【2021最新!】今話題のCBDとは?おすすめ製品や効果・副作用も徹底解説!

最近メディアでも話題に上がっているCBD。

セレブやアスリートから支持を得ているCBDを始めようと思っても、一体どれから始めたらいいのか分からない方もいるでしょう。

そこで今回は、

「CBDってなに?」
「CBDCBDのおすすめは?」

これらの疑問に答えていきたいと思います。

CBDは決してハードルの高い製品ではありません。色々な製品が開発され、誰でも気軽に始めることができるので安心して始めてください。

CBDとは?

CBDという単語を聞いてもそれが一体どんなものなのか分からない方がほとんどだと思います。

日本でも最近のCBDブームを受けて、多くのブランドが多種多彩なCBD製品を開発しています。初心者用や上級者用のCBD製品など、CBDが使う人を選ぶなんてことはなくなりました。

ここではそんなCBDが一体どのような成分で、どのような効果をもたらすのかを詳しく説明していきたいと思います。

CBD概要

CBDとは、植物性カンナビノイドであるカンナビジオールの略で、麻から抽出される成分です。

日本でも麻はマリファナと深い関係があることは知られているので、麻から抽出されると聞いて不安に感じた方もいるでしょう。

しかし安心してください。CBDはマリファナとは違い極めて安全で合法な成分です。

そもそもマリファナが違法な理由には、中に含まれている「THC」という植物性カンナビノイドが原因なのですが、日本のCBD製品にはこれは含まれていません。

日本の大麻取締法と麻薬及び向精神薬取締法ではこのTHCに焦点を当てて、麻の加工できる部位などを限定しているので、THCを抽出することができない部位から生成されたCBDは違法にはなりません。

CBD自体には違法性が全くないので、安心してください。

CBDに期待されている効果

CBDの効果は多岐に渡っており、健康や美容を始めとして最近では医療としても有効性が認められました。

まず健康面ですが、CBDは体内に存在するECS(エンドカンナビノイドシステム)に作用することで、さまざまな機能に影響を与えることができます。

ECSとは学習・記憶・運動機能・感情抑制・老化などの機能を調節する役割を持っており、私たちが生活していく上で欠かせないものの1つです。

このECSを正常に作動させるには内因性カンナビノイドと呼ばれるものが必要になるのですが、このストレスが溢れた社会で日々を過ごしていくとこれが不足しがちになってしまいます。

内因性カンナビノイドは体内で作りだすことはできないので、外部から摂取する必要があり、その補給ができるのがCBDというわけです。

CBDを摂取することにより、ECSを正常に稼働させることができ、日々の健康を守ることができるのです。

またリラックス効果やストレス緩和、睡眠の質の向上など日々の生活をより豊かにする健康面の効果もあります。

さらにCBDの持つ医療的有効性は、WHOで認められるほどの効果を持っています。

CBDの効果を期待できる疾患は

  • 神経疾患
  • 神経精神病
  • 自己免疫疾患
  • 消化管疾患
  • 皮膚疾患
  • 心血管疾患

などがあり、非常に多くの分野で効果を発揮することができるとされています。

さらにCBDは抗がん作用に関する研究も盛んに行なわれており、難病と呼ばれる病気の治療にも有効でしょう。

またCBDには依存抑制の効果もあるので、禁煙したい方の強い味方になるでしょう。研究によれば、CBDを摂取することによって40%抑制することができたことが確認されているので、タバコを辞めたくても辞められない方はCBDに置き換えるだけで禁煙に成功されるかもしれません。

最後に美容効果に注目してみていきます。

CBDの持つ抗酸化作用・抗菌作用・抗炎症作用などはニキビやシミなどの改善に有効です。美容目的として開発されたCBDクリームはスキンケアとして使用することができるので、日々の生活に自然に溶け込ませ、CBDの効果を期待することもできます。

スキンケアとして肌にCBDを塗ると、肌に付着している菌を排除して、肌にバリアを貼ることができるので、外部の刺激からも肌を守ることができます。

CBDの摂取で現れる可能性がある副作用

CBDは非常に多くの効果を持っていますが、反対に副作用も持っています。

体質や体調などで症状に個人差はありますが、基本的にCBDの副作用は薬局などで売っている医薬品よりも軽度な傾向にあるようです。

頭痛や強い眠気を感じた場合は、CBDの使用方法を見直し、使用量や使用頻度を調整するようにしてください。

万が一症状が改善しない場合は、かかりつけ医に相談してみるようにしてください。

日本でのCBDの法規制や捕まらない理由

先程CBDを使用しても捕まらない理由に大麻取締法を挙げたと思います。

この大麻取締法は日本における「大麻」に該当する麻の部位を規制している法律でもあるので、大麻に該当しない、つまり違法性のない部位を見ることもできます。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

これを見ていただければ分かると思いますが、麻の成熟した茎や種子は大麻に該当していません。

そのため麻の成熟した種子や茎から抽出されたCBDは違法にならないというわけです。

ただ抽出したCBDに問題はなくても、CBD製品にする際に一緒にTHCも配合してしまうと違法になってしまうので、気になったCBD製品にTHCが配合されていないかの注意は必要になってきます。

日本でメジャーなCBD製品とは?

CBD製品は目的に合わせて使用できるように幅広い種類が販売されているのですが、その中でも根強い人気を集めているCBD製品がいくつかあります。

今回はメジャーな4つのCBD製品の紹介をしていきます。気になったCBD製品があれば、後で実際の商品も紹介するので、是非チェックしてください。

国内人気ナンバー1 CBDオイル

CBD製品の中で最も多くの支持を集めているのがCBDオイルです。

CBDオイルは、オリーブオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイルにCBDを配合したCBD製品のことで、CBD初心者の方でも使いやすいCBD入門に最適なものとなっています。

使用方法は主に、経口摂取が一般的とされていますが、飲み物に混ぜて使用することもできるので使用方法はかなり自由度が高いです。

口の中に垂らすだけでCBDを摂取することができるので、専用の機器を必要とする他のCBD製品と比較すると費用も抑えることができます。

ただ口の中に普通に垂らすだけだとCBDを吸収する際、消化器官を通ってしまい効果が薄まってしまうので、効果を最大限感じたい方は、CBDオイルは舌の下に垂らすようにしてください。

ベープで吸うなら CBDリキッド

CBDリキッドはCBDを摂取する過程を最大限楽しむことができるCBD製品です。

CBDリキッドとは電子タバコやVAPEと同じように使用するCBD製品で、アトマイザーにCBDリキッドを入れた後、専用のVAPEなどの機器にセットして使用します。

専用の機器が必要になるのでコストは少し掛りますが、CBDリキッドは加熱気化吸入という方法で使用するため、非常に効率良くCBDを摂取することができます。

CBDリキッドを使用する時は蒸気を肺の中に数秒~数十秒溜めてから吐くようにしてください。ただ口の中にいれて吐くだけでは、CBDを無駄にしてしまうだけなので効果をしっかりと発揮させるために肺の毛細血管から吸収させるようにしましょう。

CBDリキッドにはニコチンやタールが含まれていません。

禁煙中の方でも安心して使用できますし、禁煙したい方はタバコをCBDリキッドに変えるだけで依存性を抑え、リラックス効果を獲得することもできます。

超高濃度だから圧倒的な効果が得られる CBDワックス

CBDワックスは作り方から特徴のあるCBD製品です。

CBDワックスは「超臨界二酸化炭素抽出」という方法で生成された成分を使用して作られており、基本的に超高濃度でCBD以外の成分も配合されている魅力が詰まりに詰まったCBD製品です。

CBD濃度が60%~99%と高いため、形状は固形タイプのものとジェルタイプのものになっています。

CBDワックスは比較的高価なものが多く、コスパの面で後れをとってしまいがちですが、値段に見合った、それ以上の魅力を備えているCBD製品です。

CBDワックスの主な使用方法には「経口摂取」「加熱気化吸入」「経皮摂取」の3つがあり、自分に合った使用方法を選ぶことができるでしょう。

さらにCBDワックスが持つ超高濃度のCBD濃度は、短時間そして少量でも十分な効果を発揮させることが可能です。加えてCBD以外の成分との相乗効果(アントラージュ効果)を期待することができるので、CBDワックスは正にCBDの魅力を最も引き出したCBD製品と言えるでしょう。

美味しく気軽

美味しく気軽に楽しみたいなら CBDグミ

CBDグミはCBDを食べて摂取することを目的としたCBDエディブルというCBD製品の1種です。

CBDグミの特徴は、お菓子感覚でCBDを摂取することができる点で、誰でも気軽に始めることができます。

ただ食べるだけなので、使用するさいに煩わしいことも一切ありません。

また食べやすいように多くのフレーバーを用意しているメーカーもあるので、自分の好みに合わせてどこでも美味しくCBDを摂取することができるでしょう。

ただCBDグミは消化器官を通ってしまいCBDの効果が効率的に感じにくいCBD製品なので、できれば舌の下でCBDグミを舐めるようにしてください。

CBDグミは外でもCBDを摂取したい方や楽しく美味しくCBDを摂取したい方におすすめのCBD製品です。

CBD製品選びで失敗しない3つのポイント

CBD製品にどのようなものがあるのか、だいたいは分かっていただけたと思います。

CBDに興味があってCBDを始めたいと思っている方でも一体どのように始めればいいのか分からないと不安を感じている方もいると思います。

ここではCBDの選び方について3つのポイントから詳しく説明するので、CBD製品を選ぶ時、参考にしてみてください。

CBD濃度に注目して選ぶ

CBD濃度とはそのCBD製品の容量に対してどれくらいのCBDが入っているのかを表わした割合のことです。

CBDは個人差によって効果に大きな差があるので、一様に言うことができませんがCBD濃度が高ければCBDの効果を発揮させやすい傾向にあります。

CBDの効果はお酒と似ていて、お酒は度数が高ければ高いほど直ぐに酔ってしまいますよね。

CBDも同じです。CBD濃度が高いと1回でも多量のCBDが含まれているので、効果を発揮させやすくなるのです。

ただ少ない量でも十分な効果を感じることができる方もいらっしゃるので、自分に適した量を把握できるようになるべく少量から始めるようにしましょう。

CBD含有量に注目して選ぶ

CBD製品の中には、高濃度を謳いコスパが良いと宣伝しているCBD製品もありますが、実際はCBD製品の容量自体が少なく、大した量のCBDが入っていない、なんてこともあります。

そこでコスパ良くCBD製品を買いたい方に注目していただきたいポイントは、CBD含有量です。

CBD含有量1mgあたりの値段を確認すれば、簡単にコスパが良いかどうかがわかります。CBDを少しでも多く安く買いたい方は、是非CBD含有量をチェックしてみてください。

THCフリー表記や品質証明があるか確認する

気になったCBD製品の安全性を確認したい方は、THCフリー表記や第三者機関による品質証明をチェックしてみてください。

THCフリー表記とは、CBD製品の中にTHCが全く含まれていないことを保証しているもので、THCフリー表記があれば日本でも安心して使用することができます。

第三者機関による品質証明とは、自社の製品チェックではなく、第三者機関によって行なわれる製品チェックの証明のことで、非常に厳しい条件をクリアしたものだけが受けることができます。

この証明はTHCが入っていないことはもちろん、高品質で製造過程でも問題ないことを保証してくれます。

全100種から厳選!各CBD製品ごとのおすすめベスト3

CBD種類

ここでは先程挙げた主要なCBD製品について、実際に使用して確かな効果を得ることができた商品を各製品ごとに分けて紹介していきたいとも思います。

CBDオイル ベスト3

1位 hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、Hemptouchが作るCBDオイルは、オーガニック製法にこだわったヘンプから生成されたブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様問わず誰でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の癖のある香りや味が原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えているため、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができるでしょう。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold 3%の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

2位 CHILLAXY(チラクシー)CBDオイル

  • 価格 7,150円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 500mg
  • 容量 30ml
  • CBD1mgの値段 14.3円


CHILLAXYはCHILL(癒し)とRELAX(リラックス)という意味が込められたブランドで、CHILLAXYのCBD製品は欧米の厳選されたヘンプを日本に輸入し、日本国内で製造されているため安心して使用することができるでしょう。

CHILLAXYのCBD製品の中でも人気があるCBDオイルは、大事な仕事前や寝る前などにCBDの効果を得ることができると好評です。

CHILLAXYのCBDオイルの種類には

  1. リラクシングスリープ
  2. ミンティーフォーカス
  3. リフレッシングモヒート

の3つがあり、リラックススリープは、CBDの持つリラックス効果を睡眠前はもちろんのこと睡眠中でも発揮し、快適な眠りを提供できるでしょう。フレーバーはオレンジスイートとラベンダーのフレーバーで使う人を選ばず、誰でも使用することができるでしょう。

ミンティーフォーカスはペパーミントとレモンのフレーバーで、さわやかな味わいを持ち、勉強や仕事、スポーツなどで集中力を高めたいときに使うのがおすすめです。

リフレッシングモヒートは、香料にライムとスペアミントの天然エッセンシャルオイルを使用しており、モヒートのようなフレーバーを楽しむことができ、リフレッシュや気分転換したい時におすすめです。

3つともCBD含有量は500mgと豊富に含まれているため、1日に数滴舌の下に垂らしていただくだけで、確かな効果を得られるでしょう。

メリット:美味しい・安心安全な国産品・コスパが良い
デメリット:濃度が少し低め

<CHILLAXY CBDオイルの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★☆
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

3位 +WEED CBDオイル

  • 価格 1万~7万円
  • 濃度10~60%
  • CBD含有量 1000~6000mg
  • 容量 30ml
  • CBD1mgの値段 18.75円

+WEEDのCBDオイルは、10%・20%・30%・40%・50%・60%のCBD濃度の中から好みのものを選ぶことができ、初心者の方から上級者の方まで満足できるCBDオイルになっています。

フルスペクトラムタイプのCBDオイルなので、CBD単体では発揮できないアントラージュ効果(他成分との相乗効果)を期待することができます。

フレーバーはネイチャーフレーバーだけなので、好みが分かれるところではありますが、癖になる方も多いので麻本来の香りや味を楽しんでみてください。

どのCBD濃度の製品でも、自分に適した量を摂取できるようにまずは少量から始めて徐々に増やしてみると良いでしょう。また舌の下に垂らすとCBDオイルの魅力を引出すことができるので、一度試してみてください。

メリット:業界最高峰の高濃度CBDオイル
デメリット:高濃度であるためどうしても高価格

<+WEED CBDオイルの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★☆☆
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★☆

CBDリキッド ベスト3

1位 CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格 4,400円
  • 濃度 30%
  • 容量 1ml
  • CBD含有量 300mg
  • CBD1mgの値段 14.6円

CHILLAXYはCHIL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)の両方をこのストレス社会で提供することを目的としたブランドです。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時に使うのにうってつけです。

フレーバーには「ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)」「チェリーパイ(チェリーパイのような香り)」「ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)」「ミントクッキー(チョコミントクッキーのような香り)」「ストロベリーコフ(ストロベリーとスパイス香り)」などの他にも全12種類あり、自分の好みのフレーバーを選ぶことができます。

確かな濃度と豊富なフレーバーの両方の魅力を試してみたい方におすすめのCBDリキッドです。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が比較的少なめ

<CHILLAXY 510規格CBDリキッドの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパ★★★★★
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

2位 Pharma Hemp CBDリキッド スターターセット

  • 価格 9,900円
  • 濃度 5%
  • 容量 10ml
  • CBD含有量 500mg
  • CBD1mgの値段 19.8円

pharma hempのpremium blackシリーズであるこのCBDリキッドは、CBD以外の成分も配合されているフルスペクトラムタイプのCBDリキッドです。

お互いに効果を高めるアントラージュ効果を期待することができるので、非常に効率よく効果を得ることができるでしょう。

フレーバーには「バニラカスタード」「グリーンアップル」「ライム」など全部で10種類もあり、ヘンプの味が好きな方からフルーティーにCBDリキッドを味わいたい方まで誰でも気軽に楽しめるようになっています。

このスターターキッドはCBDリキッド専用のデバイス「smiss c7」も入っており、個別で購入するよりセットで購入した方がお得なので、コストを抑えたい方や直ぐにでも始めたい方に大変おすすめとなっています。

メリット:デバイスもセットなので買った瞬間からCBDを楽しめる
デメリット:すでにベープなどをお持ちの方には合わない

<Pharma Hemp CBDリキッドの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

3位 Aztec CBDリキッド CBD500mg

  • 価格 9,800円
  • 濃度 5%
  • 容量 10ml
  • CBD含有量 500mg
  • CBD1mgの値段 19.8円

Aztec(アステカ)のCBDリキッドはフルスペクトラムタイプの製品で、CBD以外にもCBDV、CBDA、CBG等のカンナビノイドを含んでいるので、CBD単体よりも相乗効果が期待できるでしょう。

イギリスで初めてフルスペクトラム製法を導入したAztecの製品は非常に高品質で、オーガニックにこだわった天然なCBDリキッドとなっています。

フレーバーには「アイスミント」「スイートストロベリー」「スーパーレモンヘイズ」など7種類あり、好みのフレーバーを選ぶことができます。

ニコチンやタールは含まれていないので、禁煙中の方でも安心して使用することができます。

メリット:CBDVやCBGなどCBD以外の成分効果も得られる
デメリット:濃度が比較的低め

<Aztec CBDリキッドの評価>

使いやすさ★★★★☆
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

CBDワックス ベスト3

1位 CHILLAXY CBDワックス オージークッシュ

  • 価格 6930円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 90%
  • CBD含有量 900mg
  • CBD1mgあたりの価格 7.7円

2020年に新設されたCBDブランド「CHILLAXY」は、ストレスに満ちた社会にCBDでCHILL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)を提供します。

CHILLAXYのCBDワックスには、「ブルーズキットルズ」「マウイワウイ」「オージークッシュ」の3種類あり、どれもCBD濃度90%と超高濃度なCBD製品となっています。

90%の濃度を誇るこのCBDワックスは、集中力を高めたい時やリラックスしたい時に他のCBD製品では感じることのない強烈なCBDを感じることができ、確かな効果を得ることができるでしょう。

リキッドやCBDエディブルなどで美味しさを求めるよりも、もっと強烈なCBD体験を感じたい方は、是非このCHILLAXYのCBDワックスを使用してみてください。

メリット:美味しい・高濃度・コスパ良の三拍子揃っている
デメリット:美味しいのでつい使いすぎて効きすぎてしまう

<CHILLAXY CBDワックスの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

2位 Pharma Hemp CBDワックス CBD680mg

  • 価格 8550円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 68%
  • CBD含有量 680mg
  • CBD1mgあたりの価格 12.5円


Pharama HempのCBDワックスは、CBD濃度は68%ですが、CBD以外にもCBGやCBDVといった同じ植物性カンナビノイドが含まれているフルスペクトラムタイプのCBD製品です。

アントラージュ効果を期待できるフルスペクトラムタイプのCBDワックスなので、CBD単体よりも高いパフォーマンスを発揮し、確かな効果を感じることができるでしょう。

ワックスはCBDの効果をリキッドやオイルなどに比べると遙かに感じやすくなっていますが、自分に適したCBD量を見つけないと眠気や頭痛を覚えてしまいます。

その点Pharma HempのCBDワックスはジェルタイプで、アトマイザーに入れる時も自分で調節しやすいのでCBDを適切に使用して楽しむことができるでしょう。

メリット:ジェルタイプなので様々な使用方法がある
デメリット:CBD濃度が68%と少し低め

<Pharma Hemp CBDワックスの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

3位 CBDワックス CBD1000mg organiCBD

  • 価格 7800円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 約84%
  • CBD含有量 840mg
  • CBD1mgあたりの価格 8.76円

organiCBDのCBDワックスは、カリフォルニア産のオーガニックヘンプを超臨界抽出という方法で凝縮されたCBDを使用している、ブロードスペクトラムタイプのCBDワックスです。

CBD単体で使用を続けてしまうと釣鐘状容量作用で、CBDの効果を実感できなくなってしまいますが、ブロードスペクトラムタイプのこのCBDワックスを使用すれば、アントラージュ効果でさらなる効果を期待できる上、使用を続けても効果を感じ続けることができるでしょう。

organiCBDのCBDワックスのフレーバーは「キングルーイ」「ブルードリーム」「スカイウォーカー」「ナチュラル」「サワーディーゼル」の5種類あり、ヘンプ本来の味を楽しめたり、甘くフルーティーな味わいを楽しめたりできます。

メリット:フレーバーが5種類と豊富
デメリット:フレーバーのクセが強め

<organiCBD CBDワックスの評価>

使いやすさ★★★★☆
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆

CBDグミ ベスト3

1位 RECLIA CBD140mg

  • 価格 980円
  • 容量 28g(7粒)
  • CBD含有量 140mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 20mg
  • CBD1mgの値段 7円

CBDを初めて使用する方におすすめするのがこのRECLIAのCBDグミです。

RECLIA CBDグミが優れているポイントとして「業界最安価」「安全性が非常に高い」「パッケージがおしゃれ」の3つを挙げることができます。

CBDグミを買う時、気になるのは「価格」でしょう。CBD製品は高価なものが多く、価格が原因でためらってしまう方が多くいらっしゃいます。

しかしCBD初心者フレンドリーをコンセプトに作られているこのCBDグミは、1粒当たりの価格が98円と他のブランドよりも遙かに安価な上、さらにCBDが20mgも配合されているので、コスパが非常に良く誰でも気軽に始めることができるでしょう。

さらにこのRECLIA CBDグミの安全性はとても高いです。

米国の第三者機関のテスト、監視によって違法性のある「THC」を徹底的に排除しているため、違法性はなく安心して使用することができます。

またパッケージがおしゃれなのも大切なポイントの1つです。

CBDグミの特徴として気軽さをあげることができますが、このRECLIA CBDグミが正にそれを象徴しています。RECLIA CBDグミのようにおしゃれなパッケージであれば、どこでも周りの視線を気にすることなくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:コスパが良い・安全性が高い・パッケージがおしゃれ
デメリット:少しCBDの含有量が低い

<RECLIA CBD140mgの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★★
おすすめ度★★★★★

2位 HEMP Baby CBDグミ 125mg

  • 価格 980円
  • 容量 5粒
  • CBD含有量 125mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 25mg
  • CBD1mgの値段7.84円

CBDグミの中で絶大な人気を誇り、日本一売れているのがHEMP BabyのCBDグミです。

2021年からレアなカンナビノイド、CBNを配合してリニューアルされており、新しいCBDグミにはCBD含有量は1粒当たり15mgと25mg、それぞれにCBNが3mg、5mgも配合されています。

またそれぞれ内容量は5個、25個、50個、100個の4種類から選ぶことができるので、お試しにしても常備しておくにしてもお好みの量を選ぶことができます。

HEMP BabyのCBDグミは、アメリカ産の100%オーガニックHempから抽出されたCBDで製造されているため、自然で身体への安心度が高い製品となっています。

また、フレーバーはグリーンアップル、オレンジ、レモン、ストロベリー、ソーダの5種類が入っており、苦みもなく美味しく飽きることなくCBDを摂取することができるでしょう

ただ、砂糖は入っているので、大量に食べ過ぎてカロリーが高くなってしまうので、美味しいからといって食べ過ぎることには注意が必要です。

食べ始めは効果を実感できない可能性もあります。しかしCBDグミは継続して食べることで、効果を得られるようになっていくので、まずは1~2ヶ月は試してみましょう。

メリット:複数の味を楽しめる・CBNも配合されている
デメリット:カロリーが高い 

<HEMP Baby CBDグミの評価>

使いやすさ★★★★☆
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★★
おすすめ度★★★★★

3位 CBDfx CBDグミ CBD40mg

  • 価格 1,737円 1,930円
  • 容量 8粒
  • CBD含有量 40mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 5mg
  • CBD1mgの値段48円

CBDfxのCBDグミはブロードスペクトラムタイプの商品で、CBD以外にもヘンプから抽出される他の成分の配合されているため、お互いの効果を高めるアントラージュ効果を期待することができます。

またこのCBDグミは動物性ゼラチンや白砂糖、人工甘味料、合成着色料は使わず、甘みはサトウキビとオーガニックシロップで付けられているため、非常に天然な成分で製造されており、丁度良い甘さを感じることができます。

ミックスベリーはフルーティーで酸味と甘みの調和が非常に美味しく、ターメリック+スペルリナは少しばかりの渋さと苦みはありますが、それが癖になるかもしれません。

メリット:自然由来の成分で作られている安心安全の成分
デメリット:ヘンプ特有の味や香りがある

<CBDfx CBDグミの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパの良さ★★☆☆☆
人気度★★★★★
おすすめ度★★★★☆

CBDおすすめ まとめ

今回はおすすめのCBD製品をタイプごとで紹介していきました。

CBDの効果や副作用、選び方を覚えてCBD製品を選ぶときに活用していただければ幸いです。

CBD製品は使用目的に合わせて非常にたくさんの種類があります。自分の目的に合わせてお気に入りのCBD製品を使用してみてください。

こちらもおすすめ