【2021人気沸騰!】CBDペンとは?効果や違法性についても徹底解説!

数あるCBD製品の中でも、今その手軽さから人気を集めているCBDペン。

一言でCBDペンと言われても、よく分からないのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、

「CBDペンって何?」
「CBDリキッドとどこが違うの?」

などのCBDペンと聞いて疑問に思うことを、CBDペンの使い方やコツなどを交えてスッキリ解決していきたいと思います。

今人気沸騰中のCBDペンとは?

最近になって日本でもCBDに注目が集まってきており、多くのメーカーや企業がCBDブランドを立ち上げて製品開発を行なっています。

そういった製品の中でも、気軽に始めることができるという大きなメリットで話題を呼んでいるのがCBDペンです。

CBDペンとは簡単に説明すると、使い捨てのCBDリキッドです。

CBDリキッドを始めるには、専用の機器を揃えるとことから始め、いざ始めてみるまでに色々な手順を踏まなければいけません。

CBDペンはそういった手順を飛ばして、いきなり吸い始めることができるのでちょっと試してみたい方でも気軽に始めることができるのです。

CBDペンのメイン成分「CBD」とは

CBDペンに含まれているCBDとは一体どういったものなのか知っていますか。

CBDとはカンナビジオールと呼ばれる麻から抽出される植物性カンナビノイドの1種です。

麻から抽出されると言っても、マリファナのように違法なものではなく、極めて安全で合法な成分です。

安全で合法なCBDだからこそ、最近はその健康効果に注目されているというわけです。

CBDの持つ健康効果には、ECSを正常に維持する働きとリラックス効果があります。

ECSとは運動機能・学習・記憶・老化などを調節する身体調節機能のことで、私たちが健康に過ごすためには欠かせない機能になっています。

しかしこのストレス社会の中で生活していると、体内の酵素が不足してしまいECSの働きが鈍くなります。

すると普段の生活にも支障をきたす可能性が生まれてしまいます。

そこでCBDが重要になってくるのです。

CBDを摂取すると不足していた酵素を補給することができ、健康な状態を維持することができるのです。

またCBDの持つリラックス効果は、ストレスを緩和するだけではなく、睡眠の質を向上させることもできます。

質の良い睡眠はより健康的な生活を提供してくれるでしょう。

このようにCBDが持つ健康効果は、私たちの生活をより豊かなものにしてくれるので、世界中で支持を集めているのです。

CBDペンとCBDリキッドの違い

先程CBDペンは使い捨てのCBDリキッドと言いましたが、それだけではCBDリキッドとの違いがよく分かりませんよね。

そこでここではCBDペンとCBDリキッドとの違いについていくつかのポイントを踏まえて説明していこうと思います。

専用の機器がいらない

CBDリキッドは使用する方法は、VAPEなどの専用の機器にリキッドを入れて加熱し、発生した蒸気を吸う蒸気摂取が一般的です。

そのため他のCBD製品とは違い専用の機器を使用する必要があり、その分使用するまでの手順が増えてしまいます。

その点、CBDペンは蒸気摂取のCBDリキッドでありながら、専用の機器を使用する必要がなく、余計な手間を掛けることなくCBDを摂取することができます。

手間も時間も掛らない分、CBDペンのハードルは低いと言えるでしょう。

費用を抑えられる

先程も述べたように、CBDリキッドを使用するには専用の機器が必要です。

CBDリキッドだけを購入しても専用の機器がないと使用することができないので、同時に購入する必要があります。そのため、その分の初期費用が膨らんでしまい気軽に試してみるということが難しいでしょう。

なるべく費用を抑えてCBDリキッドを試してみたい方は、CBDペンの方が良いでしょう。

使用方法が簡単

CBDペンは使用するために何かするということはありません。ボタンもなく開封さえすれば、あとは吸うだけなので、非常に簡単です。

CBDリキッドは入れる際も自分で量を調節する必要がありますし、アトマイザーに入れるのも意外と難しいと感じる方もいるでしょう。

余計な時間も使わず使用し、終わったら捨てればいいだけなので、簡単に使用したい方におすすめです。

CBDペンの効果を最大まで感じる正しい使い方

CBDペンとインターネットで検索を掛けてみると、「CBDペン 効果ない」などネガティブな検索結果が出てきます。

CBDペンを使っても効果をあまり感じることができない人は少なからずいるようですが、それは正しい使用方法をとっていないからかもしれません。

CBDペンの正しい使用方法は、口の中に蒸気を入れるだけではなく、しっかりと肺に溜める必要があります。

CBDを効率的に吸収させるには、肺の毛細血管から摂り入れなければなりません。そのため少し吸って直ぐに吐いてしまっては吸収する前にCBDを捨てているので効果も出ないですし、もったいないです。

CBDペンの効果を最大限発揮させるためには、蒸気をゆっくりと吸い込み、肺の中に数十秒溜めてからゆっくりと吐くと良いでしょう。

CBDペンの魅力を引き出せば、ネガティブな印象も直ぐに解消できるでしょう。

CBDペンは安全なの?日本でも合法の理由

CBDペンに配合されているCBDが麻から抽出されているということを聞くと、CBDペンも違法ではないかと考える方もいるようです。

しかし麻から抽出される成分で違法とされているのは「THC」という成分であり、CBDに違法性は全くありません。

大麻取締法でも規制されているのは、麻の成熟した茎や種子以外の部分で、国内で製造されているCBDペンに使用されているのは規制されていない部分です。

そのため基本的にCBDペンは極めて安全な製品であり、日本でも合法とされています。

【要注意!】逮捕されるかもしれない危険なCBDペン

CBD逮捕

先程CBDは基本的に安全なものであると言いましたが、全てが安全なわけではありません。

実際にCBD製品を購入した方の中には、粗悪なものを購入してしまい逮捕されてしまった方もいます。

そんなことにならないためにもこれから挙げる危険なCBDペンを覚えて、安全なものを選べるようにしましょう。

THCが混入しているCBDペン

CBDペンは基本的に違法ではありませんが、中にTHCが配合されているものは別です。

THCはマリファナが持つハイになる精神活性作用や依存性・酩酊作用などをもっている危険な成分です。

そのため日本では大麻取締法と麻薬及び向精神薬取締法によって規制されておりそれを含んだ製品を所持することが許されていません。

ただCBDもTHCも同じ原料から抽出することができるため、CBDペンの中に入っている可能性もあります。

THCが入っていないことをしっかりと証明している所から購入するようにしましょう。

茎や種子以外から抽出されたCBDペン

日本の大麻取締法では、麻の成熟した茎と種子は加工や所持することが許可されています。

そのため日本で製造されているCBDペンは合法な部分から使用しているため、THCも入っておらず安心して使用することができます。

麻の成熟した茎や種子からはTHCがほとんど採れないのでこの部位から抽出されたCBDを使用していると書かれているCBDペンは信用して良いでしょう。

国内メーカー以外のCBDペン

最近になって日本でも人気になってきたCBDですが、まだまだアメリカやヨーロッパなどの人気には負けてしまいます。

そのためインターネットで販売されているCBDペンも海外のメーカーが販売したものが非常に多くなっています。

海外は日本とは法律が違い、THCが合法な国もあるので、購入したCBDペンが違法になる可能性もあります。

海外のCBDペンを購入する場合は、日本の法律にきちんと則っているか、THCフリーの保証があるか、第三者機関による品質証明は受けているか、などの点に注意しながら購入するようにしましょう。

CBDペンをはじめようと思っている方へ

CBDリキッド電子タバコ

CBDペンはCBDリキッドを誰でも気軽に始めることができるように開発されたCBD製品です。

CBDペンのもる手軽差は大きな魅力ですが、CBDリキッドやCBDワックスに比べるとどうしても種類が少なくなってしまいます。

CBDリキッドはフレーバーや濃度に幅があり、CBDワックスは超高濃度のものがあります。

蒸気摂取でCBD製品を使用したい時、CBDペンだけでは足りない所がどうしても出てくるでしょう。

コスパの面からでも正直CBDリキッドやワックスの方がお得です。

豊富な種類を持つCBDリキッドやCBDワックスでは、自分に適したCBD製品を見つけることができるので、CBDペンだけでは満足できない方は是非そちらもお試しください。

当メディア「CBDのトリセツ」が全100種類以上の中から厳選した、高品質で安全かつよく効くCBDリキッドはこちら↓

CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格 4,400円
  • 濃度 30%
  • 容量 1ml
  • CBD含有量 300mg
  • CBD1mgの値段 14.6円

CHILLAXYはCHIL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)の両方をこのストレス社会で提供することを目的としたブランドです。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時に使うのにうってつけです。

フレーバーには、

  • ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)
  • チェリーパイ(チェリーパイのような香り)
  • ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)
  • ミントクッキー(チョコミントクッキーのような香り)
  • ストロベリーコフ(ストロベリーとスパイス香り)

などの他にも全12種類あり、自分の好みのフレーバーを選ぶことができるでしょう。

確かな濃度の豊富なフレーバーを試してみたい方におすすめのCBDリキッドです。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が比較的少なめ

<CHILLAXY 510規格CBDリキッドの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

CBDペン まとめ

今回の記事ではCBDペンについて、概要や正しい使用方法を交えて詳しく解説してきました。

CBDペンはCBDに興味をもっている方が、気軽に始めることができるCBD製品です。

お試し感覚で始めることができるので、この記事を読んで少しCBDについて興味を持った方も是非使ってみてください。

こちらもおすすめ