CBDワックスは本当にキマる?効果を最大まで引き出す上手なキメ方とは?

2020年にWHOによって医療的有効性を認められ、アメリカやヨーロッパを始めとして人気が上昇しているCBD。

近年多くのCBDブランドが立ち上げられ、メーカーが新しく開発したCBD製品をネット上で気軽にチェックすることができます。

そんなCBD製品の中に、CBDワックスという最強レベルのCBD製品があることは知っていますか?

今回は、

「CBDワックスって本当にキマるの?」
「CBDワックスを上手にキメるポイントはあるの?」

こんな疑問をお持ちの方のために、CBDワックスの効果や効率の良いキメ方、高品質のCBDワックスを見分ける方法まで徹底的に解説していきます。

CBDワックスは本当にキマるのか?

最近ではセレブやアスリートの方々がCBDを使用している様子をSNSやメディアで見る機会が増えてきました。

しかしCBDが配合されているCBDワックスを使用したところで、「本当にキマるの?」と疑問を覚えた方もいらっしゃると思います。

簡潔に言ってしまうとCBDワックスを使用しても、違法ドラッグのように「ハイ」になることはありません。

なぜならマリファナなどが持つ、気分が高揚して「ハイ」になる精神活性作用がCBDには備わっていないからです。

CBDワックスでキマりたいと思っていた方の中には、「キマる=ハイになる」と考えた方もいらっしゃるでしょう。

しかしこの精神活性作用はその名の通り、精神に作用してしまう効果です。日本ではこのような効果を持つ成分は麻薬及び向精神薬取締法によって禁止されています。

そのため日本で禁止されているマリファナの代わりとしてCBDでハイになろうと思っていても、日本での使用を制限されていないCBDでは望んだ効果を得ることはできないでしょう。

CBD業界では「キマる=ハイになる」ではなく、「キマる=CBDの効果を最大限発揮させ、実感する」という意味をもちます。

キマるという表現が必ずしも違法性のある効果を得られるということではないので、注意しておいてください。

もそもCBDとは

CBDの効果を最大限発揮させ、実感すると言いましたが、そもそもCBDにはどのような効果があるのでしょうか。

ここではCBDの概要・効果・副作用について詳しく解説していきます。

CBD概要

CBDは正式名称をカンナビジオール(Cannabidiol)と言い、マリファナなどの原料にもなっている麻に含まれる植物性カンナビノイドの1種です。

マリファナと同じ原料を使用しているため、ネガティブなイメージを持ち、違法な成分と考えてしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかしCBDは違法性のない極めて安全な成分で、日本国内でも問題なく使用することができます。

後ろめたいことなど全くないので、誰でも気軽にCBDを始めることができるでしょう。

CBDの主な作用・効果

CBDの持つ効果は2つの側面から見ることができます。

1つ目は健康面です。

CBDが人気になっている理由の1つとして、CBDは私たちの健康を維持するのに非常に役に立ちます。

CBDは私たち人間に備わっている身体調節機能であるECS(エンドカンナビノイドシステム)に働きかけ、運動機能や感情抑制などの機能を正常に維持する効果を持っています。

ECSを正常に機能させるには、体内で生成することができない「内因性カンナビノイド」が必要になります。

しかし私たちは知らず知らずの内にこの内因性カンナビノイドが不足してしまい「カンナビノイド欠乏症」という症状を引き起こしてしまいます。

するとECSが正常に機能しなくなってしまい、老化が速まったり、記憶力が弱まったりしてしまうのです。

そこで重要になるのがCBDです。

CBDを摂取するとカンナビノイド欠乏症を解消し、結果的に健康な身体を維持することができるのです。

またCBDの効果にはリラックスやストレス緩和、睡眠の改善などの効果もあるので、このストレス社会で生きる私たちの健康をサポートしてくれるでしょう。

2つ目は医療面です。

冒頭でも触れたようにWHOは2020年に大麻の成分に医療的有効性があることを認めたおかげで、大麻にも含まれているCBDの効果に注目が集まりました。

CBDが持つ

  • 抗不安作用
  • 抗酸化作用
  • 菌作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮痛作用
  • 抗がん作用


などがさまざまな症状の改善に有効性を示していることが分かっています。

私たちの日常に潜む「肥満」「ニキビ」「生活習慣病」などの解消にも、効果を発揮させることができ、飛躍的な回復を期待できる可能性もあります。

このようにCBDの効果は健康面でも医療面でも非常に有効なものであると言えるでしょう。

CBDの副作用と危険性

CBDの副作用には、体調や体質などの個人差が大きく影響してきますが、基本的には軽度なものが多いです。

症状は頭痛や強い眠気などが現われるようですが、一般的な医薬品よりも安全性は高いので警戒し過ぎる必要はありません。

適切な量を使用していれば、副作用は現われないので、自分に適したCBD量を使用できるようにしましょう。

CBD製品ならワックスが1番キマる

CBD製品には色々な種類があります。

例えば、CBDオイル・CBDリキッド・CBDグミ・CBDクリームなどそれぞれの目的に合わせたCBD製品があります。

その中でもCBDワックスは最も効果を実感しやすいCBD製品といえるでしょう。

CBDワックスは超臨界二酸化炭素抽出という特殊な製法で生成されているため、CBD濃度が60%~99%と非常に高いものになっています。

さらにCBDワックスはブロードスペクトラムタイプの製品が多く、CBDだけではないテルペンなど麻に含まれる他の成分との相乗効果=アントラージュ効果を期待することもできるのです。

ただでさえ高い濃度で効果を実感しやすい上、アントラージュ効果で120%の力を発揮させるので、CBDワックスは最強レベルのCBD製品といっても過言ではないでしょう。

最短でCBDワックスをキメる3つのコツ

CBDワックスには使用する方法が3つあります。

今回は3つの方法それぞれでキメるコツを紹介したいと思います。

舌の下で舐める

CBDワックスはCBDオイルやCBDグミなどのように直接口に含んで使用することができます。

ただ口に含んで使用していては、効果を最大限引き出すことはできません。

なぜならCBDは消化器官を通って吸収されてしまうとパフォーマンスが落ちてしまうからです。

しかしこの舌の下で舐める方法では、舌の裏の血管にCBDが吸収され最も効率的な粘膜摂取を行なうことができます。

直接CBDワックスを舐める際は、舌の下に入れてキメてみてください。

蒸気を肺にためておく

CBDワックスの2つ目の使用方法は加熱気化吸入です。

CBDリキッドのように専用の機器を使用して、CBDワックスを加熱し蒸気にしたものを吸入します。

このとき口に入れて直ぐに入ってしまってはせっかくのCBDを無駄にしてしまうので、しっかりと肺に入れて5~10秒ほど留めておいてください。

その後ゆっくりと吐けば、CBDが毛細血管から吸収され、非常に効率良くキメることができます。

肌に薄く塗る

CBDワックスの3つ目の使用方法は肌に直接塗る方法です。

肌に直接塗ることによって、CBDの効果をピンポイントに聞かせることができます。

ニキビなどの炎症部位に塗れば、痛みを抑え炎症を治す効果も発揮できるでしょう。

ただこの時、大量に塗ってはいけません。

肌からCBDを吸収するには時間が掛ります。そのため、大量に塗ってしまうと吸収する前に剥がれてしまい期待した効果が得られなくなる可能性もあります。

肌で摂取する方法は効率は悪いですが、CBDの効果を長期間維持することができるので、薄く塗ってしばらく放置しておいてください。

こんなCBDワックスの使い方は危険!

CBDワックスでキメたいと思っている方の中には、大量に使用すればそれだけ強烈にキマると考えている方もいらっしゃいます。

しかしそこまで単純な話ではありません。

少ない量でキマる方もいらっしゃいますし、大量に必要とする方もいらっしゃいます。こればかりは体質によるので、自分の適量を見つける必要があります。

適量を見つけてもCBDワックスを使用する上で注意しておくべきことをいくつか紹介するので、使用するときは注意してください。

規定量を超えて過剰に摂取する

CBDワックスはただでさえCBD濃度が高い製品です。そんな特徴を持っているCBDワックスは少量の中にも大量のCBDが含まれています。

そのため加減しないと過剰に摂取してしまうことになり、思わぬ副作用が生じる可能性もあります。

多少適量をオーバーしても身体に悪影響を及ぼすことはありませんが、あまりにも大量に摂りすぎては危険です。

CBDを使用する上で最も大事なことは、効果を実感できる適量を摂取することです。

最初は少量から始め、徐々に増やして見つけていってください。このときにあまり増やしすぎないように注意してくださいね。

医薬品と一緒に服用する

CBDは医薬品と一緒に服用してはいけません。

CBDと医薬品を同時に服用してしまうと、期待していた効果ではない効果をもたらす可能性があります。

CBDワックスの持つ非常に大量のCBDは医薬品の作用に影響を与える薬物相互作用を起こす可能性があります。

現在のところあまり多くの問題は起きていないようですが、注意しておくべきでしょう。

キマるCBDワックスを見分ける3つのポイント

CBDワックスは最強にキマると言っても、CBDワックスの中にもさまざまな製品があります。

粗悪な品のCBDワックスを購入してしまうとキマることがないので、これから紹介することを覚えてしっかりと見分けられるようにしておきましょう。

ブロードスペクトラムタイプのCBDワックスを選ぶ

先程も触れましたが、ブロードスペクトラムタイプのCBDワックスは最強です。

もちろんアイソレートタイプ(CBDのみ)の製品も高濃度でいいのですが、高濃度でしかもブロードスペクトラムタイプであれば、効果を最大限感じることができるでしょう。

またアイソレートタイプのものだけを使用していると、CBDの効果を実感しにくくなる釣鐘状用量反応が発動してしまうので、CBD以外の成分も入ったCBDワックスも使用するようにしましょう。

CBDワックスの濃度に注目する

CBDワックスの濃度は一様に高い方がいいとは言えませんが、基本的に効果を効率的に感じるにはCBD濃度が高いほうが感じやすくなるでしょう。

少量で短時間にキメることができるのは、高濃度のCBDワックスなので、使用量は調整するとしてCBD濃度の高いCBDワックスを選ぶといいでしょう。

国産のCBDワックスのみ選ぶ

CBDワックスを見分ける際に注意しておくこととして、「どこの国で生産されたのか」も重要です。

日本ではCBDは違法ではありませんが、THCは違法です。

しかし外国ではTHCも合法に扱っている国もあるので、CBD製品を購入してもTHCが入っている可能性もあります。

もしTHCが入っていたら、どれだけ僅かな量でも日本では所持しているだけで違法です。CBDワックスを購入して逮捕されないためにもしっかりと生産国は確認しておくようにしましょう。

キマる最強のCBDワックスBEST3

第1位 CHILLAXY CBDワックス オージークッシュ

  • 価格 6930円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 90%
  • CBD含有量 900mg
  • CBD1mgあたりの価格 7.7円

2020年に新設されたCBDブランドである「CHILLAXY」は、ストレス社会で生きる皆さまにCBDを用いてCHILL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)を提供してくれるでしょう。

CHILLAXYのCBDワックスには、「ブルーズキットルズ」「マウイワウイ」「オージークッシュ」の3種類あり、どれもCBD濃度90%と非常に高濃度なCBD製品となっています。

CBD濃度90%を誇るこのCBDワックスは、集中力を高めたい時やリラックスしたい時に他のCBD製品では感じることができない強烈なCBD感を体験することができるでしょう。

リキッドやCBDエディブルなどで美味しさを求めるよりも、もっと強い効果や強烈なCBD体験を求める方には、このCHILLAXYのCBDワックスをおすすめします。

メリット:美味しい・高濃度・コスパ良の三拍子揃っている
デメリット:美味しいのでつい使いすぎて効きすぎてしまう

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

第2位 Pharma Hemp CBDワックス CBD680mg(濃度68%) 1.0g

  • 価格 8550円 9500円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 68%
  • CBD含有量 680mg
  • CBD1mgあたりの価格 12.5円

Pharama HempのCBDワックスは、CBD濃度は68%と超高濃度ではないですが、CBD以外にもCBGやCBDVといった同じ植物性カンナビノイドが含まれているフルスペクトラムタイプのCBD製品となっています。

そのため、CBD単体よりも高いパフォーマンスを発揮し、確かな効果を感じることができるでしょう。

ワックスはリキッドやオイルなどに比べるとCBDの効果を遙かに感じやすくなっていますが、自分に適したCBD量を見つけないと眠気や頭痛が生じることがあります。

Pharma HempのCBDワックスはジェルタイプで、アトマイザーに入れる際も自分で調節しやすくなっているので、CBDを適切に使用して楽しむことができるでしょう。

メリット:ジェルタイプなので様々な使用方法がある
デメリット:CBD濃度が68%と少し低め

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★☆
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

第3位 CBDワックス CBD1000mg 内容量1g organiCBD

  • 価格 7800円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 約84%
  • CBD含有量 840mg
  • CBD1mgあたりの価格 8.76円

organiCBDのCBDワックスは、カリフォルニア産のオーガニックヘンプを超臨界抽出という方法で抽出・凝縮したCBDを使用している、ブロードスペクトラムタイプの製品です。

CBD単体で使用を続けてしまうとCBDの効果を実感できなくなってしまいますが、ブロードスペクトラムタイプのこのCBDワックスを使用すれば、アントラージュ効果でさらなる効果を期待できるので効果をしっかりと感じることができるでしょう。

organiCBDのCBDワックスのフレーバーは「ブルードリーム」「サワーディーゼル」「ナチュラル」「スカイウォーカー」「キングルーイ」の5種類あり、ヘンプ本来の味や癖を楽しめたり、甘くフルーティーな味わいを楽しめたりするので、お好みのフレーバーを楽しんでください。

メリット:フレーバーが5種類と豊富
デメリット:フレーバーのクセが強め

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★☆☆
おすすめ度★★★★☆

CBDワックスキマる まとめ

今回は、CBDワックスは本当にキマるのか?について、キメるためのコツやその方法、何故CBDワックスが最強レベルなのかを交えながら詳しく解説しました。

CBDワックスはCBD製品の中でも最強にキマる製品なので、是非1度体験してみてください。

ポイントを抑えてCBDワックスを楽しんでいただけたら幸いです。

こちらもおすすめ