【2021最新】CBD製品には何がある?今話題のCBD製品を簡単に解説!

近年CBDが人気になるにつれて、数多くのCBD製品が開発されてきました。

そのためそれぞれの目的に合わせたCBD製品を見つけることができるようになっています。

そこで今回は、

「CBD製品って何?」
「CBD製品の種類や使いかたは?」

などの疑問に答えていきたいと思います。

CBD製品ってどんなもの?

CBD製品とは簡単に言ってしまえば、CBDが配合された製品のことです。

CBD種類

もう少し詳しく説明すると、健康的にも医療的にも良いとされているCBDを、誰でも気軽に摂取することができるように目的に合わせた最善の形にしたものがCBD製品というわけです。

CBD製品にはオイルやリキッドなどさまざまな形が存在しますが、それぞれにメリットがありデメリットがあります。

今回はそれらを交えつつ、CBD製品について詳しく説明していきたいと思います。

そもそもCBDとは?

そもそもCBD製品に配合されているCBDとは一体どういったものなのでしょうか。

CBDという成分は麻から抽出される植物性カンナビノイドの1種であり、正式名称をカンナビジオールと言います。

このCBDが持つ効果はいくつかありますが、有名なもので言うとリラックス効果です。

CBDの持つストレス緩和の効果と筋肉の緊張を解く効果によって自然にリラックスすることが可能で、寝る前にこの効果を発揮させれば睡眠の質を向上させることもできます。

さらにCBDの効果について掘り下げてみるとCBDは私たちが元々もっているECS(エンドカンナビノイドシステム)に作用して、健康を維持する役割も持っています。

ECSとは身体調節機能のことで、CBDはこのECSが正常に稼働させるのに欠かせない「内因性カンナビノイド」を補給することができるのです。

そのためCBDを摂取することによって、運動機能や免疫機能、記憶や学習などを正常な状態を維持することができます。また老化も抑えることができるので、アンチエイジング効果も期待できます。

このように豊富な効果を持つCBDは、WHOにも正式に医療的有効性を認められているので、信頼性の高い成分であると言えます。

しかしそんなCBDでも副作用は存在します。

CBDの副作用には、強い眠気や頭痛などを挙げることができますが、症状は一般的な医薬品と比べても軽度な場合が多く、使用方法を見直すことで大きな改善を図ることができます。

副作用は決して侮っていいものではありませんが、CBDの副作用はそれほど強いものではないので、警戒し過ぎる必要もないでしょう。

CBDを使用する際、最も大事なことは自分に適切な量のCBDを摂取することです。

自分が効果を感じられるのであれば、それが多くても少なくても適切な量となるので、自分に合ったCBDの量を見つけて使用するようにしましょう。

日本で人気のCBD製品BEST5

最近では健康目的でCBD製品を使用される方も増えてきていますが、そんなCBD製品には一体どのような種類があるのでしょうか。

CBD製品は健康目的、美容目的それぞれの目的に合わせた形に進化していっています。

ここではそんなCBD製品の中でも、確かな人気をもっているものを5つ紹介していきたいと思います。

自分がどのような目的でCBD製品を使っていきたいか、考えながら読んでみてください。

1.CBDオイル

CBDオイル

CBDオイルはCBD製品の中で、最も人気のあるCBD製品と言っても過言ではありません。

オリーブオイルやココナッツオイルといったキャリアオイルの中に、CBDを配合して作られるCBD製品で、CBDを摂取することが簡単なCBD製品となっています。

CBDオイルは直接口に含む「経口摂取」という方法で、CBDを摂取するので他のCBD製品とは違い特別な機器を使用する必要がありません。CBDオイルは購入し、手元に来た瞬間から即座に使えるので煩わしい手順も必要ありません。

ただCBDは消化器官を通って吸収されてしまうと、実感できる効果が薄くなってしまいます。CBDオイルを最も効率的に摂取したい方は、CBDオイルを垂らす際は舌の下に垂らすようにしてください。

人気なCBD製品として盛んに開発されているので、フレーバーも豊富にあり、きっとお好みのCBDオイルを見つけることができるでしょう。

2.CBDグミ

CBDグミ

CBD製品のタイプにはCBDエディブルという、CBDを食べて摂取することを目的とした製品があります。

その中でも不動の人気を持っているのがCBDグミです。

CBDグミは、その名の通りCBDが配合されているグミのことで、美味しくお手軽に食べることに特化しています。

一粒食べるだけで1日のCBD量を摂取できるものや、CBD量を調節しやすいものまで使用方法に合わせたCBDグミが販売されています。

また美味しく食べることを目的としているため、CBD製品にありがちな苦みや癖を感じないフルーティーなフレーバーが豊富に揃えられています。

日頃グミを食べているように、CBDグミは何の抵抗もなく日常に溶け込み、CBDを摂取することができるので、CBDを摂取することに少しでも抵抗がある方におすすめです。

ただCBDオイルと同じようにCBDを吸収する際、消化器官を通ってしまいがちなので、CBDグミの効果を最大限引き出したい方は舌の下で舐めてみてください。

3.CBDリキッド

CBDリキッドは「加熱気化吸入」という方法で使用するCBD製品です。

VAPEや電子タバコと同じように使用するため、CBD吸って摂り入れること自体を楽しむことができます。

CBDリキッドを加熱し、蒸気にしたものを吸込むことでCBDを肺の毛細血管から吸収することができます。消化器官などを通らずに直接摂り入れることができるため、非常に効率的にCBDの効果を実感することが可能です。

ただ、CBD効果の持続時間は他のCBD製品と比較してみると劣ってしまうものもあるので、持続性を求めるなら吟味する必要があるでしょう。

しかし蒸気を肺にいれ5~10秒ほど溜めておくだけで、高い効果を即座に得ることができるので、忙しい時や寝る前にリラックス効果を得たい方におすすめのCBD製品です。

専用の機器を使用する分費用は多少膨らんでしまいますが、確かな効果を感じることができるので、是非お試しください。

4.CBDワックス

さまざまなタイプのCBD製品の中で、最強とも言えるのがCBDワックスです。

CBDワックスは「超臨界二酸化炭素抽出」という特殊な方法で抽出されたフルスペクトラムCBDを使用していることがほとんどで、60~90%ととんでもなく高いCBD濃度を持っています。

ただでさえ高い濃度の上、さらにフルスペクトラムタイプのCBD製品の特徴、アントラージュ効果も期待することができるので、正に最強。一吸いすれば、強烈なCBD感を味わうことができ、直ぐに効果を感じることもできるでしょう。

使用方法は直接口に含む「経口摂取」、加熱した蒸気を吸引する「加熱気化吸入」、肌に直接塗る「経皮摂取」と3つの方法から目的に合わせた使用方法を選択することができるでしょう。

ただCBDワックスは特殊な方法で最高のCBDを抽出しているので、生産にどうしてもコストが掛ってしまい、CBDワックス自体の値段も高めです。

それでも他のCBD製品では満足できなかった上級者の方からでも非常に満足できるCBD製品となっているので、気になった方はお試しください。

5.CBDクリーム

健康目的のCBD製品が多い中で、美容を目的としたCBD製品があります。それがこのCBDクリームです。

CBDクリームとはそのままの意味で、CBDが配合されたクリームのことで、普段使っているボディークリームの代わりに使用することができます。

CBDの持つ抗酸化作用・抗菌作用・抗炎症作用を目的としており、ニキビやシミなどの肌トラブルの改善はもちろんのこと、ターンオーバーの改善などにも期待することができます。

使用する際の注意点として、あまり厚く塗りすぎると生活の中で落ちてしまう可能性があるので、できるだけ薄く塗るようにしてください。

CBDクリームは経皮摂取でCBDを取り込むため、直ぐに効果が現われるわけではありません。じっくりと時間を掛けて長い間効果を発揮してくれるので、寝る前やお風呂の後などにおすすめです。

肌の改善と肌の維持、リラックス効果や睡眠の質の向上を同時に見込めるCBDクリームに興味がある方は、是非チェックしてみてください。

CBD製品は合法?捕まらない理由

CBD製品に配合されているCBDが、マリファナの原料にもなる「麻」から抽出されていると知って「使用すれば捕まってしまう」と不安を感じた方もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、CBDを使用しても捕まることはありません。

マリファナが違法な理由は含まれる成分に「THC」という成分が入っているからです。

このTHCという成分は、ハイにさせる精神活性作用・依存性・幻覚作用・酩酊作用など脳や身体に悪影響を与えてしまい、継続して使用していれば最悪の場合、死の危険に陥ってしまう違法な成分です。

日本ではこの成分を規制するため大麻取締法と麻薬及び向精神薬取締法によって違法と定められているわけなのですが、CBDはこれらの法によって規制されていません。

使用しても身体に甚大な悪影響を及ぼす可能性はなく、命を危険に晒すこともないCBDは日本でも極めて安全で合法な成分であるとされています。

そのため日本の基準に則ったCBD製品を使用している限り、逮捕されてしまうこともないので安心してください。

【経験別】おすすめのCBD製品とは?

ここでは実際に試してみて、確かな効果を感じることができたCBD製品について経験別に紹介していくので、CBD製品を購入する時に参考にしてみてください。

CBDをこれから始める方はオイルとグミがおすすめ!

CBDオイルなら hemptouch Amber Gold

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、HemptouchのCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出されるCBDを使用しています。

そのため多彩なカンナビノイドを含みアントラージュ効果を期待できるブロードスペクトラムタイプのCBDオイルとなっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使っておらず、さらに第三者機関による厳しい検査をクリアしているので、小さいお子様でも安心して使うことができます。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みや癖があるので好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDの効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、初心者の方でも自分に適したCBDオイルを見つけることがきるので是非お試しください。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

CBDグミなら RECLIA CBD140mg

  • 価格 980円
  • 容量 28g(7粒)
  • CBD含有量 140mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 20mg
  • CBD1mgの値段 7円


CBDを初めて使用する方におすすめするのがこのRECLIAのCBDグミです。

RECLIA CBDグミが特に優れているポイントは、「業界最安価」「安全性が非常に高い」「パッケージがおしゃれ」の3つです。

CBDグミを買う時、まず気になるのは「価格」でしょう。CBD製品は高価なものが多く、価格が原因でためらってしまう方は少なからずいらっしゃいます。

しかしCBD初心者フレンドリーをコンセプトに作られているRECLIAのCBDグミは、1粒当たりの価格が98円と業界最安値な上、CBDが20mgも配合されているのでコスパが良く初心者の方でも気軽に始めることができます。

さらにこのRECLIA CBDグミの安全性は非常に高いものと言えます。

第三者機関のテスト・監視によって違法性のある「THC」を徹底的に排除しているため、違法性はなく安心して使用することができるでしょう。

パッケージがおしゃれなのも大切なポイントの1つです。

CBDグミは気軽にCBDを摂ることができるというメリットを持っています。RECLIA CBDグミのようにおしゃれなパッケージであれば、どこでも周りの視線を気にすることなくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:コスパが良い・安全性が高い・パッケージがおしゃれ
デメリット:少しCBDの含有量が低い

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

効果以外も楽しみたい中級者にはCBDリキッドがおすすめ!

CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格 4,400円
  • 濃度 30%
  • 容量 1ml
  • CBD含有量 300mg
  • CBD1mgの値段 14.6円


2020年に新設されたCBDブランド「CHILLAXY」は、CBDを利用してストレスに満ちた現代社会にCHILL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)を提供してくれます。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時に使うのにうってつけです。

フレーバーには、

  1. チェリーパイ(チェリーパイのような香り)
  2. ミントクッキー(チョコミントクッキーのような香り)
  3. ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)
  4. ストロベリーコフ(ストロベリーとスパイス香り)
  5. ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)


などを含めた全12種類もあり、自分の好みのフレーバーを選ぶことができるでしょう。

確かな濃度の豊富なフレーバーを試してみたい方におすすめのCBDリキッドです。

ただCBDリキッドは専用の機器を使用としているため、CBDオイルやCBDグミよりも高くなる可能性があります。

そのためCBDの効果を慣れてきて、次ぎのCBD製品を試してみたい中級者向けのCBD製品となっています。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が比較的少なめ

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

CBDヘビーユーザーの上級者には超高濃度なワックスがおすすめ!

CHILLAXY CBDワックス オージークッシュ

  • 価格 6930円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 90%
  • CBD含有量 900mg
  • CBD1mgあたりの価格 7.7円


CHILLAXYのCBDワックスには、「オージークッシュ」「マウイワウイ」「ブルーズキットルズ」の3種類あり、どれもCBD濃度90%と非常に高濃度なCBD製品となっています。

CBD濃度90%と超高濃度を誇るこのCBDワックスは、集中力を高めたい時やリラックスしたい時に他のCBD製品では感じることのない強烈なCBDを感じることができるでしょう。

リキッドやCBDエディブルなどで美味しさを求めるよりも、既にCBD製品に慣れてきて、もっと強い効果や強烈なCBD体験を感じたい上級者の方は、是非このCHILLAXYのCBDワックスを使用してみてください。

メリット:美味しい・高濃度・コスパ良の三拍子揃っている
デメリット:美味しいのでつい使いすぎて効きすぎてしまう

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

CBD製品を使う際の注意事項

CBD製品を使用する際に気を付けておくべきことがあります。

それは医薬品と同時に服用してはいけないということです。

CBD濃度が高いCBD製品を使用した場合、医薬品の効果を変えてしまう薬物相互作用を引き起こす可能性があります。

CBDと医薬品を一緒に服用して深刻な問題が起きた事例はあまり見られてはいないようですが、意図しない効果が現われてからでは遅いので、一緒に服用することは避けるべきでしょう。

またグレープフルーツなどとの食べ合わせにも注意が必要です。

グレープフルーツやオレンジなどに含まれる「フラノクマリン」という成分は、血管内に吸収される薬の成分の量を変えてしまう効果を持っています。

そのため、普通よりも多い成分を吸収してしまい、狙った効果を得ることができなくなる可能性があるので食べ合わせ、そしてグレープフルーツジュースなどとの飲み合わせには注意しておいてください。

CBD製品 まとめ

今回はCBD製品について、CBDの持つ効果・CBD製品の種類・捕まらない理由・おすすめのCBD製品などのポイントから詳しく説明してきました。

健康をサポートしてくれるCBD製品は、きっと皆さんをより豊かな生活に導いてくれるでしょう。

CBD製品に興味を持った方も、既にCBD製品の魅力に気付いている方も、自分に合ったCBD製品を使用してCBDライフを楽しんでいただければ幸いです。

こちらもおすすめ