高濃度CBDワックスは違法?逮捕されないCBDワックスの基準とは

最近SNSやメディアで話題を集めているCBD。

そんなCBD製品の中でも、最も効果を実感しやすいCBDワックスについて興味を持った方の中には

「CBDワックスは本当に違法ではないのか?」
「安全なCBDワックスの見分け方を知りたい!」

といったお悩みを持った方もいるのではないでしょうか

確かにCBDワックスは大麻草から抽出される成分で作られているため、日本では違法と思われるかもしれません。 

しかし結論から言えば、CBDワックスは完全に合法です。

使用しても捕まることはありませんので安心してください。

この記事では、CBDワックスはなぜ違法ではないのか、その理由や国内にけるCBDの法規制、安全で高品質なCBDワックスの見分け方などについて解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDワックスは完全に合法
  • THCが入っているCBDワックスは違法
  • 麻の茎・種以外から作られたCBDワックスも違法

そもそもCBDとは

CBDワックスはなぜ使用しても違法にならないのでしょうか?

その答えを見つけるにはCBDワックスの成分、CBDについて知る必要があります。

大麻と同じ原料からできているCBDと聞けば、ネガティブなイメージが強い為少し身構えてしまうかもしれません。

しかしCBDは法律面でも健康面でも安全性の非常に高いものなので安心してください。

CBD概要

CBDとはカンナビジオールの略称であり、大麻の原材料である麻に含まれる1種の成分です。

大麻の主原料ではあるものの、作られる製品は全く別物です。

そもそも使用する「麻」の部位も含まれる成分も違うため、得られる効果も違います。

大麻草の中で違法な部位は、葉や根です。それに対して日本での使用が認められている合法な成分は茎や種子からのみ抽出されたものです。

違法ドラッグのマリファナを使ってハイになったりするのは、原料に含まれる「THC」が原因です。

THC(テトラカンビナノイド)とは麻の葉、花、根に含まれる成分のことで、心身への甚大な悪影響を及ぼす他、強い依存性もある非常に危険な成分です。

これは日本では違法とされているためそれを含む製品を使用したり、所持していれば捕まります。

しかしCBDワックスは「THC」を含んでいないので、ハイになって依存してしまうことを心配する必要はなく、違法性も全くありません。

心身のリラックス効果やストレスの緩和を助け、質の良い睡眠を得ることも出来ます。

このように様々な医療効果を期待出来るCBDはまさに良薬と言えるでしょう。

そして今、それを証明するかのように世界中の人々がCBDに感心を向けています。

CBDの主な作用

CBDは医療的に様々な良い効果を持つと言われていますが、その効果とは一体何なのでしょうか。

CBDは体内で様々な受容体に作用し、CBDの持つ基本的特徴が加わることで医療的価値を高めてくれるのです。

CBDを摂取すると

  • 依存症、うつ病、PTSD、睡眠障害などの精神的疾患
  • 喘息、がん、糖尿病などの身体的疾患
  • アルツハイマー病、てんかん症候群などの神経学的疾患
  • 片頭痛、自己免疫疾患、肥満、皮膚病などその他の疾患

軽く挙げただけでも身近にある多くの疾患に高い効果を期待することが出来ます。

CBDが持つ基本的な効果である抗不安作用は、私達が身近に感じることの出来る「うつ病」や「PTSD」「肥満」「皮膚病」などに対して非常に高い効果を発揮します。

  • 日々の生活の中で蓄積されたストレス
  • 対人関係や将来への不安
  • ニキビやシミなどの肌トラブル

CBDワックスは利用すれば、これらのお悩みを改善させる手助けになる効果期が待できるでしょう。

このようにCBDは身体的にも精神的にもプラスの効果をもたらすものです。

CBDの主な副作用と危険性

いくら有用なCBDだとしても副作用が全くのゼロと言うわけではありません。

CBDを使用するに当たっての主な副作用としては、眠気、下痢、食欲減退、イライラ感などがあります。

副作用と聞くと不安を覚えるかもしれませんが、それほど重く受け止める必要はありません。

なぜなら用法を守って使用する場合に関しては、副作用が出たとしても非常に軽度なものだからです。

皆さんが日常的に使用している風邪薬、そこにも多くの副作用があらわれる危険性が記載されています。

寧ろCBDは市販の薬よりも副作用のリスクは少ないと言えるでしょう。

それでも副作用を感じることがあれば、使用頻度の見直しや自分に合った製品を見つけるなどの工夫をすることで対処できます。

CBDワックスとは

ここまでの内容で、CBDのことについては十分異理解を進めることが出来たと思います。

ここからはそんなCBDを配合した製品、CBDワックスについて解説をしていきます。

CBDワックスとは

CBDワックスとは、おおまかに言えば、麻の成分を抽出し生成した製品のことです。

基本的にフルスペクトラム(麻の茎や種を生絞りしたもの)のCBDワックスが多く取り扱われています。

CBDワックスの形状は液体と固体の間くらいで、少し固めのハチミツのような物が一般的ですが、「シャッター」と呼ばれる完全に個体のものもあります。

そんなCBDワックスの特徴としては、CBDの濃度が圧倒的に高いことが挙げられます。

CBDワックスは「超臨界抽出」という特殊な方法を使って作られた製品であり、CBD濃度が60~99%と非常に高い濃度を誇っています。

濃度の高さは、お酒のアルコール度数をイメージしてもらえれば分かりやすいと思います。

アルコール度数の低いビールよりも度数の高いテキーラの方がガツンと来ますよね。

それはCBDでも同じことです。

より濃度の高いCBDワックスを使うことによって効率的に効果を得ることが出来るのです。

他のCBD製品、例えばCBDオイルの濃度が3~10%に比べて、90%を超えるもの存在するCBDワックスは、CBDの効果を最大限感じられる製品であると言えるでしょう。

CBDワックスは麻そのものを楽しみたい方に向けた製品であり、今人気が高まってきています。

CBDワックスの種類

CBDワックスは固形状とジェル状の2種類に分けられます。

固形状のワックスとは、その名の通りワックスを砕いた固形のワックスの事を指します。

硬さも振ればカシャカシャと音を立てるものやしっとりとしたものもあります。

固形タイプにはシャッターワックスとクランブルワックスの2種類を挙げることができます。

ジェル状のワックスは、「ジェルワックス」と呼ばれており、油を固めたような硬さのものから、蜂蜜のようにとろりとした粘度の柔らかいものまで様々なタイプがあります。

CBDワックスと他のCBD製品の違い

CBDワックスは濃度を始め多くの特徴を持つCBDワックスですが、その中でも最も大きな特徴は、麻本来の魅力を十分に引き出すことが出来るという点です。

CBD製品で代表的な物はCBDオイルで麻から取り出した成分にキャリアオイルと呼ばれる物を混ぜたものです。

CBDオイルは製造過程において味や香りなどに手を加えることが出来る万能型の製品ですが、その分CBDとは別の余計ん成分まで含まれてしまっています。

それに対しCBDワックスは作られる際に生成される成分にはほとんど手を加えていません。

余計な手間を掛けていないため、麻特有の味や香りを非常に強く感じ、楽しむことができます。

CBDパウダーやCBDアイソレートと言ったCBD100%の製品とCBDワックスを比較してみるとCBDワックスにはCBD以外にも多くの成分が含まれているため、それらによる相乗効果を期待することが出来ます。

つまりCBD以外の力を借りることによって麻の力は120%引き出され、CBDの効果を最大限感じることが出来るのです。

また、CBDワックスはその使用方法にも他の製品との違いがあります。

最もスタンダードな使用方法は専用のヴェポライザーを使って加熱し、その発生した煙を吸入する方法です。

その他にも直接口に含んだり、局所的な部位に塗布することで、ピンポイントにCBDを届けられ、炎症を鎮めたり、痛みを緩和させたりする事が出来ます。

1つの使用方法に縛られないCBDワックス、自分に合った使い方を是非探してみてください。

こんなCBDワックスは違法

CBDワックスについて解説してきましたが、その選び方には注意が必要です。

よく分からない怪しいものを購入してしまうと違法な成分が含まれており、逮捕されてしまうかもしれません。

違法か合法か自分の目と知識で見極められるようになるためにも、ここで解説する3つの判断基準を意識しましょう。

THCが混入している

先程少し述べましたが、麻から抽出される成分の1つに「THC」と呼ばれる成分があります。

これは皆さんが大麻と聞いて思い浮かべるイメージの主成分です。

THCが含まれているCBDワックスを使用するということは、大麻取締法上、麻薬を使用していることと変わらず、THC入りのCBDワックスは、強い依存性から中毒になって普段の生活を壊してしまうだけでなく、警察に逮捕されまてしまいます。

HCが少しでも混ざっている製品を間違っても購入してしまわないように、CBDワックスを選ぶ際には十分に注意しましょう。

THCとCBDの違いが曖昧だと大変危険なので、下記の記事チェックしてしっかり理解しましょう↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

生産元が不透明

生産元がよく分からないCBDワックスを使用することも大変危険です。

せっかくCBDワックスを試してみようとしても、生産する段階で余計なものを混ぜ込まれている危険性もあるため、買った本人に自覚がなくても、含まれている違法成分が原因で逮捕。なんてことが起こりうるかもしれません。

そのため皆さんは、どこで生産されて、何が成分として含まれているのかをしっかりと吟味して選んでみてください

海外産のCBDワックスは危険

基本的に国産のCBDワックスは皆さんの信用に応えることが出来ます。

原料を輸入して国内でCBDワックスに加工する際、厳密な検査を通る必要があるからです。

しかし海外の製品にはそれがありません。

法も違えば認識も違っているため、先にも挙げたTHCが混入している危険性もちろんあります。

また、海外のCBD企業やメーカーの中には、濃度を濃くみせるために余計な成分を加え、とろみを付けて粗悪なリキッドを販売している企業もあります。

そのような粗悪なCBD製品によって使用した方が亡くなるといったケースもいくつかありるので、海外産の危険なCBDワックスには注意しましょう。

良質なCBDワックスの3つの選び方

先程は注意すべきCBDワックスについて解説しました。

その上で疑問に思われた方もいるのではないでしょうか。

「じゃあ、どうやって安全なCBDワックスを選べば良いの?」

ここでは、はそんな疑問を解消する、違法性が低い安全なCBDワックスの3つの選び方について解説していきます。

THCフリー表記がある

THCとは大麻など麻薬に含まれている日本では禁止されている成分です。

THCが少しでも含まれていれば、それを使用することは出来ません。

THCが含まれているのか、いないのか、それを明確に確認することが出来るのが「THCフリー表記」です。

THCフリーと書かれているCBD製品にはTHCが全く含まれていない完全に合法製品ですので安心して使用することが出来ます。

THCフリー表記はCBD製品を買う前には絶対に確認しておきたい項目の1つです。

高濃度で第三者機関による品質証明があるもの

高濃度であるかどうかも製品を判断する上では重要にしたいポイントです。

CBDワックスの最大の魅力は、その他製品を圧倒するCBD濃度にあると言っても過言ではありません。

せっかくCBDワックスを使用しても、濃度の低い粗悪な製品だと満足のいく効果が得られなでしょう。

粗悪な製品が原因でCBDワックス自体を諦めてしまうことは非常に勿体ないので、CBDワックスを選ぶ際にはしっかりと高濃度が保証されている製品を選ぶようにしましょう。

高濃度の物であれば、比較的簡単に効果を実感することが可能ですから、CBDに対する信用性も上がります。

また、高品質なCBDワックスを選びたい時、安心出来る一般的な判断基準として「第三者機関の品質証明を受けているか」が挙げられます。

CBD製品はFDA(食品などを取り締まるアメリカ合衆国の政府機関)による管理を受けていません。

そのため企業の品質管理が重要となってくるのですが、第三者試験機関においての検査試験を行ない、徹底した品質チェックが行なわれているCBDワックスなら安心して使用できます。

第三者機関による検査試験の内容には

  • THCが全く含まれていないか
  • CBDの純度や品質は良好か
  • カビや細菌などの有害物質が混入していないか

などがあり、これらの厳格な基準に達したCBDワックスのみ、品質の保証がされています。

CBDワックスを探している際にこの証明がない場合、その製品は違法性の低い安全なものだと確認できませんので、CBDワックスを購入する際には必ず第三者機関による品質証明がある製品を選びましょう。

口コミ評価がいい

皆さんも口コミの有用性は日常の中でも実感していると思います。

ネットで商品を買う場合はもちろんのこと、身近にいる人にも相談されたことがあるでしょう。

それはCBDワックスにおいても同じであり、どれくらいの効果が期待できるのか等、実際に使用したことのある方にしか分からない情報を得ることが出来ます

さらに、個人差はありますが、メーカや販売会社が隠しておきたい「CBDワックスの副作用」についても生の声で確認することができます。

消費者目線の評価を見ることが出来る口コミ評価は、きっと皆さんのCBDワックス選びを助けてくれるでしょう。

CBDワックスを始めるなら

CHILLAXY CBDワックス オージークッシュ

  • 価格 6930円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 90%
  • CBD含有量 900mg
  • CBD1mgあたりの価格 7.7円

2020年に新設されたCBDブランド「CHILLAXY」は、ストレスに満ちた社会にCBDでCHILL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)を提供します。

CHILLAXYのCBDワックスには、「オージークッシュ」「ブルーズキットルズ」「マウイワウイ」の3種類あり、どれもCBD濃度90%と非常に高濃度なCBD製品となっています。

90%の濃度を誇るこのCBDワックスは、集中力を高めたい時やリラックスしたい時に他のCBD製品では感じることのない強烈なCBDを感じることができるでしょう。

リキッドやCBDエディブルなどで美味しさを求めるよりも、もっと強い効果や強烈なCBD体験を感じたい方は、是非このCHILLAXYのCBDワックスを使用してみてください。

メリット:美味しい・高濃度・コスパ良の三拍子揃っている
デメリット:美味しいのでつい使いすぎて効きすぎてしまう

<CHILLAXY CBDワックスの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

100種以上の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDワックスTOP10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/29/cbd-wax-best10/ target=blank]

CBDワックス違法 まとめ

今回はCBDワックスが違法でない安全な製品であることについて、所持、使用しても違法ではない理由、違法性のあるCBDワックスの特徴、安全かつ良質なCBDワックスの選び方などの様々な方向から解説をしました。

CBDワックスについて興味をもたれた方の中には、どうしても大麻と同じ原料から抽出されたCBDワックスのネガティブなイメージが拭えなかった方もいたでしょう。

今回の記事を読んで「CBD=安全」だということ理解し、安心して自分に合ったCBDワックスを楽しんでいただければ幸いです。

こちらもおすすめ