【2021最新版】安全なCBDショップの3つの見分け方とは?

近年、アメリカやヨーロッパなどの海外はもちろんのこと日本でも人気が高まってきているCBD。

ネットやSNSで「CBD」という言葉は見たことがあるけれど、実際にCBD製品を売っているショップを見たことはない方が多いのではないでしょうか。

CBD製品の購入を検討する際に頭に浮かぶ、

「そもそもCBDってどこに売っているの?」
「CBD製品を買うショップはどう選んだらいいの?」

今回の記事では、こんなのお悩みについてCBDの説明やCBDショップの種類、見分け方などから詳しく解説していきたいと思います。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDショップには5つの種類がある
  • 海外のショップや個人輸入は非常に危険
  • 信頼できるCBDショップは第3者評価が高い

そもそもCBDとは

cbdとは

CBD製品の主成分であるCBD。そもそもCBDとはどういったものでしょうか。

CBDはマリファナの原料である「麻」から抽出される成分の1つで、カンナビジオールと呼ばれています。

麻と聞くと、違法ドラッグなどのネガティブなイメージを持たれてしまいCBDが危険な成分と思われるかもしれません。

しかし、CBDには違法性の高い危険な効果も副作用もないため、日本での使用が法律によって認められている非常に安全な合法成分です。

ここでは、そんなCBDの作用や副作用、危険性について説明しますが、基礎情報ですので既にご存じの方は読み飛ばしてください。

CBD主な作用

CBDとは麻から抽出される「カンナビノイド」の1種であるカンナビジオールという成分の略称です。

様々な研究からCBDには体内の複数の受容体に作用し、そこにCBDの持つ特徴を加えることで医療的効果を促進する働きがあることが分かっています。

CBDを摂取することで改善が期待されている症状には

  • 精神的疾患(PTSDやうつ病など)
  • 身体的疾患(喘息や糖尿病など)
  • 神経学的疾患(アルツハイマー病や筋萎縮性側索硬化症など)
  • その他の疾患(片頭痛や肥満、皮膚病など)

があるように、多様な症状に対してCBDには豊富な医療効果があることがわかります。

またCBDには抗炎症作用やストレスの緩和等の効果も見込めるため、ニキビやシミなどの肌トラブル、溜め込んでしまうストレスにも効果があります。

CBDは治療に使われるだけにあるのではなく、皆さんの豊かな生活の支えでもある健康の助けに一役買っています。

CBDを使用することで皆さんの日常に潜む悩みの解消にも役に立つことでしょう。

CBDの危険性と副作用

多くの魅力が詰まっているCBDですが、使用することで出てしまう副作用もあります。

しかしCBDの副作用には個人差があるものの、普段使用する風邪薬のような一般的な薬よりも軽度なものが多く、適切な使用方法を守って摂取していれば特に心配をする必要はありません。

またCBDには致死量が存在しない為、過剰に摂取したとしても身体に悪影響を及ぼさないことが分かっています。

だからといってどれだけ摂取しても良いわけではありませんが、CBDを摂取しても皆さんの命が脅かされることはないのです。

このように、CBDには軽度ではあるものの副作用や危険性は存在します。

一般的な医薬品と同じように、CBDにも適切な使用方法や摂取量がります。

はじめのうちは、少量から試すなどして、自分に合ったベストな方法を探してみましょう。

CBDショップとは

このように医療効果を始め多くの効果を持つCBDですが、残念ながらコンビニのようにどこにでも売っているわけではありません。

とはいえ、入手自体が難しいわけではありませんので、ここではCBD製品が売っているショップについて詳しく解説します。

まず、皆さんがCBD製品を購入しようとした場合、次の5種類の方法から選ぶことができます。

  1. 大手ECサイト(楽天市場、Amazonなど)
  2. 実売店舗(ドンキホーテ、百貨店など)
  3. 公認ショップや公式ショップ
  4. CBD専門のECサイト
  5. 海外から個人輸入

ネット販売がメジャーですが、実店舗で実際にCBD製品を手に取って選ぶこともできますので、1つずつ見ていきましょう。

1.大手ECサイト

CBD製品は大手ECサイトの楽天やAmazonで取り扱われています。

誰もが知っているサイトで販売されているため、安心して購入することができます。

また取り扱っているCBD製品も非常に多彩なため、多くの選択肢が欲しい方にもおすすめです。

ただAmazonでは過去にCBD製品を販売停止にしていたことがあるので、大手ECサイトといっても警戒を完全に解くことはやめておきましょう。

それでも敷居の低い大手ECサイトでのCBD製品の購入は、初心者におすすめしたい購入方法の1つです。

2.実売店舗

CBD製品はどこにでも売っているわけではありませんが、最近ではドンキホーテ等のお店で販売されていることもあるようです。

直接見たり、触れることができたり、販売員から直接話しを聞くことができる実店舗は有効な購入方法の1つと言えるでしょう。

3.公認・公式ショップ

公認・公式ショップはCBD製品を使用してみて、自分に合った製品を見つけたい方におすすめです。

CBD製品のメーカーやお店が直接運営するこれらのサイトでは、品揃えが非常に豊富にあり、大手ECサイトを介していないので手数料もなく比較的安価に購入することが可能です。

ただ、まだまだ新しい領域であるCBD製品のブランドは認知度も低いため、怪しい製造元や販売店などの詐欺には引っ掛からないように注意しましょう。

4.CBD専門のECサイト

楽天市場のように幅広く販売している大手のECサイトではなく、CBD製品だけを扱うECサイトも複数存在します。

CBD製品に特化しているECサイトであるため、使用方法や成分、特徴などの情報も非常に多く、またそれが生かされた豊富な種類のCBD製品が多く取り揃えられています。

初心者も上級者も満足することができるCBD専門のECサイトも是非利用してみてください。

5.海外から個人輸入

こちらは、かなり上級者向けの購入方法です。

個人で輸入するため費用は抑えられるかもしれませんが、危険性や責任が100%自分にのしかかっています。

安全なCBD製品をしっかりと判断できる情報や知識があれば、海外にしかないCBD製品や掘り出し物を見つけることもできるでしょう。

CBD製品には、同じ麻から抽出される「THC」などの違法成分が混入している可能性もあり、実際に海外から輸入して逮捕されたケースもあります。

充分な知識と経験を持ち、国内のCBD製品以外にも興味が出てきたCBD上級者におすすめする購入方法です。

CBDショップにあるCBD製品の種類

CBD種類

CBDショップにあるCBD製品の種類には

  • CBDオイル
  • CBDリキッド
  • CBDカートリッジ
  • CBDワックス
  • CBDクリスタル
  • CBDグミ
  • CBDクリーム

等など非常に多くあります。

CBD製品を購入する際に調べてみて、その種類の多さにびっくりした方もいらっしゃると思います。

メジャーな商品を大量に扱っている大手ECサイトやコアなCBD製品も幅広く扱っているCBD専門のECサイトなどで色々なCBD製品を見てみてください。

そしてその中で濃度や味や香りなど自分に合ったCBD製品を見つけ、適切な使用方法を見つけてみてください。

ただ「THC」が入っていないか、詐欺ではないか等の疑いの目も同時に光らせておきましょう。

良質なCBDショップ・製品の見分け方

良質なCBDショップ

ここまで複数のCBDショップを紹介してきましたが、それでもどのショップを選んだらいいのか困惑している方もいらっしゃると思います。

そこで、ここではどんな店が良質で安全なCBDショップなのかを判断できる3つのポイントをご紹介します。

第三者機関による品質証明があるショップ

安全で良質なCBDショップ選ぶ際の判断基準として、取り扱っているCBD製品が「第三者機関による品質証明」を受けているかどうかが挙げられます。

CBD製品は基本的に販売するのに特別な許可は要りません。

そのため、悪質な製品や粗悪な製品、詐欺的な行為をする企業や会社も存在するのが現状です。

そのためCBD製品を購入する際には、安全だと判断できるのかが重要となってきます。

そのため厳正な検査を行い、違法成分も入っていない安全なCBD製品だと証明してくれる「第三者機関による品質証明」が重要となってきます。

第三者機関の厳正な検査には、

  • THCが混入していないか
  • 品質や純度に問題のないCBDかどうか
  • カビや細菌などの有害な物質が混ざっていないかどうか

などがあり、これらの検査に合格したCBD製品だけが安全で良い品質であると保証されます。

CBDショップを選ぶ際に、この「第三者機関による品質証明」があるCBD製品を扱っているかどうかを1つの判断材料として活用してみてください。

口コミ評価が高いショップ

日頃の生活の中でも、口コミ評価を利用している方もいるでしょう。

ネットで商品を買う場合はもちろんのこと、身近にいる人にも意見を聞くことがあります。

それはCBDショップを選ぶ際にも使うことができます。

口コミ評価が良いCBD製品を扱っているCBDショップは、多くの方が利用している証明でもあります。

断言することは難しいですが、複数の人が信頼を置いているCBDショップは安全性が高いと言えるでしょう。

また、個人差はありますが、メーカーや販売会社が隠しておきたいCBD製品の情報も消費者を通して、見ることができます。

消費者目線の評価を見ることが出来る口コミ評価は、皆さんが良いCBDショップを見つける際に役に立つでしょう。

CBD製品の情報が充実しているショップ

最後にCBD製品の情報が充実しているかどうかも重要です。

CBD製品を広く取り扱っているだけでは、そのCBD製品の使用方法等が分からい場合もあります。

しかし多くの情報によって裏付けされ、丁寧な説明まであればCBD製品に対する信用も高まるというものではないでしょうか。

また情報量の多いCBD製品を多く取り扱っているCBDショップであるのならば、CBDショップ自体も質の良いものと言えるでしょう。

是非皆さんがCBDショップ、そしてCBD製品を見分ける場合には、これらのポイントを参考にして、自分に合った選択をしてみてください。

安全で高品質なオススメのCBDショップ4選

Vapemania

VapemaniaはCBDショップで有名なお店の1つです。

お店のスタッフはCBDに関する知識が豊富にあり、丁寧名接客を受けることが可能です。

CBDについて初心者の方でも直接質問もできるので、店頭でも安心して購入ができると思います。

またブログもやってらっしゃるので、お店の情報も随時確認できると思います。

Pipe-Museum

Pipe-MuseumはCBD専門のお店ではありませんが、CBDリキッドやCBDワックスなど豊富な種類のCBD製品を取り揃えられております。

サイトからでも気軽にCBD製品の情報を知ることができるので、気になった方はお問い合わせしてみてください。

CBD GreenStore

CBD専門店であるCBD GreenStoreは店内がカウンターになっており、丁寧な接客でお客様1人1人に合わせたCBDを見つけてくれます。

またECサイトでもCBD製品を購入できるため店舗でもネットでもお気に入りのCBD製品を購入することができると思います。

HealthyTOKYO CBDショップ&カフェ

HealthyTOKYOは日本でCBD事業を先駆けて行なってきた日本のCBD業界のパイオニアです。

このお店ではCBDを使用したヴィーガンスイーツやCBDオイルを入れて楽しむドリンク等の料理もあり、普通のカフェと同じようにリラックスした時間を過ごすことができるでしょう。

またCBD製品の種類も非常に多彩で、オイルやワックスはもちろんのこと、クリームやコスメ、グミなどのCBD製品も購入することができます。

丁寧な接客と豊富な品揃え、オシャレな雰囲気を持ち合わせたHealthyTOKYO CBDショップ&カフェに是非足を運んでみてください。

CBDショップ まとめ

今回はCBD製品を扱うCBDショップについて、CBDショップの種類や見分け方などから詳しく解説してきました。

多くの魅力が詰まっているCBDに注目が集まっていますが、まだまだ新しい領域のものです。

自分自身で情報を判断して、自分に合った適切な購入方法、CBD製品を見つけてみてください。

今回の記事を読んで、CBDショップについて少しでも理解を広げ、CBDを安全に使用してCBDのある生活を楽しんでいただければ幸いです。

こちらもおすすめ