CBDに危険性はないの?副作用と安全な3つの選び方とは

\これからCBDを始める方におすすめ/

【初回限定80%OFF】hemptouch CBDオイル

最近メディアやSNSで話題になってきている「CBD」

「興味があって使ってみたいけど危険そうだし副作用が恐い…」
「大麻からできているって聞いたけど、本当に捕まらないの?」

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、CBDやCBDオイルをはじめとした各製品の危険性や危険な商品、安全に見分けるポイントまで徹底解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • 結論から言えばCBDは健康面でも法律面でも安全
  • 使い方を間違えると非常に危険
  • CBDの安全な見分け方には3つのポイントがある

CBDに危険性はないのか

SNSなどでCBD製品を目にすることが増えた今、「芸能人やインフルエンサーがどんどん使っているけど、あれ本当に捕まらないの?体に悪影響はないの?」と思いますよね。

結論から言えば、CBDやCBD商品は合法かつ安全ですので安心してください。

原材料に「大麻」が使われているので、一見非常に危ないイメージを持たれがちですが、CBDについて正しく理解することで、その不安はすぐになくなるでしょう。

そもそもCBDとは


CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で大麻の原材料である麻に含まれる成分の1つです。

CBDにはリラックス効果を始め、ストレス緩和や睡眠の質の向上など、さまざまな医療効果が実験よって認められています。

麻と聞くと大麻やマリファナなどの違法ドラッグのイメージを持つ方も多いと思いますが、CBDは、麻に含まれる成分の中でも依存性や精神作用を持たない安全な物質であるため、日本国内でもしっかりと合法です。

合法に見えるけど怪しい、いわゆる「グレーゾーン」ではない為、CBD製品を使用したからといって警察に捕まることありません。

CBDが与える効果

CBDは神経に作用し、ドーパミンなどの神経伝達物質に反応します。

そのため、リラックス効果やストレス緩和、不眠症改善といった効果があります。

他にも

  • 不安軽減
  • 不眠症改善
  • 依存性緩和
  • 痛み緩和

などの良い効果が認められており、CBDの「不安軽減効果」では、強いストレスによるうつ病症状の改善、「依存性緩和効果」では特に禁煙効果が強く認められ、CBDの摂取によってタバコを吸う本数を40%以上減らすことができたというデータもあります。

また、CBDには炎症や神経痛などの様々な痛みを和らげる効果もあり、癌による痛みにCBDが効果的に働くことが2008年の論文で発表されています。

このように、CBDには精神のリラックスや不安の軽減、不眠症改善など医療面での良い効果がたくさんある中、美容面の効果も持ち合わせています。

皮脂の分泌を減らし、炎症を緩和する作用もあるCBDには、ニキビの予防や治療、しつこく残るニキビ跡の治療への効果も期待されています。

CBDといっても種類はいろいろ

CBDが使われている製品には様々な種類があります。

代表的な製品は

  • CBDオイル
  • CBDリキッド
  • CBDクリーム
  • CBDグミ

の4つであり、主な違いはCBDの摂取方法にあります。

この中では、CBDリキッドをベープの煙として肺へ吸い込み、内臓を経ることなく毛細血管からダイレクトに CBD を摂取できる「蒸気摂取」が最もCBDの効果を得られやすく、オイルや他製品と比べて約4倍以上も効率的にCBDを摂取することが可能です。

また、肺への影響も依存性も全くないのでタバコの代替品として好まれています。

CBDの種類についてはこちらの記事で詳しく解説していますのでぜひご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/05/21/cbd-type/ target=blank]

CBDに危険性がない理由

ここまでの内容でCBDがどういった物質なのかは大体お分かりになられたと思います。

以上のことを踏まえ、CBDにはなせ危険性がないのか、なぜ日本国内でも使用が認められているか、その理由を解説します。

危険物質が入っていないから

CBDは大麻由来の成分ではありますが、マリファナの主原料であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)のような高い精神活性作用(いわゆる「ハイ」になる)危険な成分は、全く入っていません。

THCは、常用すると精神や脳に悪影響を及ぼし、記憶障害や問題解決能力が著しく低下してしまいますが、CBDにはこれらの危険な成分が入っていないので安全です。

依存性がないから

CBDに依存性は認められていません。

マリファナの主成分であるTHCやタバコのニコチン、お酒のアルコールに見られる依存作用がCBDには全くありません。

ですから、摂取量をコントロールできなくなったり、摂取を止めた際に起こる精神状態悪化などの禁断症状もないのでCBDを摂取することに危険性はないでしょう。

ちなみに、2017年11月にWHO(世界保健機関)から提出された「CBD事前審査報告書」によると、CBDの毒性は低く、良好・安全なプロフィールを持ち、一般的に良好な忍容性がある違法薬物のような依存性、乱用の可能性はないと、CBDが安全であることの報告がされています。

身体への悪影響がないから

THCは脳や精神に、ニコチンは肺に、アルコールは肝臓などに悪影響を及ぼしますが、CBDが直接体内に悪影響を及ぼすことはありません。

ただ、下痢や眠気、食欲の変化などの軽い副作用が出る可能性があります。

市販されている頭痛薬などの一般的な医薬品と比較しても非常に軽度であるため、身体への悪影響の報告はほとんどありませんが、CBD製品を使ってこのような症状が現れたら、量を減らすなどの対処をしましょう。

やってはいけないCBDの3つの危険な使い方

CBDリキッドベープ

ここまでの中で、CBDやCBD製品は危険性がない安全なものであることは認識していただけたかと思います。

しかし、いくら安全なCBD製品でも、使用方法を誤ってしまうと身体に悪影響を及ぼしたり、思わぬ副作用に悩まされる危険性もあります。

ここでは、絶対にやってはいけないCBD製品の危険な使用方法を3つ解説しますので、CBD製品を既に使用されている方も、これから始めてみようと思っている方も一度ご覧ください。

規定量を超えて摂取する

CBDやCBDオイルやリキッドなどの製品を使用するときに、各製品に決められている摂取規定量超えて使用することは非常に危険です。

一般的にCBDを初めて摂取する場合の1日のCBD規定量は10~20mg程度です。

もし、お使いのCBD製品に一日の規定量の記載がない場合には、製品に含まれるCBD濃度や含有量などから計算して、1日のCBD規定量を超えて摂取しないように注意しましょう。

CBD自体は危険性のない安全な物質であるため、毎日摂取しても問題ありません。

しかし、いくら安全な成分であるCBDでも一度に過剰に摂取してしまえば副作用や身体への悪影響が出てしまう危険性が高まります。

はじめは10~20mgを目安にCBDの効果を感じられるか様子を見てみましょう。

どうしても効果を実感できない場合は、毎日少しずつ増やしていき、効果を実感できたらそれ以上は摂取量を増やさないようにしましょう。

CBDを合法大麻の代わりとして使用しようと考えている方の中にはは、CBDの効果を最大にしようと一度の摂取量を増やしてしまう方も見られますが、CBDは安全かつ合法の成分であるため、いくら摂取量を増やしてもマリファナのように「ハイ」になることはありません。

身体への影響を第一に考えて、規定の摂取量を守ってCBD製品を楽しみましょう。

一度に大量に摂取する

CBDの1日あたりの規定摂取量の目安は概ね10~20mgと決まっていますが、現状、一回あたりの規定量は細かく決まっていないCBD製品が多く見られます。

1日の摂取量は守っても、短時間で急激に摂取すると思わぬ副作用があらわれる危険性があります。

分かりやすく頭痛薬で例えると、「1日2回朝夜1錠ずつ」と指定された薬を、短時間で頭痛を治めようとまとめて2錠飲んだらめまいがしたといった感じです。

アルコールでも同様のことが言えますが、1日の摂取量だけでなく、摂取するタイミングやバランスにも気を付けるようにしましょう。

併用して摂取する

CBD多量に摂取すると、肝機能に悪影響を及ぼすかもしれないというデータがマウスの実験で明らかにされています。

この実験では人間が摂取する際の規定量の数百倍以上投与しているため、適切な量を摂取していれば通常は全く問題ありませんが、医薬品などの薬を日常的に飲まれている方は注意が必要です。

CBDは降圧剤などの肝臓に作用する薬などの医薬品とは薬物相互作用を起こし、薬の影響が過剰になったり、副作用が大きくなる危険性があります。

また、薬だけではなく、CBDと合せて摂取してはいけない食品の1つにグレープフルーツがあります。

グレープフルーツには肝臓の機能を阻害する作用があり、CBDと併用して摂取してしまうと肝機能への作用が強まって体に悪影響を及ぼしてしまう危険性があります。

肝機能への作用という観点から、肝臓に負担をかけるアルコールとの併用いも注意が必要です。

より高度なリラックス効果を得るために、CBD製品とお酒を同時に摂取したくなる気持ちは分かりますが、身体へ悪影響を及ぼす危険性を考慮すると、やはりアルコールとCBDの併用は控えた方がよいでしょう。

こんなCBD製品は危険!

CBDやCBD製品は危険性がなく、日本国内でも使用が認められている安全な物質です。

正しい使用方法を守って楽しめば、CBDによるリラックスやストレス緩和などの良い効果だけを受けられ、副作用に悩まされることもないでしょう。

しかし、市場に出まわっている粗悪なCBD製品の中には、心身に悪影響を及ぼしたり国内での使用が認められていない違法製品もあるかもしれません。

ここでは危険なCBD製品の特徴を詳しく解説していきます。

THCと混同している

悪徳なCBD製品の中には、マリファナの主成分であるTHCを含んでいるものあります。

THCは心身に悪影響を及ぼすことだけではなく、日本国内では使用が認められていない完全違法の物質です。

所持しているだけでも違法ですので、誤って購入してしまわないように注意しましょう。

CBDとTHCを混同して認識してしまっている方が多く見られます。

危険を避けてCBD製品を楽しむためにも、THCの危険性やCBDとの違いをしっかりと認識することが重要です。

CBDとTHCの違いについては下記の記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/03/cbd-thc/ target=blank]

CBD濃度が高すぎる

CBD製品に含まれているCBDの濃度は製品のタイプにもよりますが、CBDオイルであれば1~10%が相場です。
5%を超えるものは一般的に高濃度とされています。

この基準からあまりに離れて高い製品は危険性や副作用があるかもしれませんので注意が必要です。

CBD濃度がいくら高い製品を使用しても、CBDとTHCは物質そのものが違うため、マリファナのように「ハイ」になることはありません。

CBDに見られるリラックス効果やストレス緩和効果は適切な濃度の製品でも十分に得られますので、無理やり高濃度のCBD製品を使用することは控えましょう。

販売会社が怪しい

販売している会社が怪しいCBD製品は危険性が高いです。

取扱商品の販売元や生産元などの記載がない製品は正しい生産工程を踏んでいなかったり、製品テストなどをしていない可能性があります。

そのようなCBD製品はTHCなどの違法物質が混入している危険性がある他、CBDの純度が低かったり、製品に含まれる他の成分が心身に悪影響を及ぼす危険性もあります。

このようなCBD製品は非常に危険であるため、信頼できる販売会社のCBD製品を使用しましょう。

安全なCBDを見分ける3つのポイント

安全で危険性のないCBD製品ですが、市場の中には心身に悪影響を及ぼしたり、所持しているだけで違法な成分を含む粗悪なCBD製品も存在することはお分かりいただけたと思います。

リラックス効果や睡眠の質を高めたい、不安やストレスを緩和したいと思って手に取ったCBD製品が、そんな悪徳製品だったら最悪ですよね。

ここでは、安全なCBD製品を見分ける3つのポイントについて詳しく解説していきます。

「THCフリー」の表示があるか

大麻やマリファナの主成分であり、CBDと同じ麻を原材料とするTCH。

この成分が1mgでも入っているだけでも日本国内では違法です。

またTHCにはひどい依存性や、脳や心身に重大な悪影響を及ぼす危険な成分ですので、なんとしてもTHCが混入しているCBD製品を避けなければいけません。

こういったユーザーの要望に寄り添った優良企業のCBD商品には、100%といっていいほどTHCが含まれていない製品であることを表す、THCフリーやTHC不使用の表記があります。

ですから、THCフリーの表記のないCBD製品は全て危険性が高い粗悪な商品だと認識してください。

もし、あなたが今気になっているCBD製品があるなら、一度成分表示欄や商品説明欄をご覧ください。

THCが入っていないことが確認できなければ非常に危険性が高い商品ですので要注意です。

品質チェックの証明があるか

正規の方法で生産されてCBD製品や優良な販売会社は第三者機関の品質チェック受けて安全な商品であることの証明を得ています。

  • 含有成分が成分表に記載されているか
  • THCが全く含まれていないか
  • CBDの純度や品質は良好か
  • カビや細菌などの有害物質が混入していないか

などの検査を受けて品質を保証されています。

もし、この証明が商品紹介ページや販売会社サイトに記載していなければ、その会社が取り扱っているCBD製品の危険性は高いかもしれません。

口コミの評価が高いか

実際にCBD製品を使ったユーザーからの口コミ評価が高い商品は危険性が少ない安全な商品であるといえるでしょう。

口コミが全てではありませんが、本当に良い商品であれば少なくともクレームや返金処理等の口コミはないはずです。

ただし、口コミの中には「サクラ」がいる可能性もあります。

明らかにおかしい口コミや、根拠のない高評価などは参考にし過ぎないようにしましょう。

一方、TwitterやInstagramなどでも話題になっている、多くのユーザーに認知されているCBD製品は、ほぼ確実に優良製品であるので、効果や味、デザインなどはともかく、「危険性」という観点からは安心してその製品からCBDを摂取することができるでしょう。

実際に店頭やWEBサイトでCBD製品をご購入される際には口コミの評価も合わせてチェックしてみましょう。

CBDを安全に始めるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBD危険性 まとめ

今回はCBDの危険性や副作用、安全なCBD製品を見分けるポイントについて解説しました。

CBDはマリファナの原材料である麻から作られるため、「危ない・違法」などネガティブなイメージを持たれがちですが、依存や副作用などの危険性はほとんどない安全な物質です。

とはいえ、一度に大量に摂取したりすると体調を崩すかもしれませんので、摂取量や使用方法には十分注意してCBD製品を楽しみましょう。

こちらもおすすめ