高品質な休息サプリ「D.D.CBDドリームカプセル」の魅力と圧倒的に信頼されている秘訣とは?【商品開発担当者インタビュー】

世界中から注目され、最近では日本でも爆発的に人気が集まってきている「麻」由来の成分CBD。

そんなCBDを使った製品を、アメリカの医師と日本の睡眠会社が共同開発して生まれたCBDブランド「D.D.CBD ドリームカプセル」を展開する株式会社ムーンムーン。

今回は、株式会社ムーンムーンの商品開発を担当している方に、ブランドに対する想いや製品の強み、今後CBD業界についてお話を伺いました。
(聞き手:CBDのトリセツ編集部、取材日:2021/08/02)

質の高い休息サプリメント「D.D.CBD ドリームカプセル」

CBDのトリセツ編集部:まずは、貴社CBDブランド名とブランドコンセプトについて教えてください。

商品開発担当者様:私たちが手掛けるCBDブランドの名前はD.D.CBD ドリームカプセルで、「眠りのプロとアメリカのトップドクターが日本人のために配合した安心の休息CBDサプリメント」をコンセプトに、安全で高品質なCBDエキスとリラックスした休息を促すハーブを閉じ込めた質の高いCBDサプリメントを提供しています。

CBDのトリセツ編集部:株式会社ムーンムーン様が、一般的なリラックス製品ではなく「CBD」に注目した理由は何ですか?
全く新しい業界に参入しようと思ったきっかけを教えてください。

商品開発担当者様:弊社代表の竹田は8歳のころから20年以上睡眠障害に苦しんだ過去があり、「世界の睡眠の悩みを解決する」、という企業理念を掲げて起業しました。

睡眠をキーワードに常にアンテナを立てて情報を仕入れており、アメリカでブームになっていた麻由来のCBDについて興味を持ったのがきっかけです。

CBDのトリセツ編集部:元はCBDより「睡眠を改善したい」という強い思いからスタートしたブランドだったのですね。

商品開発担当者様:はい。そうした中で詳しく調べていくと、CBDという成分には不眠症に効果があるという論文が多く出されており、CBDの可能性に強く惹かれ、アメリカ出張を重ねて協力工場を探し回りました。

結果、幸運にもドクターが配合する、オーガニック栽培された麻由来の安心で完全に合法なCBDの製造元にたどり着いたのです。

弊社の理念に共鳴し、日本で共にCBDを広めていきたいという熱い想いの下、ドリームカプセルが生まれました。

CBDのトリセツ編集部:貴社ブランドが大切にしていることや、こだわり、他ブランドにはない魅力を教えてください。

商品開発担当者様:まず第一に、信頼される安全なCBDサプリを提供する事を徹底しております。

すべてのCBDは製造前にテストされ、ネバダ州にライセンスを受けた第三者機関による分析証明を受けております。

次に、CBDの含有量と他の配合成分の品質にも自信を持っております。

ドナルドデビッドソン博士は医学的な調査から、成人の健康サプリメントとして取り入れるにあたって、理想的なCBDの分量は50mgであるとしています。

日本ではCBDについての認知度が低いため、正しい摂取量が定義されていないのが現状です。

CBD含有量を少なくして、ハーブの品質を落とし、配合もそれなりにすれば、安くはなります。

CBDのトリセツ編集部:安全性を捨てて安さを求めたCBD製品もあるということですね。

商品開発担当者様:しかし私達が望むものはそこにはありません。

アメリカでは値段が安い製品も多く出回っていますが、含有量と品質で体感が違います。

この安心感と体感が魅力だと思っております。

安全性と信頼を追求したD.D.CBD ドリームカプセルの魅力とは?

CBDのトリセツ編集部:次に、貴社ブランドのイチオシ製品やサービスの魅力について教えてください。

商品開発担当者様:D.D.CBD ドリームカプセルは医師が配合したサプリメントですので、安心してお飲みいただけます。

不眠を始めとする睡眠障害にいち早く警鐘を鳴らし、日本よりもずっと早くから睡眠学の研究が盛んであるサプリメントの本場アメリカで、休息を促すとされるハーブを厳選しブレンドしました。

ドリームカプセルは品質、配合量ともにこだわりを持って、日本人のためだけに開発されました。

CBDのトリセツ編集部:休息を促すハーブにはどのようなものがありますか?

商品開発担当者様:D.D.CBD ドリームカプセルがこだわりをもって厳選したハーブには以下のようなものがあります↓

  • バレリアン:アメリカでも大人気の安らぎハーブの代表格です。
  • パッションフラワー:リラックス成分として気持ちを落ち着かせる自然の栄養成分と呼ばれています。
  • ホップフラワー:日本ではビールで有名ですが、欧米ではバレリアンに並ぶリラックスハーブとして伝統的に愛用されています。
  • リンデン:夏に薄い黄色の花を咲かせるヨーロッパ原産のシナノキ。緊張や何かが気になって休めなかったり深い休息が取れない時に味方になるようなリラックスハーブとして人気です。
  • レモンバーム:シソ科のハーブで、葉っぱの香りがレモンに近い香りがすると言われる植物です。お休み前のハーブティーなどに好まれて使われます。
  • イチョウ:生きた化石ともいわれるイチョウ。そのイチョウ葉エキスは年を重ねても思考力や記憶力を維持したい方に注目の成分ですが、身体のめぐりを良くする健康サポートにも最適とされています。

CBDのトリセツ編集部:どれもリラックスと安らぎに特化した最高品質のハーブを使用しているんですね!

商品開発担当者様:はい。D.D.CBD ドリームカプセルでは他にも「ビタミンD」にこだわりを持っており、 ビタミンDはレバーや干し椎茸、魚介類などに含まれ、丈夫な骨や歯に欠かせません。 日光を浴びることで作られることから太陽のビタミンとも呼ばれています。 ビタミンDはビタミンD2とD3に大別されますが、より活性の高いビタミンD3を配合しています。

CBDのトリセツ編集部:サプリメントタイプのCBD製品を選んだのは、このビタミンDと相性が良かったからでしょうか?

商品開発担当者様:そうですね。CBDの摂取方法は数種類ありますが、私達は睡眠に特化した眠りのプロとして開発する中で、飲みやすさと体感から、他のハーブや健康成分も一度に摂取出来る、カプセルサプリメントを選びました。

どなたでも気軽に安心して健康生活に取り入れることのできる新しいCBDサプリメントとして、是非お試しいただければと思います。

CBDサプリ開発者がみる、今後のCBD業界とは?

CBDのトリセツ編集部:今後のCBD業界はどのように成長していくとお考えでしょうか?

商品開発担当者様:CBDについては、麻由来という点で、他成分とは違う大きな課題を抱えています。

ただ、アメリカも10年前は今の日本と同じ状況でした。

CBDの持つ安全性とその力は徐々に認められ法律も変えるまでに至っています。

日本のCBD業界も同じく乗り越えるべき壁はまだまだ高いですが、法が整備され、大きく成長していくであろうと考えております。

株式会社ムーンムーン様から未来のCBDユーザーに向けて

CBDのトリセツ編集部:現状、CBDの原料が大麻と同じ麻であることから「危険」「違法」などのネガティブなイメージをまだまだ多く持たれていると考えられます。

そんな中、「CBDに興味があるけれど、あと一歩踏み出せない」といった未来のCBDユーザーに向けて、D.D.CBD ドリームカプセルを提供している株式会社ムーンムーン様から最後にひとこといただけますでしょうか?

商品開発担当者様:CBDはその原料によるイメージにより、誤解されやすい成分です。

私も開発当初は眉をひそめました。

しかし、その背景や事実について詳しく知るにつれ、誤解がとけました。

今後必ず当たり前の健康成分として気軽に享受出来る日が来ると思います。

興味を少しでも持たれたなら、是非詳しく調べて見てください。

弊社もここなら安心出来るメーカーと言われるように企業努力をしていく所存です。

CBDのトリセツ編集部:ありがとうございました。
ぜひ、これからも日本のCBD業界を盛り上げていって欲しいと思います!

高品質休息サプリ「D.D.CBD ドリームカプセル」はこちら

株式会社ムーンムーン様インタビュー まとめ

今回は、CBD業界の第一線で活躍されている、D.D.CBD ドリームカプセルを手掛けた株式会社ムーンムーン様にインタビューを行いました。

CBDを安心して楽しめるように、品質チェック・証明を徹底していることから、本当にCBDユーザーのことを考えているブランドなんだなと感じることができました。

また、D.D.CBD ドリームカプセルに使用しているハーブなども、リラックス効果にこだわって厳選したものを使用しており、「眠りのプロとアメリカのトップドクターが日本人のために配合した安心の休息CBDサプリメント」といコンセプト通りの素晴らしい製品と感じました。

CBDのトリセツ編集部でもぜひ、使用させていただきいと思います!

それでは株式会社ムーンムーン様、今回は取材にお答えいただきましてありがとうございました。

こちらもおすすめ