【現役医師が回答】CBDオイルおすすめの10選を徹底比較!効果や価格などを紹介

アメリカを中心に世界中で注目されてきた「CBD」。

そんなCBDを配合した製品であるCBDオイルが、今、熱烈に話題を集めています。

SNSやメディアで有名人がCBDオイルを使っているのを見ると

「CBDオイルって結局どうなの?他の製品との違いは?」
「本当に信頼できる安全で高品質なCBDオイルを知りたい!」

など疑問に思いますよね。

そこで、この記事ではCBDオイルの効果や副作用、他のCBD製品の違いを解説するとともに、医師がおすすめする安全で高品質なCBDオイルを計200以上の中から10個厳選してご紹介します。

CBDオイルに興味があるけど、何から始めていいか分からない!という方は是非参考にしてみてください。

CBDオイルとは?

数多く存在するCBD製品の中でも、日本で一番人気と言ってよい「CBDオイル」
ここでは、そもそもCBDオイルとはどのような製品なのか、CBDオイルの効果や副作用について簡単に見ていきましょう。

CBDオイルとは

CBDオイルとは、CBDをココナッツオイルやオリーブオイルなどのキャリアオイルに混ぜ合わせることによって摂取しやすくしたCBD製品のことを指します。

CBDオイルには、アイソレートと呼ばれるCBDだけを含んだ製品やフルスペクトラムと呼ばれるCBD以外にも麻から抽出される成分を含んだ製品があり、日本でもメジャーな製品であるが故に、たくさんの種類が販売されています。

CBDオイルは、そのまま直接口に垂らして使ったり、コーヒーなどの飲み物に混ぜたりなど使い方が非常に簡単であるため、CBD初心者の方でも気軽に始めることができます。

ただ、CBDオイルからCBDを摂取するとどうしても消化器官を通ってしまうため、肝臓などで一部の成分が代謝されて効果を感じるのに時間がかかったり、CBDリキッドなど他の製品より効果が落ちてしまう場合もあります。

CBDオイルの効果

CBDオイルに含まれている「CBD」は、元々私たちに備わっている体内システムの1つ、ECS(エンド・カンナビノイド・システム)に働きかけ効果を発揮します。

ECSとは食欲や免疫調整、運動機能、感情抑制、老化など多くの機能を調節する身体調節機能のことで、簡単に言うと、私たちが知らない間に体内環境を整えようと頑張ってくれているシステムのことです。

加齢やストレスによって低下してしまったECSを植物性カンナビノイドであるCBDを摂取することによって補い、健康な体を保つことができるようになります。

また、CBDは神経系の細胞にも作用する為、「ストレスの緩和」や「睡眠の質の向上」「不安低減」などの効果もある他、2018年にWHOによって医療効果が期待できることが認められており、CBDの持つ医療効果には、

  • 自閉症やうつ病、睡眠障害などの精神系疾患
  • ぜんそく、がんなどの身体的疾患
  • アルツハイマー病、てんかん症候群などの神経学的疾患
  • 偏頭痛、肥満、皮膚病などのその他の疾患


などの症状改善が期待されています。

日々の健康目的としても、病気の治療目的としても十分な効果を発揮してくれるCBD。

最近ではニキビなどの肌トラブル改善にも役立つことがわかり、ますます注目が集められています。

CBDの副作用

医療面でも美容面でも良い効果が詰まったCBDですが、体質や摂取量によっては副作用がでる場合もあります。

CBDの副作用には、イライラ感や食欲減退、頭痛などがありますが、その症状は一般的な市販薬よりも軽度であることが多く、使用頻度の見直しや使用量を減らすことによって簡単に改善を図れることがほとんどです。

万が一、症状が改善しない場合は1度かかりつけ医に相談してみるとよいでしょう。

CBDオイルは合法?使用しても捕まらない理由とは

結論から言えば、CBDオイルは日本での使用が認められている完全に合法な製品です。

マリファナと同じ「麻」から抽出された成分であると聞くと「違法」「危険」などのネガティブなイメージを持たれてしまいがちですが、CBDオイルを使用しても警察に捕まることはありませんのでご安心ください。

ここでは、CBDオイルがなぜ違法でないのか、その理由に迫ります。

THC(テトラヒドロカンナビノール)が入っていないから

CBDと同じ原料の麻から抽出される成分の中にTHCというものがあります。

THCには精神活性作用という、いわゆる「ハイ」になる作用の他、酒に酔ったような状態になる酩酊作用、幻覚作用など危険な作用がたくさんあり、日本の法律によって規制されています。

CBDオイルの中にTHC少しでも含まれていれば、それは違法であると判断され使用はもちろん所持しているだけでも逮捕されてしまいます。

しかし、国内で入手可能なCBDオイルであればTHCが含まれていないものがほとんどなので安心してお使いいただけます。

麻の茎や種から抽出されているから

CBDは主に麻の茎や種子から抽出されます。

大麻取締法によって「大麻」に該当するものは、成熟した種子や茎以外の部位(葉・花・根)から抽出されたものです。

つまり、麻の部位でも成熟した種子や茎から抽出される成分に関しては「大麻」に該当することはなく、違法性はないものと判断することができます。

そのため、麻の成熟した種子や茎から抽出された成分を使用したCBDオイルならば、違法となることはありません。

CBDオイルと他のCBD製品との違い

国内人気第1位のCBDオイルは他のCBD製品と何が違うのでしょうか?

ここでは、CBDオイルを国内人気TOP4に入る「CBDリキッド」「CBDワックス」「CBDグミ」と比較して違いを簡単に解説します。

使用方法が違う

CBDオイルの使用方法は、オイルを下の裏に直接垂らすことで口から摂取する「経口摂取」という方法です。

それに比べて、CBDリキッドはベープや電子タバコにセットしてCBD入りの煙を吸う「蒸気摂取」、CBDワックスはそのまま舐めたり熱して蒸気にするほか、CBDを届けたい患部に直接塗って使用することもできます。

CBDグミは食品ですのでそのまま食べてCBDを簡単に摂取できます。

このように、CBD製品にはそれぞれの使い方がある中で、CBDオイルは舌に垂らす以外にも、ドリンクやクリームなどに混ぜて自分だけのCBD製品を作ったり、既存のCBD製品に足すことで、風味を壊すことなくCBDの濃度を上げることもできるというような、幅広い使い方を持っています。

効果時間が違う

CBD製品を使用してから、効果が出るまでの時間や効果が続く時間は、含まれているCBDの量や濃度、使用方法に大きく左右されます。

下の表に、主要CBD4製品の効果時間の違いをまとめましたのでご覧ください。

この表から分かるように、CBDオイルは効果が出るまでの時間・持続する時間の両方が優れており、CBDオイルの人気の秘密がうかがえます。

最高のCBDオイルを選ぶ4つの方法

ここまででCBDオイルについて、その効果や安全性、他のCBD製品と比べた時のメリット・デメリットなどはお分かりになられたかと思います。

では、数多くあるCBDオイルの中から、自分にあった本当に高品質なCBDオイルを選ぶにはどのようなポイントに気を付ければよいでしょうか?

ここでは、最高のCBDオイルを選ぶ方法を4つご紹介します。

濃度や効果の強さから選ぶ

CBDオイルを選ぶ際に、まず確認しておきたいポイントが「CBD濃度」と「CBD含有量」です。

CBD濃度とは、お酒でいうアルコール度数のみたいなもので、その製品に含まれるCBDの割合を指しています。

当然、このCBD濃度が高い製品の方がCBDを効率よく摂取でき、同じ効果を得るために使用する量や時間を抑えることができます。

一方でCBD含有量とは、その製品全体に含まれているCBDの絶対量のことで、その製品をすべて使った時に摂取できるCBDの量を表しています。

ここで注意していただきたいのが、CBD濃度と含有量の違いで、CBDの効果の強さは含有量、摂取の効率についてはCBD濃度に依存しています。

いくら高濃度のCBD製品でも、そもそも含まれているCBDの量が少ないと、効果を強く実感できませんので、CBDの吸収効率より効果の強さを求める方は、濃度より含有量に注目してみてください。

フレーバーの多さから選ぶ

無味無臭の製品が多いCBDオイルですが、中にはオレンジやラベンダー、ミントなどのフレーバーがついている製品もあります。

CBDオイルを初めて使った方や、CBDオイルが苦手な方は、麻特有の臭みや苦みを感じることが多くあります。

フレーバー付きのCBDオイルなら、そのような苦みや臭みを打ち消してくれ、美味しくCBDを摂取できるというメリットがあるので、選ぶ際には是非確認しておきましょう。

コスパの良さから選ぶ

CBDオイルのコスパを計算するには、含有量や濃度などを使った様々な方法がありますが、一番分かりやすい方法として、CBD 1mgあたりいくらなのかを考えてみましょう。

「CBD4000mg!!」と広告などに大きく書いてある製品でも、1mgあたりの価格は他のCBDオイルに比べて高かった、なんてことはザラにあります。

少しでもコスパの良いCBDオイルを見極めるためにはCBD 1mgあたりの価格に注目してみましょう。

安全性から選ぶ

高品質なCBDオイルを見分けるうえで、CBDオイルの安全性について確認することを忘れてはいけません。

どんなに高性能で安いCBDオイルでも、THCが1mgでも含まれていれば違法です。

間違えて買ったCBD製品が原因で警察に捕まってしまうのを避けるためにも、100%THCが入っていないことを表す「THCフリー」の表記があるかどうか必ずチェックしてください。

より安全で高品質なCBDオイルを見分けるには、第三者機関による厳正な検査を通過して品質証明を受けているかどうかや、大麻に関する法律が違う海外製のCBDオイルではなく、生産から販売まで完全に国産のCBDオイルなのかも合わせてチェックしてみてください。

後でご紹介する、“CBDのトリセツ”おすすめのCBDオイルは全て「THCフリー」「第三者機関による品質証明あり」「国産」ですので、安全性についてはご安心ください。

【2021年最新版】圧倒的におすすめのCBDオイル10選!

第1位 hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Goldの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

第2位CHILLAXY(チラクシー)CBDオイル

  • 価格 7,150円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 500mg
  • 容量 30ml
  • CBD1mgの値段 14.3円

CHILL(癒し)とRELAX(リラックス)という意味が込められたCHILLAXYでは欧米の厳選されたヘンプを日本に輸入し、日本国内でCBD製品を製造しているため安心して使用することができるでしょう。

その中でもCBDオイルは、大事な仕事前や寝る前などに気軽にCBDの効果を得ることができると好評です。

CHILLAXYのCBDオイルの種類は

・リラクシングスリープ
・リフレッシングモヒート
・ミンティーフォーカス

の3つがあり、リラックススリープは、CBDの持つリラックス効果を睡眠前はもちろんのこと睡眠中でも発揮し、快適な眠りを提供できるでしょう。フレーバーはオレンジスイートとラベンダーのフレーバーで使う人を選ばず、誰でも使用することができます。

リフレッシングモヒートは、香料にライムとスペアミントの天然エッセンシャルオイルを使用しており、モヒートのようなフレーバーを楽しむことができ、リフレッシュや気分転換したい時におすすめです。

ミンティーフォーカスはペパーミントとレモンのフレーバーで、さわやかな味わいを持ち、勉強や仕事、スポーツなどで集中力を高めたいときに使うのがおすすめです。

3つともCBD含有量は500mgと豊富に含まれているため、1日数滴垂らしていただくだけで、確かな効果を得られるでしょう。

メリット:美味しい・安心安全な国産品・コスパが良い
デメリット:濃度が少し低め

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★☆
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

第3位 +WEED CBDオイル

  • 価格 1万~7万円
  • 濃度10~60%
  • CBD含有量 1000~6000mg
  • 容量 30ml
  • CBD1mgの値段 18.75円

+WEEDのCBDオイルは、CBD濃度10%・20%・30%・40%・50%・60%の中から好みのものを選ぶことができ、初心者の方から上級者の方まで誰でも満足できる製品となっています。

CBDフルスペクトラムを使用しているため、CBD単体では発揮できないアントラージュ効果(他成分との相乗効果)を期待することができます。

フレーバーはネイチャーフレーバーだけで、好みが分かれるところではありますが、癖になる方も多いので麻本来の香りや味を楽しんでみてください。

どのCBD濃度の製品でも、自分に適した量を摂取できるようにまずは少量を舌下に垂らして効果が実感できる量まで少しずつ増やしてください。

メリット:業界最高峰の高濃度CBDオイル
デメリット:高濃度であるためどうしても高価格

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパ★★★☆☆
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

第4位 PharmaHemp PREMIUM BLACK 6.6%(660mg)10ml

  • 価格 9,800円
  • 製法 フルスペクトラム
  • CBD含有量 660mg
  • 容量 10ml
  • CBD1mgの値段 14.84円

Pharma Hemp フルスペクトラムCBDオイル プレミアムブラックCBD660mg(濃度6.6%)10ml

Pharma HempのCBDオイルはヨーロッパの厳選された畑で生産された100%オーガニックのヘンプを使用しており、ナチュラルな成分で作られています。

フルスペクトラムタイプのこのCBDオイルには、CBDオイル以外の成分も含まれているため、それぞれの効果を高めるアントラージュ効果を期待することもできます。

さらにPharma HempではGMP認証や第三者機関によるテストも通っているため、安全性と品質には確かな信頼を得ることができます。

CBD濃度6.6%以外にも、12%・24%と高濃度のCBDオイルも揃っているので、試してみるのも良いかもしれません。

ただ持ち運びやすく、使用しやすいからといって、運転前や運転中に使用してしまうと眠気に襲われることもあるので、注意してください。

メリット:オーガニックなCBDオイル・アントラージュ効果を得られる
デメリット:味がオリーブオイル

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★☆
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★☆

第5位 PharmaHemp PREMIUM BLACK 12%(1,200mg) 10ml

  • 価格 19,800円
  • 製法 フルスペクトラム
  • CBD含有量 1,200mg
  • 容量 10ml
  • CBD1mgの値段 16.5円

第1位で紹介したファーマヘンプのCBDオイルのCBD含有量が多いタイプです。

12%のCBDオイルは6.6%のタイプよりもCBD以外のカンナビノイドの量が多く、高いアントラージュ効果を期待できます。

CBD1mgあたりの価格はそこまで変わらないんですが、成分的にはこちらのオイルの方が6.6%よりは上です。

価格は高価ですが、しっかりした効果をお求めの方はこちらのオイルをオススメします。

第6位 CANNA RVIER CBDオイル (2,500mg)

  • 価格 7,980円 14,800円
  • CBD濃度 4.2%
  • CBD含有量 2,500mg
  • 容量 60ml
  • CBD1mgの値段 3.2円

ブロードスペクトラムタイプであるCANNA RVIERのCBDオイルが持つ最大の特徴は、60mlと大容量なことです。5mlや10mlが一般的とされていることから考えると如何に大容量なCBDオイルかが分かります。

フレーバーも「ナチュラル」「ストロベリーハーベスト」「レモンラズベリー」「アップルミント」「マンダリン」「トロピカルフルーツ」「フルーツメドレー」「ウォーターメロン」「ペパーミント」の9種類と豊富にあり、自分の好みの味を選ぶことができます。

大容量で豊富な種類のフレーバーを持つCANNA RVIERのCBDオイルを使用すれば、長い期間美味しく楽しくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:大容量・豊富な種類のフレーバー
デメリット:濃度が低め

使いやすさ★★★★☆
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★☆☆
オススメ度★★★★☆

第7位 Vitae CBD オイル 10%(1,000mg)

  • 価格 5,980円 9,800円
  • 濃度 10%
  • CBD含有量 1,000mg
  • 容量 10ml
  • CBD1mgの値段 5.9円

Vitae CBDはイギリスの代表するCBDブランドで、高品質なTHCフリーのブロードスペクトラムCBDオイルを始めとして様々なCBD製品を販売しています。

CBDオイルには、CBD500mg(濃度5%)・CBD1000mg(濃度10%)の2種類があり、どちらもブロードスペクトラムタイプのCBDオイルなので、CBDとその他の成分との相乗効果を見込むことができます。

通常ブロードスペクトラムタイプのCBD製品は、麻特有の苦みがあるため好みが分かれてしまうのですが、このCBDオイルには苦みがないので麻の風味のみを楽しむことができるでしょう。

また自然由来のヘンプエクストラとMCTオイルで作られているCBD製品なので、ナチュラル派の方にもおすすめできます。

メリット:ブロードスペクトラムタイプのCBDオイルなのでアントラージュ効果が見込める
デメリット:麻特有の風味が苦手な方には適さない

使いやすさ★★★★☆
効きやすさ★★★★★
コスパ★★★★☆
人気度★★★☆☆
オススメ度★★★☆☆

第8位 MEDTERRA CBDオイル 30ml 3000mg(濃度10%)

  • 価格23,220円 25,800円
  • 濃度10%
  • CBD含有量3000mg
  • 容量30ml
  • CBD1mgの値段7.7円

MEDTERRAのCBDはアメリカのNON GMO(非遺伝子組み換え)の認証を得ているヘンプ農場と直接契約しており、厳しいガイドラインを設けて徹底した品質管理を行っています。

厳選されたヘンプから抽出される純度99%のCBDと中性脂肪酸のMCTオイルで配合されたCBDオイルは非常に高品質で、CBDのリラックス効果などと同時に身体のエネルギー源である「ケトン体」も補給することができます。

確かな効果を持つMEDTERRAのCBD製品はアスリートからも大きな支持を得ているので、皆さんの美しいカラダ作りにきっとお手伝いしてくれるでしょう。

メリット:純度が高い・高品質
デメリット:眠気・アントラージュ効果はない

使いやすさ★★★☆☆
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★☆
人気度★★★☆☆
オススメ度★★★☆☆


第9位 CANNAPRESSO CBDオイル CBD1000mg 10ml

  • 価格 12,510円 13,900円
  • 濃度 10%
  • CBD含有量 1000mg
  • 容量 10ml
  • CBD1mgの値段 12.5円

CANNAPRESSOはアメリカのカリフォルニア州のCBDブランドで、高濃度なリキッドやパウダーなど純度の高いクリスタルCBDを原料に様々な種類のCBD製品を取り扱っています。

CBDオイルにも力を入れているためフレーバーには、FLAVORLESS(フーレーバレス)・MANGO(マンゴー)・STRAWBERRY(ストロベリー)・OG KUSH(オージークラッシュ)の4種類があり、フルーティーな味わいのものから麻本来の味わいのものまで、自分の好みに合わせてCBDオイルを選ぶことができます。

またCBDオイルに配合されている成分は自然由来の成分なので人体にとって安心・安全、それでいて普段のリラックス効果や睡眠の質の向上などの効果に期待することができます。

美味しく、自然にCBDを摂取することができるCANNAPRESSOのCBDオイルを是非気軽に試してみてください。

メリット:フレーバーが豊富・天然な成分
デメリット:アントラージュ効果がない

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★☆☆
コスパ★★★☆☆
人気度★★☆☆☆
オススメ度★★☆☆☆

第10位Endoca  CBD ヘンプオイルドロップス CBD1500mg

  • 価格 21,600円
  • CBD濃度 15%
  • CBD含有量 1500mg
  • 容量 10ml
  • CBD1mgの値段14.4円

EndocaのCBDオイルに使用されているCBDは、オーガニック認定されたヘンプから抽出されているため、ナチュラルな製品となっています。

1本に含まれるCBD量が多いため、一般的に販売されているCBD濃度3%のCBDオイルと比べると5倍のCBD濃度になっています。そのためわずか数滴舌下に垂らしていただくだけで、CBDのパワーを感じることができるでしょう。

寝る前や大切な仕事の前のわずかな時間でも即座に摂取することができるので、効率良くCBDを摂取したい方におすすめです。

ただ、高濃度であるがために1度に多く取り過ぎてしまい眠気が襲ってくることもあるので、運転前や運転中などの際は注意が必要です。

メリット:高濃度・効率が良い
デメリット:摂りすぎてしまう

使いやすさ★★★☆☆
効きやすさ★★★★★
コスパ★★☆☆☆
人気度★★☆☆☆
オススメ度★★☆☆☆

CBDオイルおすすめ まとめ

今回は、国内人気ナンバーワンのCBDオイルについて、安全かつ高性能なおすすめの製品ベスト10をご紹介しました。

今回ご紹介したCBDオイルはどれも計100を超えるCBDオイルの中から厳選した選りすぐりの本当におすすめできる製品です。

もし、CBDオイルに興味があって、何から始めようか迷っているなら、一度お試しください。

きっと満足いく結果を得られるでしょう。

こちらもおすすめ