作られた製品は法律で規制されていません。

大麻に該当しないこれらの部位からは「THC」という違法成分が抽出されないので、使用することができるのです。

違法成分を含まない部位から抽出されたCBDであれば、違法にならないので麻の成熟した種子や茎から抽出されたCBDは合法といえるでしょう。

THCが入っていないから

前の項で触れましたが、CBDと同じ麻から抽出される植物性カンナビノイドの1種「THC」は違法性のある成分です。

マリファナなどが引き起こす悪影響はTHCが原因で、継続して摂取すると命を危険に晒させます。

そのため日本では全面的に禁止になっており、CBD製品に僅かな量でも混入していれば、それを使用することはできません。

THCが入っていないCBD製品であれば、使用することができるので、THCの有無はきっちりと確認しておいてください。

日本で人気のCBD製品4選

日本でもCBDは合法で安全に使用できることは理解していただけたと思います。

最近では魅力的なCBDの持つ効果を引き出したCBD製品が多くなっておりCBD製品を専門につくるメーカーも増えてきています。

そのおかげでCBD製品の種類も増え、誰でも自分に適したCBD製品を見つけることも簡単になってきています。

ここでは日本でも高い根強い人気を持っているメジャーなCBD製品を4つ紹介していきたいと思います。

CBDオイル

CBDオイルは、CBDを語る上で欠かすことができないCBD製品の1つです。

CBDオイルとは麻から抽出されたCBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルと混ぜたもののことです。

使用する時は、CBDオイルを直接口に含む方法が一般的ですが、最も効果的に使用するのなら舌の下に数滴垂らして、しばらくそのままにしておきます。

すると舌の裏にある血管からCBDが吸収されて身体中に回るので、CBDオイルの効果を最大限感じることができるでしょう。

またCBDはコーヒーなどのドリンクや料理にも混ぜてしようすることができるので試してみてもいいでしょう。

ただ温度が高いものに混ぜるとCBDの成分が変わってしまうので、温度の低いものに混ぜて使用してください。

CBDリキッド

CBDリキッドはVapeなどの専用の機器を使用して、加熱気化吸入するCBD製品です。

吸った蒸気を肺の中に数秒間キープしておくだけで、CBDの効果を得られるので、直接オイルなどを口に含みたくない方におすすめです。

さらにCBDリキッドは製品開発が活発に行なわれているので、非常に多くのフレーバーからお好みのものを選ぶこともできるでしょう。

専用の機器を必要とするため少し費用はかさみますが、CBDを楽しみながら摂取したい方は1度使ってみるといいかもしれません。

CBDワックス

高濃度のCBD製品を求めている方には、CBDワックスを強くおすすめします。

CBDワックスは「超臨界二酸化炭素抽出」という特殊な製法を使用しているため、CBD濃度が60~99%と非常に高くなっています。

さらにCBDワックスはブロードスペクトラムタイプの製品が多いため、CBDの力だけではなく他の成分とも力を高め合うアントラージュ効果を期待することもできます。

高濃度でアントラージュ効果も期待できるCBDワックスは、CBD製品の中で最強と言えるかもしれません。

またその使用法はいくつかあり、直接口に含んでも良し、加熱気化吸入しても良し、直接肌に塗っても良しとお好きな方法を選ぶこともできます。

このようにCBDワックスには、他のCBD製品にはない魅力がたくさん詰まっているのです。

CBDグミ

CBDグミはCBD製品の中でも「CBDエディブル」というタイプに分類される製品です。

エディブルとは食べられるという意味を表わしており、もちろんCBDグミも食べることができます。

グミを食べるだけで必要なCBD量を摂取できるため、お手軽にCBDを始めたい・摂取したい方に大変人気です。

またフレーバーもフルーティーなものが多く、お菓子感覚でCBDを始めることもできるので、CBDグミなら誰でも抵抗なく始めることができるでしょう。

日本でCBDを手に入れるなら

CBD製品を購入したい時、一体どこで購入することが可能なのでしょうか。

信頼性の乏しいお店で購入して、粗悪なCBD製品を買ってしまったら最悪命を落とす可能性もあります。

自分が購入しやすい所で購入できるように、これからCBD製品を購入できる場所を紹介していくので、気になった方はチェックしてみてください。

専門店で買う(実店舗)

信頼性も求める方は実店舗タイプのCBD専門店で購入することをおすすめします。

CBDに精通したスタッフさんが初心者の方から上級者の方まで、誰にでも適切で丁寧なアドバイスをしてくれます。

実際の人から購入することができるので、確かな信頼性を得ることができるでしょう。

大手ECサイトで買う

楽天などの大手ECサイトでもCBDは販売されています。

普段も使用しているサイトであるため、抵抗なくCBD製品を購入することができるでしょう。

また多くのメーカーがCBD製品を出品しているので、選択肢も豊富にあるでしょう。

ただ、過去にAmazonでは粗悪なCBD製品が販売されていたためCBD製品が販売禁止になっていた期間もあったので、購入する際に無条件で信用して購入することは避けるべきでしょう。

量販店で買う

CBDは身近にも存在します。

ドンキホーテなど普段使用している量販店にもCBD製品はおいてあるので、1度チェックしておくと良いでしょう。

実際に商品に触れることができるのは大きなメリットになります。

CBDカフェに行く

CBD専門店の中には、CBDカフェのように日常にCBDを取り入れたお店もあります。

CBDカフェはドリンクやフードにお好みのCBDカフェオイルをドロップしたり混ぜたりすることができ、オシャレな雰囲気の中でリラックス効果を得ることができます。

カフェにコーヒーにCBD。

落ち着く要素が満載なので、休憩時間やリラックスしたい時に利用すると今までにはない体験をすることができるでしょう。

CBD専門のECサイトで買う

CBD製品を購入できるECサイトは大手ECサイトだけではありません。

CBD専門のECサイトには、豊富な情報が載せられています。さらにCBD製品も非常に多くのメーカーのものが揃えられているので、自分に合ったお気に入りのCBD製品を見つけることもできるでしょう。

初心者の方でも上級者の方でも満足できるCBD専門のECサイトを気軽に見てみてください。

日本におけるCBDのこれから

CBDは以前からアメリカやヨーロッパで注目を集めていました。

最近では海外セレブの方やアスリートの方がCBDを使用しており、日本でも若者を始めとして多くの方から認知されてきています。

CBDが持つ効果は非常に多彩です。

中には依存抑制効果もあるので、タバコの代わりに吸って同時に禁煙することもできると夜職の方に支持を得ていたり、美容効果を期待した女性の方からも多くの支持を集めています。

CBD業界はまだまだ新しい分野です。

日本でも医療大麻の有効性を確認し、法の改正を求める声も上がっているので、CBDはこれからさらに多くの方の支持を集めていくでしょう。

CBDを日本で始めるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]


CBDとは 日本 まとめ

今回はCBDの人気が急上昇してきている日本での扱いについて詳しく解説してきました。

CBDは開発され尽くしているわけではありません。

これから日本でもさらなる支持を集め、より多くの場所でCBDを見ることができるでしょう。

一足先にCBDを始めて、CBDがもたらす豊かな生活を過ごしていただければ幸いです。

こちらもおすすめ