【逮捕事例あり】CBDオイルは捕まる?安全なCBDの見分け方とは

最近SNSやメディアなどでも話題になっているCBD。

中でも、一番手軽にCBDを楽しめるCBDオイルには人気が集まってきています。

興味があって始めてみたい方の中には

「CBDって大麻からできてるって聞いたけど捕まらないの?」
「実際にCBDを使って逮捕されたケースはないの?」

と思われている方も多いでしょう。

そこで今回は、CBDオイルは捕まるのか?その理由や逮捕されない安全なCBDオイルの見分け方まで徹底的に解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDオイルは安全かつ合法
  • とはいえCBDオイルで逮捕されたケースもある
  • 安全なCBDオイルの見分け方には3つのポイントがある

CBDオイルは捕まるのか?

CBDやCBDオイルに興味を持ち始めた方、SNSやメディアなどで来ているCBDブームの波に乗りたい方の中には「CBD=大麻=捕まる」と不安になっている方もいらっしゃるでしょう。

結論から言えば、CBDやCBDオイルは日本国内での使用が認められており、使っても捕まりません。

CBDはバレていないだけで怪しい、いわゆるグレーゾーン的な物質ではなく、完全に合法なものです。

国内の製薬会社も取り扱っている安全な成分ですのでご安心ください。

そもそもCBDとは

CBDオイルを使ってもなぜ捕まらないのか?この理由を解説する前に、まずは前提としてCBDがどういった成分なのか軽く見ていきましょう。

CBDは違法ドラッグのようなネガティブなイメージをも持たれがちですが、健康面でも法律面でも安全であることがお分かりいただけると思います。

CBD概要

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で大麻の原材料である麻の茎や種から抽出される成分の1つです。

CBDにはリラックス効果を始め、ストレス緩和や睡眠の質の向上など、さまざまな医療効果が実験よって認められています。

ここ数年の実験で、CBDには健康との深い関係があると判明し、日本国内ではもちろん、世界中で注目を集めている今一番ホットな成分です。

CBDの効果

CBDは神経に作用し、ドーパミンなどの神経伝達物質に反応します。そのため、不安を鎮めて精神を落ち着かせるリラックス効果やストレス緩和効果があります。

他にも

  • 不眠症改善
  • 依存性緩和
  • 痛み緩和
  • 炎症緩和
  • 心血管機能障害改善
  • 神経精神病改善
  • 皮膚疾患改善

などの良い効果が認められており、CBDの依存性緩和効果では特に禁煙効果が強く認められ、CBDの摂取によってタバコを吸う本数を40%以上減らすことができたというデータもあります。

このように、CBDには精神のリラックスや不安の軽減、不眠症改善など医療面での効果だけでなく、皮膚トラブルを改善させるという美容面の効果も持ち合わせています。

皮脂の分泌を減らし、炎症を緩和する作用もあるCBDには、ニキビの予防や治療、しつこく残るニキビ跡の治療も期待されています。

CBDオイルが捕まらない3つの理由

CBDがどういった成分なのか、CBDの効果については大体分かっていただけたと思います。

ここでは、そんなCBDを配合したCBDオイルをはじめとするCBD製品を使ってもなぜ捕まらないのか?その3つの理由を詳しく解説していきます。

身体に悪影響を及ぼさないから

マリファナなどの違法ドラッグは脳や精神に、タバコに含まれるニコチンは肺に、お酒に含まれるアルコールは肝臓などに悪影響を及ぼしますが、CBDが直接体内に悪影響を及ぼすことはありません。

使用者や摂取量によっては下痢や眠気、食欲の変化などの軽い副作用が出る可能性もありますが、頭痛薬などの一般的な医薬品と比較しても非常に軽度なため、身体への悪影響はほとんどないとされています。

もし、CBD製品を使ってこのような症状が現れたら、量を減らすなどの工夫をして対処をしましょう。

依存性がないから

CBDにはマリファナなどの違法ドラッグや、ニコチン、アルコールにみられる依存性が全くありません。

どれだけ高濃度の製品をどれだけ使ってもCBD依存症になることはないと医学的に証明されています。

依存性がないということは、摂取量を自分でコントロールできなくなる危険性がないため、CBDは安全な成分であるといえるでしょう。

また、CBDには致死量というものもありません。

例えば、お酒に含まれるアルコールは、一定量を超えて摂取してしまうと急性アルコール中毒などにより、命を落とす危険性があります。

CBDにはこの致死量がないため、理論上ではどれだけ摂取しても問題ありません。

ただ、一度に大量に摂取したり、他の薬などと併用すると思わぬ副作用が出る危険性もありますので、致死量がないからと油断することのないように注意が必要です。

法律で認められているから

CBDオイルやCBD製品を使っても警察に捕まらない一番の理由は、法律によって日本国内での使用が完全に認められているからです。

CBDの原材料である「麻」に関する法律としては1948(昭和23)年より施行された「大麻取締法」が挙げられるのですが、CBDはこの法律の中で違法とされていません。

ここで一度、大麻取締法の条文を見てみましょう。

<大麻取締法 第一条>
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

ここで注目していただきたいポイントが「ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く)並びに大麻草の種子及びその製品を除く」という点。

冒頭のCBDとはの説明でも少し触れましたが、CBDは成熟した大麻草(麻)の茎と種から抽出される成分です。

従って、大麻取締法において「大麻」とは定義されず、違法性は認められません。

簡単にまとめるとこんな感じです。

麻の部位法律上の区分
違法
違法
合法(CBD)
違法
合法(CBD)

第一条の他にも

<大麻取締法 第三条>
大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。

<大麻取締法 第四条>
何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一 大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く)
二 大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三 大麻から製造された医薬品の施用を受けること。
四 医事若しくは薬事又は自然科学に関する記事を掲載する医薬関係者等(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ)向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、大麻に関する広告を行うこと。

などで大麻の取り扱いは堅く禁じられていますが、ここでの大麻もすべて麻の茎や種以外から精製されたものを指します。

つまり、CBDは大麻取締法によって違法性がないことが認められており、CBDオイルや他のCBD製品を使っても捕まることはありません。

確実に捕まる危険なCBDオイル

国内で出回っているCBDオイルは基本的には安全かつ合法であるため、使用しても警察に捕まることはありません。

ただ、海外産や怪しい販売会社などが取り扱っている粗悪なCBDオイルの中には所持しているだけで一発アウト、確実に逮捕されてしまう製品もあります。

ここでは、違法なCBDオイルの特徴を詳しく解説しますので、CBDオイルの選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

茎・種以外のCBD

CBDはほぼ100%、成熟した麻の茎や種から抽出されていますが、生産元が分からないCBD製品の場合は、大麻取締法に違反する「麻の葉・花・根」などからも抽出されている可能性もあります。

国産のCBDオイルではまずあり得ませんが、念のため、販売会社や生産元などを確認しておくと良いでしょう。

THCが混入している

THCとは麻の葉や花、根から抽出される成分のことであり、大麻やマリファナなどの違法ドラッグ主成分として使用されています。

THCには精神活性作用という、いわゆる「ハイ」になる効果があり、依存性も極めて高く危険な物質です。

脳や精神に甚大な悪影響を与える危険性が強いため、日本国内での使用は認められていません。

つまり、違法物質です。このTHCが少しでも混入しているCBD製品は所持しているだけでも警察に捕まってしまいますのでTHCの混入には十分に注意しましょう。

CBDとTHCの違いについての理解が曖昧だと非常に危険です、是非こちらの記事もチェックしてみてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

他に違法成分が混入している

CBDオイルなどのCBD製品は、ベース(オイルならオリーブオイルやココナッツオイル)にCBDや香料などの様々な成分を配合して作られています。

ベースとCBDのみを配合して作られる「アイソレート」タイプのCBDオイルなら問題ありませんが、ベースとCBDに加えCBCやCBNなどの成分も配合した「フルスペクトラム」タイプのCBDオイルには注意が必要です。

国産のフルスペクトラムCBDオイルは安全なので、まず問題ありませんが、万が一、違法成分が1%でも入っていれば、そのCBDオイルは違法製品となります。

成分表などを見て違法成分が入っていないことを確認しておきましょう。

フルスペクトラムCBD製品とアイソレートCBD製品の違いについては下記の表をご覧ください。

CBDフルスペクトラムとアイソレート違い

CBD製品で逮捕された事例

本来、CBDやCBDオイルは安全かつ合法で、大麻取締法によって日本国内での使用が認められているため、所持していても摂取しても警察に捕まることはありません。

しかし、意外にも日本人がCBDオイル関連で捕まったケースはいくつか存在します。

どうして合法なはずのCBDで逮捕者が出てしまったのでしょうか?

ここではCBDオイルに関する逮捕事例を詳しくみていきましょう。

事例1 THC入りCBDオイルを自作

CBDオイルの所持で警察に捕まったケースとしてまず挙げられるのが、THC入りCBDオイルを自作したアメリカ在住の日本人です。

この事件で逮捕された人物は、自作したCBDオイルの中に、成熟した大麻草(麻)の茎や種からのみ抽出されるCBDに加え、葉や花、根から得られるTHCを一緒に配合していました。

ここまで、この記事をご覧になった皆様なら、もうご存じであるとは思いますが、THCはマリファナなどの違法ドラッグの主成分である極めて危険かつ依存性の高い違法成分です。

この事例となった人物は、アメリカでのCBDや合法大麻ブームの熱にあてられ、CBDだけでは抑えきれず、違法物質も配合してネットショップなどで販売していました。

当然、警察に逮捕される結果となりましたが、アメリカなどの海外ではこのような事例が日常的に起こっているので、THC混入の危険性がある海外製のCBDオイルには注意が必要です。

事例2 帰国時にアメリカ産のCBDオイル所持で逮捕

CBDオイルでの2つめの逮捕事例は、アメリカで購入したCBDオイルを日本帰国時の空港審査に引っかかって逮捕されたというケース。

こちらも事例1と同様に、原因はCBDオイル中に含まれるTHC成分にありました。

アメリカなどの海外では、州や地方によってTHCや大麻の使用が認められている場合があります。

そういった場所で購入したCBDオイルには、より強い効果を得られるようにTHCを始めとした、日本での使用が認められていない成分も含まれていることが多々あります。

このことを知らずにそのまま帰国しようとすると日本の法律(大麻取締法)に違反するため、当然警察に捕まってしまいます。

思わぬ逮捕を避けるためにも、海外旅行先などでCBDオイルを購入する際には、日本に持っていけるかどうかをお店の人に確認しておきましょう。

安全なCBDオイルを見分ける3つのポイント

CBDやCBDオイル自体は安全でかつ合法であるため、使用しても警察に捕まることはありません。

しかし、前項でも解説したように、粗悪なCBDオイルの中には違法物質が混入している可能性もあります。

そういった違法CBDオイルは本人が無意識に使用していても捕まるケースがありますので大変危険です。

ここでは、使用しても捕まらない安全なCBDオイルの見分け方について3つのポイントを解説していきます。

THCフリーの表記

マリファナの主成分であるTHCは完全に違法成分であり、このTHCが1mlでも含まれるCBDオイルは漏れなく警察に捕まる対象となるので絶対に使用してはいけません。

そんなTHCがあなたの気になるCBDオイルに混入していないか、確実に確かめる指標が「THCフリー」の表記です。

THCフリーとは読んで字のごとく、そのCBD製品にTHCが一切入っていないことを表しています。

THCフリーと記載されているCBDオイルは違法性が低く、安心してお使いになられる製品ですので、CBDオイルを選ぶ際には「THCフリー」の表記があるかチェックしてみましょう。

信頼できる販売会社かどうか

警察に捕まらない安全なCBDオイルの見分け方として、販売会社が信頼できるかどうかが重要なポイントになってきます。

安全性のために海外企業ではなく国産企業を選ぶだけでなく、気になったCBDオイルを取り扱い企業が果たして信用できるのかどうかにも注意しましょう。

信用できる安全なCBDオイル販売会社かどうかの判断基準としては、第三者機関の品質証明を受けていることが挙げられます。

優良なメーカーや販売会社は第三者機関に製品の品質チェックを依頼して、自社が取り扱うCBDオイルが安全な商品であることを証明してもらっています。

THCや違法成分が混入していないか、成分表記に偽りはないか、カビや細菌、農薬などの身体に悪影響を及ぼす物質が入っていないかなどを検査によって品質が保証されています。

CBDオイルを販売している会社のwebサイトなどで、第三者機関による品質証明の記載があれば、使用しても警察に捕まらない安全なCBDオイルだと判断できるでしょう。

口コミの評価

警察に捕まらないCBDオイルの見分け方の3つ目のポイントは「口コミによる評価」です。

口コミでは、対象のCBDオイルを実際に使った方からの生の声を確認できます。

CBDオイルによって得られた効果やフレーバーの味や匂いなどの良い意見もある反面、CBD製品の販売会社が隠しておきたい悪い効果(副作用など)もしっかりと確認できます。

なにより、口コミがあるということは、効能やコスパはともかく違法性の低い安全なCBDオイルであることは確実です。

自社製品の評価を上げるために、サクラを使って自作自演する姑息な販売会社もあるかもしれませんので、口コミを100%信用してCBDオイルを選ぶことはオススメできませんが、少なくとも「合法=警察に捕まらないCBDオイル」を選ぶポイントになることは間違いありません。

逆に口コミがゼロのCBDオイル販売会社は、低評価ばかりの会社よりも違法性という面では危険かもしれないので注意が必要です。

CBDオイルを始めるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBDオイル捕まる まとめ

今回は、CBDオイルを使用しても捕まらない理由や、違法性の高い危険なCBDオイルの特徴、安心して使えるCBDオイルの見分け方について解説しました。

CBDオイルを使い始めようとされている方の中には、「CBD=大麻」というネガティブなイメージから、CBDオイルは警察に捕まるのではないかと不安になられていた方も多くいらっしゃったと思います。

今回の記事で詳しく解説したポイントや、CBDオイルを使用してもなぜ捕まらないのかをしっかり理解してCBDのある暮らしを楽しみましょう。

こちらもおすすめ