【2021最新】効果コスパ最高!CBDデバイスおすすめ厳選BEST5

仕事、人付き合い、恋愛、疲労など、普通に生活しているだけでも私たちの心や体はストレスを感じてしまいます。

ストレスを溜め込んでしまうと、心を病んでしまったり病気にかかりやすくなったりします。

そんなストレス社会において「気持ちよく健康的に過ごすことができる」と話題になっているものがあります。

それは「CBD」です。

ここではCBDの効果を最大限感じることができるとされている「CBDデバイス」について詳しく解説していきたいと思います。

もし、

「CBDってどうやって摂取したらいいの?」
「CBDデバイスってなに?」

このような疑問を持っている方がいれば、是非参考にしてみてください。

CBDデバイスとは?

CBDを摂取する方法の中で、最も吸収率が良いとされているのが「蒸気摂取」です。

CBDの摂取方法には、他に「経口摂取」「経皮摂取」がありますが、これらと比べても非常に効果をより一層感じることができるでしょう。

しかし蒸気摂取をするためには、CBDが配合されているリキッドを専用のデバイスで加熱気化する必要があります。

ここではそんな「CBDデバイス」の概要・効果・副作用について説明していきたいと思います。

CBDデバイス概要

CBDデバイスは、何か1つを指すものではありません。

VAPEなどのデバイスを使用してCBDを摂取するタイプのCBD製品です。

今販売されているCBDデバイスの種類は主に4つに分けることができます。

  • CBDリキッド:VAPEのリキッドにCBDが配合されたものをデバイスに入れて吸うCBD製品
  • CBDカートリッジ:CBDリキッドが充填されたカートリッジをデバイスにセットして使用する使い捨てタイプのCBD製品
  • CBDペン:デバイスとCBDリキッドがセットになった使い捨てのCBD製品
  • CBDワックス:専用のアトマイザーかRDAを必要とするワックスタイプのCBD製品

このようにデバイスを使用するタイプのCBD製品にはいくつかの種類があります。

基本的にCBDリキッドをどう吸うかを基軸として考えて見るといいでしょう。

CBDリキッドはVAPEに直接自分で注入する必要がありますが、汎用性は高いです。

CBDカートリッジはCBDリキッドを充填する必要がなく、デバイスにセットすれば簡単に吸えます。

CBDペンは他の機器を買う必要がなく、CBDペンだけ買えば使用できます。

手軽さか汎用性か、どちらが自分に合っているのかを判断してCBDデバイスは購入する必要があります。

CBDデバイスに期待できる効果

CBDデバイスに期待することができる効果には、ストレスを緩和し、リラックスさせる効果があります。

多くのCBD利用者がこの効果を求めて使用しており、気持ちを落ち着けたり、日々のストレスを和らげ、余裕のある生活を送ったりしています。

またCBDの効果は、私たちに備わっている身体調節機能「ECS(エンドカンナビノイドシステム)」を正常に保つ効果を持っています。

この身体調節機能は名前から見ても分かるように、学習や運動機能など多岐に渡る機能を調節しているのです。

これは加齢やストレスによって働きが弱ってしまうのですが、CBDを摂取すれば正常に戻すことも可能になってきます。

健康的な日常を送るためにも、CBDは欠かせない存在になっている人も多数います。

特に最近では健康志向の方に人気があり、嗜好品というよりも健康サプリとしての一面が注目されています。

CBDデバイスを使用した際にでる副作用

CBDデバイスには、良い効果もありますが、反面ネガティブな効果もあります。

CBDデバイスを使用すると生じる可能性がある副作用には、食欲の変化やイライラ・眠気などを挙げることができますが、基本的に軽度なものが多いです。

CBDデバイスの使用方法を工夫してみることで、大きな改善を計ることができるので、もし副作用を感じるのであれば、一度使用方法を見直してみましょう。

CBDデバイスは安全なの?CBDの日本での法規制

CBDデバイスで使用するリキッドやワックスの中に配合されているCBDの原料の麻に関する規制は、日本では非常に厳しくなっています。

海外では大麻の医療的有効性を認められ、医療用大麻としてであれば使用することが認められている国もあります。

しかし日本では、医療用大麻も認められていません。

それほどまでに日本では麻を取り巻く規制は厳しいのです。

そんな日本でも麻に含まれる成分の効果には一目置いています。大麻が危険な原因の「THC」という成分に関しては強い規制を強いていますが、危険性が極めて低く、医療的有効性もある「CBD」は規制していません。

そのため麻の部位でもTHCをほとんど抽出することができない麻の成熟した茎や種子は法律で加工などが許可されています。

日本で生産されているCBD製品は法律で規制されていない部位を加工しているだけなので、購入しても使用しても捕まることはありません。

また海外から正規に輸入しているCBD製品であれば、厚生労働省に品質証明やTHCが含まれていない証明などを提出しているので、違法になることはありません。

このように日本で販売されているCBD製品は、安全性が非常に高いものとなっているため、誰でも安心して使用することができるでしょう。

1分で最良のCBDデバイスを見分ける3つの方法

CBDデバイスは他のCBD製品と比べても効果を感じやすい製品ではありますが、CBDデバイスの中でもとりわけ優良なものはあります。

ここでは優良なCBDデバイスを誰でも簡単に見分けることができる3つのポイントを紹介していきたいと思います。

せっかくCBDデバイスを試してみるのであれば、優良なCBDデバイスを使用して満足のいく効果をゲットしましょう。

1.CBDデバイスの安全性から選ぶ

CBDデバイスは先程も説明したように基本的に違法になるものではありません。

しかしごく僅かに粗悪なCBD製品も過去に販売されていたことがあります。

もし安全性の低い粗悪なCBDデバイスを使用してしまうと身体に悪影響を及ぼし、最悪の場合命の機器に陥る可能性もあります。

そんな危険なCBDデバイスを購入してしまわないように、安全なCBDデバイスを選べるようにしましょう。

安全性の高いCBDデバイスの判断基準は「第三者機関による品質証明」「THCフリー」の2つを挙げることができます。

第三者機関による品質証明とは、製品を開発した会社ではない第三者機関が製品をテストし、安全性や品質を証明したものです。

これは非常に厳しいテストをクリアしないと受けることができないため、非常に安全性が高いものと判断することができます。そのため商品説明に第三者機関による品質証明を受けていると表記されているCBDデバイスであれば、信頼性が高いものであると言えるでしょう。

もう1つのTHCフリーとは、そのままの意味でTHCが全く入っていないことを証明しているものです。

CBDは違法ではありませんが、THCは違法です。

同じ麻から抽出される成分であるため、混入している可能性も考慮する必要があります。

しかしこの表記があれば、THCが全く入っていないので安心して使用することができるでしょう。

2.CBD濃度やCBD含有量に注目して選ぶ

CBDデバイスは、蒸気摂取という方法で使用するためCBD製品の中でも比較的効果を感じやすい傾向にあります。

それでも摂取方法はあくまで補助的な役割であり、効果の本質はCBD濃度や含有量にあります。

CBDは基本的にCBD濃度が高ければ効果を実感しやすくなっています。お酒は度数が高ければ直ぐに酔うようにCBDも同じなのです。

そのため時間のない方や直ぐにでも効果を得たい方、低い濃度のCBD製品では効果が無かった方はCBD濃度が高いものが適していると言えます。

ただ気をつけてほしいポイントは、CBDは個人差によるところも大きいということです。

CBDは使用者の体調や体質によって効き具合も変わってしまうので、CBD濃度が高いのに挑戦する前に軽いもので様子をみることをおすすめします。

CBD含有量については、コスパを重視したい方におすすめとなっています。

CBD製品の中には「大容量!」と謳っているものがありますが、実はCBD含有量が少なく大量に使用しないと効果を得ることができない場合があります。

余計なお金も時間も掛けたくない、という方は是非CBD含有量を見てみてください。

きっと自分にとって優良なCBDデバイスを見つけることができるでしょう。

3.CBDデバイスのスターターキットを選ぶ

CBDデバイスには、CBD VAPEやCBDカートリッジ、CBDワックスなど専用の機器を必要とする製品がほとんどです。

カートリッジは本体と規格が違えば使用することができませんし、ワックスは専用のアトマイザーを使用する必要があります。

間違えて購入することがないように、CBDデバイスを初めて使用する方はスターターキットを選ぶと良いでしょう。

スターターキットでは全てがセットになっているため、間違えることもありませんし、何より届いた瞬間からCBDデバイスを使用することができます。

どれを購入するか悩んでいる方も、スターターキットを選ぶと余計なストレスなくCBDデバイスを使用することができるでしょう。

【注意!】CBDデバイスを選ぶ際に気をつけること

CBDデバイスを選ぶ際に気をつけて欲しいのが、本当に使えるのかどうかです。

CBDデバイスの1つでもある「CBDカートリッジ」はカートリッジとは別に吸うためのデバイスが必要になります。

CBDカートリッジとデバイスを別々に購入する場合は、規格を合わせる必要があり、本当に吸うことができるのか確認する必要があります。

もあしそのまま使用したい方はCBDカートリッジのスターターキットかCBDペンを購入するようにしましょう。

またCBDワックスを使用するときも注意が必要です。

CBDワックスはリキッドを吸うためのVAPEでは使用することができません。

CBDワックスには専用のアトマイザーを持つデバイスを購入するか、RDAを購入する必要があります。

RDAとはコイルの部分を自作するVAPEのことで、リキッドはもちろんワックスにも使用することができます。

ただこれは上級者向けのデバイスなので、あまり詳しくない方はCBDワックス専用のアトマイザー入りのデバイスを購入すると良いでしょう。

高品質でコスパも抜群なおすすめCBDデバイスBEST5

第1位 CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格:4,400円
  • 濃度:30%
  • 容量:1ml
  • CBD含有量:300mg
  • CBD1mgの値段:14.6円


CHILLAXYはCHIL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)の両方をCBDを介して、このストレス社会に提供することを目的としたブランドです。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時にうってつけのCBD製品です。

フレーバーには、

  1. ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)
  2. ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)
  3. チェリーパイ(チェリーパイのような香り)


などの他にも全12種類あり、お好きなフレーバーを選び美味しくCBDを摂取することが可能です。

確かな濃度の豊富なフレーバーを試してみたい方に是非おすすめしたいCBDリキッドとなっています。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が他と比べて少なめ

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★☆
人気度★★★★★
おすすめ度★★★★★

第2位 WEAL CBD Vape Battery

価格
2950円

内容物

CBDリキッド(0.5ml)
※バッテリー(デバイス)は別売です
※5枚目の画像はバッテリー(デバイス)にセットした時のイメージです

使用方法

  1. ケースを開け、半透明のキャップとオイル漏れ防止のゴムキャップを外します。
  2. バッテリーに装着します。
  3. 最初1〜3回程度、ゆっくり吸引頂ければ蒸気が出てきます。
  4. 煙を肺まで深く吸い込んで下さい。そして、5-10秒ほど肺に溜めます。
  5. 使用後は、出来るだけ暗所で保管して下さい。

使用回数

1本あたり約200回〜400回吸引可能(吸引の仕方により個人差があります)

WEALのCBD Vape Batteryは、CBDベイピングに特化したリキッドカートリッジ交換型です。

カートリッジは別途購入する必要がありますが、WEALのCBDバッテリーは、電圧を調節することで、ミストの量を調節することができます。

ボタンを3回押すだけで誰でも簡単に調節することができるので、素早く使いこなすことができるでしょう。

カートリッジ規格は510スレッドなので、これに適したカートリッジを購入するようにしましょう。

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

第3位 Pharma Hemp CBDリキッド スターターセット

  • 価格:9,900円
  • 濃度:5%
  • 容量:10ml
  • CBD含有量:500mg
  • CBD1mgの値段:19.8円

pharma hempのpremium blackシリーズであるこのCBDリキッドは、ヘンプから抽出されるCBD以外の成分も配合されているフルスペクトラムのCBDリキッドです。

CBD以外の成分が配合されていることによって、お互いに効果を高めるアントラージュ効果を期待することができるため、非常に効率よく効果を得ることができるでしょう。

フレーバーには「バニラカスタード」「グリーンアップル」「ライム」など全部で10種類もあり、ヘンプの味が少し苦手という方まで誰でも気軽に楽しめるようになっています。

このスターターキッドはCBDリキッド専用のデバイス「smiss c7」も入っており、それぞれ個別で買うよりも安くなるので、CBDを直ぐにでも始めたい方や興味のある方には大変おすすめとなっています。

メリット:デバイスもセットなので買った瞬間からCBDを楽しめる
デメリット:すでにベープなどをお持ちの方には合わない

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★☆
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

第4位 AZTEC CBDカートリッジ CBD275mg 55%

  • 価格:¥8,800
  • CBD濃度:55%
  • CBD含有量:275mg
  • 容量:0.5ml

AZTECはヨーロッパで人気№1のブランドで、非常に高濃度、且つ高品質なCBDカートリッジを提供しています。

このCBDカートリッジには、麻特有の癖とレモンの香りを楽しめるオージークッシュ&グレープフルーツとグレープの爽やかな香りを楽しめるスキトルズの2種類のフレーバーがあり、非常に高い人気を誇るCBDカートリッジとなっています。

AZTECは農薬を一切使用していないオーガニック栽培で育てられたヘンプを原料としているため、身体に悪影響を与えることもなく安心して使用することができるでしょう。

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★☆☆
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★☆☆


第5位 NATURE FLAVOR CBD FULL SPECTRUM 60 使い捨てポッド

  • 価格:8730円
  • CBD濃度:60%
  • CBD含有量:6000mg
  • 容量:10ml

ボブサップをモデルとして起用していることからも知られている+WEEDが提供するこの商品は、CBD濃度60%と高濃度を誇っています。

使い捨てタイプの商品であるため、カートリッジの交換や充電の必要がありません。

そのため誰でも気軽に使用をすることができるでしょう。

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★☆
人気度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆

CBDデバイスおすすめ まとめ

今回はCBDデバイスについて種類や概要・効果などを詳しく説明してきました。

「蒸気摂取」という方法で使用するCBDデバイスは、他のCBD製品を試してみてあまり効果を得ることができなかった方でもきっと効果を実感することができるでしょう。

今回の記事でご紹介させていただいたCBDデバイスは、数あるCBD製品を体験してきた筆者が「是非試してほしい!」と感じられるほど完成されているCBDデバイスです。

CBD製品を使用することが初めての方でも、いくつかのCBD製品を試してみてもっと強い刺激が欲しいと感じている上級者の方でも、本記事で紹介させていただいたCBDデバイスを使用すれば、満足のいくCBDの効果を実感できるでしょう。

CBDデバイスを使用すれば、このストレス社会でも自分だけのリラックスタイムを作ることができます。

CBDデバイスは毎日の健康を守り、より豊かな生活を提供してくれるでしょう。

こちらもおすすめ