CBDサプリとは?効果や危険性、捕まらない理由も徹底解説!

世界中でCBDが人気になる中で、CBDの持つ効果が私たちにさまざまな良い影響を与えてくれることがわかってきています。

その効果は健食業界でも話題を奪うほどであり、CBDの市場が急成長する理由がよく分かります。

そこで今回は、健食として開発された「CBDサプリ」について

「CBDサプリって何?」
「CBDサプリのメリットは?」

などを交えながら、詳しく解説していきたいと思います。

CBDサプリとは?

CBDサプリとは、CBDが配合されている錠剤やカプセル形態のサプリメントのことです。

サプリメントは自分が足りてない栄養素を補給するためのものと認識されがちですが、健康維持を目的に摂取したり、体調を回復させる目的のためのサプリメントが存在します。

厚生労働省によってサプリメントとは「特定成分が凝縮された錠剤やカプセル形態の製品」と定義されているようですが、法律によって特定の定義があるわけではありません。

基本的に錠剤やカプセル形態になっているかどうかがサプリメントかどうかの判断基準となっているので、錠剤やカプセル形態としてのCBD製品があれば、サプリメントになります。

そもそもCBDとは?

CBDサプリについて詳しく知るには、配合されているCBDについて理解を深めなければなりません。

ここではCBD製品の新たな形「CBDサプリ」に配合されているCBDとは一体どのような成分なのか、また私たちにどのような効果をもたらしてくれるのか、詳しく解説していくので、是非確認してみてください。

CBDとは

CBDとは、麻から抽出される植物性カンナビノイドで、正式名称をカンナビジオールといいます

日本ではCBDを抽出することができる部位は大麻取締法によって制限されており、麻の成熟した種や茎だけが規制の対象となっていません。

成熟した種や茎以外の部位から抽出される成分には「THC」というマリファナと効いて想像する、ハイになる効果や依存性を発揮する成分が含まれています。

そのためTHCを抽出することができる部位は禁止されているのです。

日本では、CBD製品の中に少しでもTHCが含まれていれば、その量がどんなに少なくても警察に逮捕されてしまうのでTHCが混入していないかには常に目を光らせる必要があります。

ただCBDは極めて安全で合法な成分なので、安心して使用してください。

CBDの効果と副作用

私たちはCBDを摂取することによって、CBDの持つ多彩な効果を得ることができます。

例えばリラックス効果です。

CBDはストレスを緩和し、筋肉の緊張を解く効果を持っています。

そのため気持ちも身体も落ち着き、気持ち良くリラックスすることができるでしょう。またこのリラックス効果を睡眠時に発揮させるようにすれば、睡眠障害の改善、睡眠の質の向上を見込むこともできます。

さらにCBDは体内のECS(エンドカンナビノイドシステム)と呼ばれるシステムに干渉して、食欲、運動機能、学習、記憶などの身体調節機能を正常に維持する役割も果たします。

また鎮痛作用や抗炎症作用、抗不安作用などは医療的有効性としてWHOに認められているので、医療効果もCBDが持つ魅力の1つに数えることができるでしょう。

このように多彩な効果を持つCBDですが、副作用も存在します。

主な副作用として食欲変化や頭痛などを挙げることができますが、CBDの副作用は一般的な市販薬よりも軽度な場合が多いようです。

そのためCBDの副作用をあまり恐れる必要もありません。

ただ軽視することもおすすめしないので、ある程度の注意は向けておいてください。

一般的なCBD製品

CBD製品の中で最も有名なのがCBDオイルと言えるでしょう。

CBDオイルはオリーブオイルやココナッツオイルなどのキャリアオイルにCBDを混ぜ込んだもので、直接口に垂らしたり、コーヒーなどのドリンクに入れたりすることもできます。

また他のCBD製品には、CBDリキッドやCBDワックスなど加熱気化吸入する製品やCBDグミなど食べるタイプのCBDエディブルなどもあります。

CBDサプリ以外にも他のCBD製品についてまとめた記事もあるので、興味のある方は是非ご覧ください。

CBDサプリのメリット

ここまで読んでいただいた方は、既にCBDについての基本情報を理解していただけていると思います。

CBDについての理解を深めたところで、今回のメインであるCBDサプリについて掘り下げていきたいと思います。

まずは数あるCBD製品の中でCBDサプリを選ぶメリットを3つ紹介していきます。

誰でも簡単に使用できる

CBD製品の中には、使用するために専用の機器を必要とするものがあります。

専用の機器は費用が掛るのはもちろんのこと、「どの機器が良いのか」「どうやって使用すればいいのか」など使用するまでに意外とハードルがあるでしょう。

しかしCBDサプリに使用までのハードルは全くありません。

CBDサプリは、薬のようにカプセルを飲みこむだけで簡単にCBDを摂取することができます。

また専用の機器も必要ないので、CBDサプリだけを購入すればいいので費用を抑えることができるでしょう。

麻特有の苦み・臭みが全くない

CBD自体は無味無臭な成分ですが、CBDの効果を高めるため麻の他の成分も含まれていると独特の味や香りがしてしまいます。

もちろん好みによるとは思いますが、苦手な方も少なからずいらっしゃるでしょう。

その点CBDサプリならば、味わう必要もないので好み関係なく使用することができます。

以前CBDを試して苦手に感じた方もCBDサプリなら気にならないかもしれないので、1度試してみてください。

CBDサプリのデメリット

CBDサプリには他の製品にないメリットを見ることができますが、その反面デメリットも見られます。

ここではCBDサプリのデメリットをいくつかご紹介させていただくので、メリットと合わせてCBDサプリを検討する際の判断基準にしてください。

フレーバーを楽しめない

CBD製品全体の大きなメリットとして、「CBD製品のフレーバーを楽しむことができる」を挙げることができます。

CBDが人気になるにつれて、さまざまな種類のCBD製品が開発されてきました。

その中にはCBD製品を美味しく楽しめるフレーバーの開発も入っており、そのおかげもあってCBD製品を購入する際、自分の好みのフレーバーで選ぶことができるでしょう。

しかしCBDサプリは味わうためのCBD製品ではないので、味わうことはできません。

使用自体を楽しむことはできない

CBDリキッドなどの製品はCBDを蒸気にして吸うので、CBDを摂取する過程も楽しむことができます。

またCBDワックスのような製品は肌に塗ることができたり、口に含んだり、蒸気にして摂取したりと使用方法がいくつもあるので、好みの使い方を選ぶこともできるでしょう。

しかしサプリは普通の薬のように飲み込むだけなので、使用自体を楽しむことができません。

CBD量の調節がしにくい

CBDサプリは決められた量をカプセルの中に閉じ込めているので、自分で中身を調整してCBD量を変えることができません。

CBDサプリでCBD量を調節するには量の調整がしやすいCBDサプリをいくつかとる必要があるでしょう。

ただCBDサプリにもCBD量によっていくつかの種類があるので、自分に適したCBD量を見つけたら手軽に確実な効果を得ることができるでしょう。

CBDサプリは合法?捕まらない決定的な理由

先程も触れましたが、CBDの違法性について疑問を感じる方もいらっしゃるでしょう。

CBDは適切なCBD製品を使用している限り、捕まることはないので安心してください。

海外ではTHC(テトラヒドロカンナビノール)という危険な成分が合法なところもあるので、海外製品を使用する時は注意が必要です。

しかし日本で流通しているCBDは、麻の成熟した種や茎から抽出されている極めて安全なものです。

THCはもちろんのこと第三者機関による品質証明を受けているところがほとんどなので、粗悪なCBD製品もほとんどなく、安心して高品質のCBD製品を使用することができるでしょう。

またCBDは多少多めにとっても命の危険がある成分ではありません。

もちろん高濃度のCBD製品をいくつか同時に空けてしまうような非常識な使い方をしてしまえば、危険がないとは言い切れませんが、常識的な範囲で使用をする限り身体に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

CBDは私たちにたくさんの良い効果を与えてくれる成分でありながら、誰でも安心して使用することができるものなのです。

【要注意!】CBDサプリで気を付けたいこと

CBDサプリと医薬品を一緒に服用しては、絶対にいけません。

CBDは薬物相互作用を持っており、医薬品と一緒に服用すると薬の効果を強くしたり反対に弱くしたりしてしまいます。

意図した効果を期待できなくなるばかりか、危険性も格段に上がってしまうのでCBDサプリと医薬品を同時に服用しないようにしましょう。

またグレープフルーツと同時にとることもしてはいけません。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分はCBDや他の薬がもたらす効果に影響を与えてしまいます。

グレープフルーツのフラノクマリンCBDや薬の成分を普段よりも多く吸収させてしまい、効果が変わってしまう可能性があるので、CBDサプリとグレープフルーツは同時に摂取しないようにしましょう。

CBDサプリの保存方法

CBDサプリは常温で保存することができます。

CBD製品の中には、冷蔵庫で保存して使う時に暖めて使用する、といった保存方法がおすすめされている製品もありますが、CBDサプリにそれは必要ありません。

ただ直射日光に晒される場所に置いておくと中の成分が変質してしまう可能性があるので、常温で直射日光の当たらない場所で保管するようにしてください。

CBDサプリ まとめ

今回の記事では、CBD製品の中でもあまりメジャーではないCBDサプリについて説明してきました。

健康志向の方に人気を集めているCBDの別の形として、皆さんが興味を持ってくだされば幸いです。

デメリットもありますが、メリットと比べて自分の中でしっかりと吟味して使用していただければより良いCBDライフを送ることができるでしょう。

こちらもおすすめ