CBDリキッドは本当にキマる?最短でキメる3つ方法とは

大麻やマリファナの原料の麻の成分であるCBD

「興味があって使ってみたいけど本当にキマるの?」
「CBDリキッドが一番キマるって聞いたけど本当?」

こんな疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、CBDリキッドの効果や効率よくキメる方法、キマるCBDリキッドを見分けるポイントまで徹底解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDはキマるが「ハイ」になることはない
  • CBDでキメるポイントは量より使用方法
  • キマるCBDリキッドの見分け方には3つのポイントがある

CBDリキッドはキマるのか

メディアやSNSなどで話題になっているCBD。

特にCBDリキッドは芸能人やインフルエンサーが使っている様子が多く見られるので、「本当にキマるのか?」と疑問に思いますよね。

結論から言えば、CBDリキッドを使ってもマリファナなどの違法ドラッグのように「ハイ」になることはありません。

なぜなら、CBDには精神活性作用がないからです。

精神活性作用とは、大麻やマリファナを使用したときに感じる精神的に高揚する作用のことで、いわゆる「ハイ」になる作用のこと。

CBDやCBDリキッドで「キマりたい=ハイになりたい」と思っている方の中には、CBDをマリファナの代用にしたいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、CBDは安全かつ日本国内での使用が認められている合法な物質なので、いくら摂取しても違法ドラッグの代わりになることはありません。

CBD業界でのキマるという表現は、「CBDがもたらす作用を最大限に感じること」であり、決して違法性の高い効果を期待する表現ではないので誤解のないようにしておきましょう。

そもそもCBDとは

CBDで「ハイ」になることはないと言いましたが、そもそもCBDとはどういった物質なのでしょうか?ここではそんなCBDの概要や効果、THCとの違いについて詳しく解説していきます。

CBD概要

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で大麻の原材料である麻に含まれる成分の1つです。

麻と聞くと有名な違法ドラッグである大麻やマリファナなどのイメージから「危険」「違法」「依存」など不安に思う方も多いと思いますが、CBDは麻に含まれる成分の中でも依存性や精神作用を持たない安全な物質であるため、日本国内でもしっかりと使用が認められている合法な物資です。

合法に見えるけど怪しい、いわゆる「グレーゾーン」ではない為、CBD製品を使用したからといって警察に捕まることはありません。

CBDが与える効果

CBDは神経に作用し、ドーパミンなどの神経伝達物質に反応します。そのため、リラックス効果やストレス緩和、不眠症改善といった効果があります。

他にも、鬱やてんかんなどの症状を改善したり、大麻やマリファナなどの違法ドラッグによる依存性を緩和するなど様々な医療効果も認められています。

また、CBDの依存性緩和効果では禁煙に対して特に強く認められ、CBDの摂取によってタバコを吸う本数を40%以上減らすことができたというデータもあります。

このように、CBDには精神のリラックスや不安の軽減、不眠症改善など医療面での良い効果がたくさんある中、ニキビなどの皮膚トラブルという美容面の効果も持ち合わせており、皮脂の分泌を減らし、炎症を緩和する作用もあるCBDには、ニキビの予防や治療、しつこく残るニキビ跡の治療への効果も期待されています。

CBDとTHC

CBDの他に、同じ麻から抽出されるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分があります。

THCは主にマリファナの原料とされる成分であり、代表的な効果に「精神活性作用」があり、摂取すると気分が高揚し「ハイ」になります。

常用すると精神や脳に悪影響を及ぼし、記憶障害や問題解決能力が著しく低下する他、強い依存性を持つので日本国内での使用は認められていません。

所持しているだけでも違法なので注意しましょう。

CBDとTHCの違いを簡単にまとめましたので、以下の図をご覧ください。

CBDリキッドにはTHCが全く入っていないため、いくら使用してもハイにはならずマリファナなど違法ドラッグの代用になりません。

THCが1mgでも入っているCBDリキッドは漏れなく違法製品ですので使用は厳禁です。

CBDとTHCについての理解が曖昧だと大変危険です。

下記の記事で詳しくまとめましたので、是非一度チェックしてみてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

CBD製品はリキッドが一番キマる!

CBDは上手くキマると筋肉の炎症や緊張が解けてリラックスした物凄く気持ちの良い効果を得ることができます。

睡眠の質を上げるために就寝前に摂取したり、大切なお仕事前など集中したいときにCBDをキメて、パフォーマンスを最大にするのも良いでしょう。

そんなCBDが配合されている製品ですが、リキッドをはじめとした代表的なものだけでも

  • CBDオイル
  • CBDクリーム
  • CBDグミ
  • CBDドリンク

など様々な種類があります。

そして各製品ごとに異なるCBD摂取方法の中で、ベープなどの煙として肺へ吸い込み、毛細血管からダイレクトに CBD を摂取できる「蒸気摂取」の方法をとるCBDリキッドは、他のタイプの製品と比較して圧倒的にキマりやすく、CBDオイルの約4倍以上効率的な摂取できると言われています。

CBDの効果を最大限に実感したい方はオイルやクリームではなく、CBDリキッドから摂取することが良いでしょう。

また、CBDリキッドを使った電子タバコやベープは、肺への影響も依存性も全くないのでタバコの代替品として好まれており、禁煙したい方にもオススメです。

最短でCBDリキッドをキメる3つのコツ

CBDリキッドは一般的なタバコや電子タバコとは違い、吸い方のコツも全く異なります。

せっかくCBDリキッドを使うなら、その効果は最大限に実感したいですよね。

ここではCBDリキッドを使って最も効率よくCBDをキメる方法について詳しく解説します。

吸う前によく振る

CBDリキッドはその名の通り液体です。

時間経過によってCBDやフレーバーなどの成分が沈殿していることがあります。

この状態のまま、振らずに使用するとリキッドにムラが生じてしまい、上手くキマりません。

使用前によく振ることで、CBDの成分を余すことなく摂取できます。

CBDリキッドを開封したらすぐにベープに注入するのではなく、まずは一度振ってから使用することを習慣づけましょう。

ゆっくり吸い込んで肺に溜める

CBDリキッドを注入した電子タバコを吸う時は、できるだけゆっくり吸い込みましょう。

体感としては、電子タバコ越しに深呼吸をするようなイメージで3~5秒かけて吸い込むことが理想的です。

一気に吸い込んでしまうと、むせたり咳き込んだりしてCBDをうまく摂取できない他、ゆっくりじっくり吸い込むことでCBD成分が詰まった煙を肺に溜めておくことができます。

CBDの煙は体内にある時間が長ければ長いほど、毛細血管を通じて血液に吸収されやすく、効率的にキメることができます。

効果を最大限に実感したいなら、一度に吸い込んだ煙は10秒を目安に肺に溜めておきましょう。

少しずつ吐く

CBDリキッドを注入した電子タバコを使用するときは、吸う時だけではなく、蒸気を吐き出すときもゆっくりと少しずつ吐き出すように意識しましょう。

肺に溜めた蒸気のCBD成分は吐き出すときにもしっかりと吸収されます。

少しでも多くのCBD成分を体内に入れ込むことが、効率よくCBDリキッドをキメる一番のポイントになります。

こんなCBDリキッドの使い方は危険!

CBDリキッドを使用される方の中には、とにかく大量に吸えばキマると思っている方が多く見られます。

たしかにCBDをたくさん摂取すればその分の効果は望めますが、同時に副作用などの悪影響が出てしまうこともあり注意が必要です。

ここでは、絶対にやってはいけないCBDリキッドの危険な使い方について詳しく解説します。

規定量を超えて摂取

CBDリキッドを使用するときに、各製品に決められている摂取規定量超えて使用することは非常に危険です。

また、CBDはTHCと成分そのものが違うので、CBDをいくら摂取しても「ハイ」になることはありません。

違法性の高い効果を期待して大量に摂取する行為は危険なのでやめましょう。

一般的に、CBDを初めて摂取する場合の1日のCBD規定量は10~20mg程度です。

もし、お使いのCBDリキッドに規定量の記載がない場合には、製品に含まれるCBD濃度や含有量などから計算して、1日のCBD規定量を超えて摂取しないように注意しましょう。

CBD自体は安全な物質であるため、毎日摂取しても問題ありませんが、一度に過剰に摂取してしまえば副作用や身体への悪影響が出てしまう可能性もあります。

はじめは10~20mgを目安にCBDを摂取して、少しずつ増やしながら上手くキマるCBDの摂取量を探していきましょう。

薬などと併用して摂取

CBDを大量に摂取しすぎると、肝機能に影響を及ぼすことが実験によって証明されています。

とはいえ、この実験には人間が摂取する数百倍ものCBDが用いられているので、普通に摂取する分には全く問題ありません。

ただ、肝臓に作用する降圧剤などの医薬品や、肝臓の機能を阻害するグレープフルーツなどの食べ物との併用には注意が必要です。

これらの薬や食べ物の影響でCBDの効果が過剰になったり、副作用が大きくなる危険性があります。

また、お酒とCBDリキッドの併用にも注意しましょう。

お酒を飲みながらタバコ感覚でCBDリキッドを使うと、アルコールのリラックス効果や不眠症改善効果などと相互作用してCBDの効果も高まり、非常に気分が良くなるでしょう。

しかし、過度の摂取には要注意です。アルコールによって判断能力が落ちてくる中で、CBDの規定量を超えたり、一度に大量に摂取する行為は、体調を崩すだけではなく、予思わぬ副作用が出てしまう可能性があるので過剰摂取には十分注意してください。

キマるCBDリキッドを見分ける3つのポイント

CBDリキッドでを効率よくキメるには「圧倒的にキマるCBDリキッド」を見分ける方法が最も重要になってきます。

いくらキマりやすい正しい方法でCBDリキッドを使用しても、製品そのものが粗悪だと全く効果は感じられません。

粗悪な製品のせいでCBDの可能性を諦めるのは非常に勿体ないので、ここではキマるCBDに共通している3つのポイントについて詳しく解説します。

キマるならフルスペクトラム

CBDリキッドの中にも種類はたくさんあり、大きく分けると「フルスペクトラム」と「アイソレート」の2つがあります。

両者を簡単に説明しますと、

  • アイソレート
    含まれる成分がCBDのみの製品。
  • フルスペクトラム
    CBD以外にも合法な麻成分をたくさん配合した製品。

となります。

実は、麻の成分であるカンナビオールには100種類以上ありCBD(カンナビジオール)はその一種にすぎません。

アイソレートタイプのCBDリキッドは、主成分であるグリセリンにCBDのみを配合して作られた製品であり、フルスペクトラムのCBDリキッドは、CBCやCBNなどのCBD以外の麻成分をたくさん配合した製品になります。

国内で売られているCBDリキッドのほとんどはアイソレートタイプであり、フルスペクトラムタイプよりも低価格で販売されています。

しかし、アイソレートタイプのCBD製品には高濃度のものが中々ないので、CBD製品を初めて使う方やCBDの効果をそこまで求めていない方には良いかもしれませんが、「CBDでキマりたい!」という方にはフルスペクトラムタイプのCBDリキッドの方が圧倒的にオススメです。

CBDリキッドの濃度

CBD濃度とはCBD製品あたりにどのくらいCBDが入っているかの数値のことで、例えば30mlのCBDリキッドにCBDが1ml入っていれば濃度は約3%となります。

お酒でいうアルコール度数をイメージしていただければ分かりやすいかと思います。

CBDの効果をより強く実感するにはCBD濃度が高い製品を選びましょう。

この際によく混同してしまいがちなのがCBD含有量です。

CBD含有量とは、一製品あたりに入っているCBD成分のことで、100nlの製品や50mlの製品など製品そのものの量に関係なく、含まれてるCBDの絶対値になります。

CBD含有量がいくら高くても、そのCBD製品全体の量が多ければCBD濃度は下がってしまいます。

CBD濃度による違いについては下記の表をご覧ください。

CBDの濃度について下記の記事で詳しくまとめましたので、気になる方は是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/05/27/cbd%e6%bf%83%e5%ba%a6%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%ab%98%e6%bf%83%e5%ba%a6cbd%e3%81%ae%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/ target=blank]

国産のCBDリキッド

キマるCBDリキッドの選び方として忘れてはいけないポイントは「どこの国で製造されたリキッドか」です。

国内には外国産のCBDリキッドも多数出まわっていますが、使用する際には国産の製品を選ぶようにしましょう。

国産のCBDリキッドはCBDの純度が高く効果を実感できやすいのに加え、なにより安全です。

海外のCBD製品の中にはマリファナの主成分であるTHCが混入している粗悪な物もあります。

THCが1mlでも含まれているCBDリキッドは日本国内での使用は認められておらず、違法ですので所持しているだけで逮捕される大変危険な製品です。

CBDリキッドで安全にキマりたい方は、国産の信用できるメーカーの製品を選びましょう。

THCが混入しているかの指標の一つに、「THCフリー」というものがあります。

これはCBD製品の中にTHCが全く含まれていないことを表す表記であり、国産のCBDリキッドには必ずと言っていいほど記載してあるので、安全なCBDリキッドを選ぶ際には是非「THCフリー」の表記があるかどうかもチェックしてみてください。

今回は「キマりやすさ」に重点をおいたCDBリキッドの選び方だったので、CBD製品の種類や濃度などを重視しましたが、他にもフレーバーやコスパの良さなどCBDリキッドの選び方は様々あります。

自分にあったCBDリキッドを見つけてみましょう。

CBDリキッドを始めるなら

CHILLAXY 510規格CBDリキッド300mg

  • 価格 4,400円
  • 濃度 30%
  • 容量 1ml
  • CBD含有量 300mg
  • CBD1mgの値段 14.6円

CHILLAXYはCHIL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)の両方をこのストレス社会で提供することを目的としたブランドです。

このCBDリキッドはCBD濃度が30%もあり、ポジティブな気分になりたい時やリラックスしたい時に使うのにうってつけです。

フレーバーには、

  • ゴールデンパイナップル(パイナップルの香り)
  • チェリーパイ(チェリーパイのような香り)
  • ウォーターメロンスキットルズ(スイカのような香り)
  • ミントクッキー(チョコミントクッキーのような香り)
  • ストロベリーコフ(ストロベリーとスパイス香り)

などの他にも全12種類あり、自分の好みのフレーバーを選ぶことができるでしょう。

確かな濃度の豊富なフレーバーを試してみたい方におすすめのCBDリキッドです。

メリット:濃度の高さと豊富なフレーバー
デメリット:容量が比較的少なめ

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★★
おすすめ度★★★★★

全70種を超えるCBDリキッドから厳選した最強におすすめのリキッドBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/27/cbd-liquid-best10/ target=blank]

CBDリキッドキマる まとめ

今回は、CBDリキッドは本当にキマるのか?最短でキメる使用方法について解説しました。

CBDリキッドなどのCBD製品を使っても、マリファナを使用したときのような違法性の高い効果は得られません。

どれだけ大量にCBDを摂取しても「ハイ」になることはありませんし、思わぬ副作用が出る危険性がありますので過剰摂取には注意しましょう。

CBDリキッドを効率よくキメるためには、今回解説したキマリやすいリキッド(フルスペクトラム・高濃度・国産)をキマリやすい方法(ゆっくり吸って肺に溜めこむ)で摂取することが大切です。

ポイントを押さえてCBDリキッドを楽しみましょう。

こちらもおすすめ