CBDアイソレートとは?2分でわかりやすく解説します!

メディアで大きな話題を呼んでいるCBDですが、CBDについて調べていくと「CBDアイソレート」というキーワードをよく見かけると思います。

お気に入りのCBD製品を探しているのに、「CBDアイソレート」や「ブロードスペクトラム」などよく分からない言葉が出てきてしまうとせっかくのやる気も削がれてしまうでしょう。

そこで今回は、

「CBDアイソレートって何?」
「フルスペクトラム・ブロードスペクトラムとの違いは?」

これらの疑問に答えつつ、CBDアイソレートについて詳しく解説していきたいと思います。

CBDアイソレートとは?

CBDアイソレートとは一体どのようなものでしょうか?

CBDアイソレートとは麻からCBDだけを抽出・分離させて生成する結晶のことを指しており、麻から抽出・分離される他の成分は一切入っていません。

CBDしか入っていないので、アイソレートと表記があればTHCへの心配は必要ないでしょう。

またこの方法で生成されると純度99%以上を誇るCBD結晶の粉末になるので、このCBD粉末自体は「アイソレート」「クリスタル」「パウダー」という名前で販売されています。

このように基本的にCBDアイソレートは「CBDのみ」という意味で覚えていただければ問題ないでしょう。

そもそもCBDとは?

CBDアイソレートとはCBDのみを指すことは分かっていただけたと思います。

さらにCBDアイソレートについて掘り下げるためには、そもそもCBDとは何なのかを知る必要があります。

ここではCBDそのものについてCBDの概要・CBDの主な効果・CBDの危険性と副作用について詳しく解説していくので、既にご存知の方は読み飛ばしてください。

それではCBDとは何か、見ていきましょう。

CBD概要

CBDとはマリファナなどと同じ原料である麻から抽出することができる植物性カンナビノイドの1種、カンナビジオールの略称です。

マリファナと聞いて少し心配になった方もいると思いますが、安心してください。

CBDは極めて安全で合法な成分です。

CBDが抽出される麻の部位は成熟した種や茎です。

大麻取締法によって規制されている麻の部位は「成熟した種や茎以外の部位」と決められているので、CBDが抽出される部位に違法性はありません。

そもそも大麻取締法とは「THC」という成分を規制するためのものでもあります。

麻の成熟した種や茎以外から抽出されるTHCという成分は、マリファナから想像できるハイになる効果・依存性・酩酊効果などを引き起こし、継続して使用すると身体や脳に悪影響を及ぼします。

そのため日本ではTHCを禁止し、身体に悪影響を及ぼさないCBDは禁止されていないのです。

CBDの主な効果

CBDが持つ効果には、主にECSへの働きかけとリラックス効果、医療効果があります。

まずECS(エンドカンナビノイドシステム)とは、人間が持つ身体調節機能のことで、学習・記憶・運動機能・感情抑制などを調節しています。

CBDはこのシステムに働きかけ、正常に維持する役目を担うことができるのです。

これだけでもCBDのもたらしてくれる効果は大きいのですが、CBDの効果はそれだけではありません。

CBDはこのストレス社会で生きる私たちのストレスを緩和してくれる効果を持っています。

CBDを使用すると、ストレスを緩和し筋肉の緊張をほぐすことでリラックスさせることができるのです。

また寝る前にこの効果を発揮させれば、睡眠の質を向上させ、睡眠障害から脱却する助けにもなるでしょう。

さらにCBDにはWHOが認める医療効果も備えています。

CBDが持つ

  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用
  • 抗菌作用
  • 抗不安作用
  • 抗がん作用
  • 鎮痛作用

などは日常に潜むニキビやシミなどの肌トラブルの改善や肥満などを引き起こす生活習慣の改善なども助けてくれるでしょう。

またてんかん症候群などの難病の治療薬にもなっているので、CBDの持つ影響力は計りきれません。

このようにCBDは非常に多くの効果を持っているので、多くの方の希望を叶えることができるでしょう。

CBDの危険性と副作用

CBDには多くの効果が備わっている一方で、副作用も存在します。

主な副作用には、イライラ感や食欲の変化、眠気などが症状としてでるようです。

ただCBDの副作用は、一般的な医薬品と比べても軽度なものが多いので副作用にあまりネガティブになる必要もないでしょう。

またCBDは過剰に摂取しても、身体に悪影響を及ぼすことはありません。ある研究では、普通では1日で摂ることのない1500mgというCBDを摂取しても何の問題もなかったことが確認されています。

だからといってCBDを大量にとってはいけませんが、CBDが持つ危険性は非常に小さいと言えるでしょう。

CBDアイソレートのメリット

CBDがどのような成分で、どのような作用を持つかは分かっていただけたと思います。

そんなCBDのみを抽出・分離したCBDアイソレートには一体どのようなメリットがあるのか、解説していきたいと思います。

安全性が非常に高い

マリファナなどが法律で規制されている理由は麻に含まれるTHCの危険性が高いからです。

そのため先程も触れたように日本では取り扱うことができる部位が規制されているのです。

しかしCBDアイソレートは純度99%以上のCBD。

つまり危険性の高い成分は含まれていないので、CBDアイソレートであれば安全性が非常に高いと言うことができるでしょう。

多様な使い方ができる

CBD自体には味も香りもありません。

つまりCBDだけのCBDアイソレートも無味無臭なため、他のCBD製品に混ぜても邪魔をすることなく使用することができます。

もしCBD濃度の低いCBD製品にCBDアイソレートを加えれば、そのCBD製品のCBD濃度を飛躍的に高めることもできるでしょう。

またCBDはコーヒーなどのドリンクに混ぜて使用しても問題ありません。

お好みのドリンクを飲む際にCBDアイソレートを加えれば、美味しく楽しみながらCBDも摂取することができます。

ただ、CBDは温度が高いとCBD効果のパフォーマンスが落ちてしまうので、冷たいドリンクに入れることをおすすめします。

CBDを効率的に摂取できる

CBDの吸収効率はお酒と少し似ています。

お酒の場合、テキーラのように度数が高ければ高いほど、少ない量でも直ぐに酔うことができます。

それはCBDでも同じです。

CBDはCBD濃度が高いほど、その効果を実感しやすくなります。

なぜなら高いCBD濃度を誇るCBD製品であれば、少ない容量の中にもたくさんのCBDを含むことができるからです。

もちろん個人差はありますが、CBDアイソレートタイプのCBD製品を少し使用すれば、十分なCBD量を摂取することができ、効果を効率的に実感することができるでしょう、

CBDアイソレートのデメリット

CBDアイソレートにメリットがある一方でデメリットも存在します。

続いてCBDアイソレートのデメリットについて見てみましょう。

継続しての使用に不向き

CBDの特徴の1つに、CBD単体の使用を継続してしまうと実感できるCBDの効果が薄れていってしまう「釣鐘状用量反応」という特徴があります。

麻から抽出された他の成分と同時に摂取することで、この特徴を打ち消すことができるのですが、CBDアイソレートだけではそれはできません。

しかしこのデメリットはCBDアイソレートのメリットで補うことができます。

CBDアイソレートは他のCBD製品を邪魔することなく、品質を高めることができますから、アイソレートタイプではない他のCBD製品と同時に使用、または混ぜ込むことによって、このデメリットをなくすことができるでしょう。

CBDアイソレートを上手く使用して、デメリットを補うように使ってみましょう。

比較的高価なものが多い

CBDアイソレートはCBDしか入っていないのだから、他のCBD以外にも入っているCBD製品よりも安いはず、と思った方もいらっしゃったかもしれません。

しかしCBDアイソレートを生成する工程は、他の成分も含むフルスペクトラムタイプやブロードスペクトラムタイプよりも増えてしまいます。

そのせいで生成するにもコストが掛ってしまい、CBDアイソレートは他の製品と比べて効果になってしまいがちなのです。

それでもCBDを効率良くとれるので、コスパよりも効率を求める方にはCBDアイソレートをおすすめします。

【誤解注意!】よく間違えられるフルスペクトラムとは?

CBDアイソレートは麻からCBDのみを抽出したもののことですが、CBDアイソレートとは違い、CBD以外の成分も配合されているCBD製品があります。

それが、「フルスペクトラム」とよく似た「ブロードスペクトラム」と呼ばれるものです。

フルスペクトラム

フルスペクトラムとは、麻から抽出される成分が全て余すことなく含まれているCBD製品のことです。

麻の魅力を全て詰め込んだようなこの製品は、アントラージュ効果(成分同士の相乗効果)を最大限発揮することを期待することができます。

ただ含まれる成分の中にはTHCも入っているので、日本でフルスペクトラムのCBD製品は使用することができません。

海外のCBD製品はフルスペクトラムのものもあるので、CBD製品を購入する際は注意してください。

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムのCBD製品にも、フルスペクトラム同様にCBD以外の成分も含まれています。

ただフルスペクトラムと違う点は、全ての成分を含んでいるわけではないということです。

ブロードスペクトラムにはTHCが入っておらず、日本でも使用することができます。

CBDの効果を引き出すアントラージュ効果を体験してみたい方はこのブロードスペクトラムのCBD製品を使うことをおすすめします。

アイソレートとフルスペクトラム、ブロードスペクトラムの違い

フルスペクトラム、ブロードスペクトラム、前の項でそれぞれについて解説をしてきました。

ここではフルスペクトラムとブロードスペクトラムの両方とCBDアイソレートと比較した時、一体どのような違いがあるのか、いくつかのポイントを交えて説明していきます。

麻特有のフレーバー

CBDアイソレートは無味無臭と言いましたが、フルスペクトラムとブロードスペクトラムのCBD製品には麻特有の香りや味があります。

苦みを感じるフレーバーなので好みが分かれるところですが、この麻特有のフレーバーが癖になる方もいらっしゃいます。

このようにCBDアイソレートは人を選びませんが、フルスペクトラム、ブロードスペクトラムは使用する人を選ぶと言えるでしょう。

アントラージュ効果

アントラージュ効果とは、麻に含まれる多彩な種類の成分を同時に摂取することによって起こる相乗効果のことです。

CBDアイソレートにはCBD以外に他の成分が入っていないので、このアントラージュ効果を期待することはできません。

CBDを安全にはじめるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBDアイソレート まとめ

今回の記事では、CBDアイソレートの詳しい説明と共にフルスペクトラムやブロードスペクトラムについての説明もしてきました。

CBD製品を選ぶ際に頻繁に目に留まるこれらのキーワードを覚えておけば、お気に入りのCBDを見つけるのに非常に役に立つでしょう。

CBDアイソレートを使用して、より充実したCBDライフを過ごしていただければ幸いです。

こちらもおすすめ