CBDワックスの正しい使い方とは?効果を引き上げる裏ワザも紹介!

世界中で話題を集め、最近では国内人気も高めているCBD。

CBDについて色々と調べていると、CBD製品のタイプの1つにCBDワックスがあることがわかます。

CBD製品でメジャーなCBDオイルやCBDリキッドと並ぶ程の人気を誇るCBDワックスですが、その使用方法、使用する際のコツなどはご存知でしょうか?

今回の記事では、

「CBDワックスってどうやって使うの?」
「効果を最大限引き出すためのコツはあるの?」

こういった疑問について、CBDワックスが持つ特徴や効果などの説明も交えながら解消していきます。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDワックスは高いけど効果は絶大
  • CBDワックスには様々な使用方法がある
  • CBDワックスは楽しむよりCBDでキマりたい方向け

そもそもCBDワックスとは

CBD製品はそもそも麻から抽出されるカンナビノイドの1種、カンナビジオールが配合されたもののことで、リラックス効果を始め、様々な医療効果も期待することができます。

そんなCBD製品の1つであるCBDワックス、その効果や種類等のポイントを抑えて詳しく見ていきましょう。

CBDワックス概要

CBDワックスとは、オーガニック製法で生産された産業用ヘンプ(THC含有量が0.3%以下)を超臨界抽出して作られたCBD製品のことです。

そんなCBDワックスの特徴には、非常に高いCBD濃度を持っていることや多様な使用方法があることが挙げられます。

CBDワックスの濃度は60%~99%で、CBD濃度10%~20%が高濃度だと言われるCBDリキッドやCBDオイルに比べてCBDワックスの濃度が非常に高いことが分かります。

使用方法に関しても、CBDワックスには加熱して蒸気を吸引する方法や直接口に含む方法、さらには直接肌に塗る方法まで非常に幅広い使用方法があり、自分の好みに合わせた選択をすることができるでしょう。

CBDワックスの効果と副作用

CBDワックスは使用することで、ストレスを緩和しリラックスできる他、睡眠の質が向上したり、ニキビやシミなどの肌トラブルを改善したりと多くの効果が見られます。

CBDワックスに含まれるCBDの効果はそれだけに留まらず、医療の現場でも治療薬として使われており、CBDが持つ抗炎症作用や抗不安作用は様々な疾患に効果を期待できます。

さらにCBDワックスは基本的にフルスペクトラムタイプのものが多く、麻に含まれる違法なTHC以外の成分が豊富に入っているので、それぞれの効果を相乗効果で最大限高めてくれるアントラージュ効果を期待することもできます。

また、CBDワックスが持つCBD濃度の高さがCBDの効果を効率良く感じさせてくれる一面もあります。

そもそもCBD濃度とはCBD製品の容量に対して含まれるCBDの量のこと。

つまり、CBD濃度の高いCBDワックスを使用すれば、使うCBDワックスの量は少なくてもその中に含まれるCBDの量は多いということになります。

そのため、CBDワックスは僅かな量で僅かな時間で、十分な効果を実感することができるでしょう。

しかし、そんなCBDワックスでも体質や使用量によっては副作用が起こる場合もあり、主な症状はイライラ感、強い眠気、食欲減退などが挙げられます。

CBDの副作用はドラッグストアなどで売られている一般的な薬と比べても軽度なものが多いので、CBDワックスの使用方法を見直すことによって大きな改善を図ることができます。

リスクが少ないからと言って軽視してはいけませんが、あまり神経質になる必要もないでしょう。

適切なCBDワックスの使い方を見つけ、副作用を防ぎながらCBDの効果を実感してみてください。

CBDワックスの種類

CBDワックスには他の製品と違い、その形状に複数の種類があります。

どの形状のCBDワックスが自分に適しているか、探してみるのもCBDワックスを使用する際の楽しみとなるでしょう。

シャッター

シャッターとは簡単に言えば、固形状のCBDワックスのことです。

硬さは振れば乾いた音のなるものから、しっとりとした水分を含んだものまであります。

ジェル

固形状のCBDワックスの他に、ジェル状のCBDワックスもあります。

ジェルワックスとも呼ばれるこの形状のCBDワックスは、固めた油の様なものからハチミツのような粘り気のある液体まで幅広くあります。

CBDワックスの法規制

CBDワックスはマリファナの原料でもある麻から採れる成分を主成分としているため、中には違法性に疑問を覚える方もいらっしゃるでしょう。

しかしCBDは極めて安全で合法な成分であり、CBDワックスにも違法性はありません。

ただ、中には違法性のある「THC」という成分が混入しているCBDワックスも紛れているため、しっかりと自分で見極めて選ぶ必要があります。

CBDの法規制や違法・合法の基準などについて、日本の法律に基づいて下記の記事でまとめましたので是非ご覧ください↓

CBDワックスの正しい使い方

先述したようにCBDワックスの特徴の1つに、その多様な使い方が挙げられます。

ではCBDワックスは一体どのように使うのが正しいのでしょうか。

ここではCBDワックスの使い方について、3つのポイントから解説していきます。

ヴェポライザーで吸って使う

CBDワックスのメジャーな使い方は、ヴェポライザーという専用の機器を使用して、加熱、蒸気を吸入する方法です。

CBDを含んだ蒸気を肺に5秒ほどゆっくりと溜めることによって、CBDの効果を最大限発揮させ使用することができます。

電子たばこのような感覚で使用することができるため、気軽に始めることができるのではないでしょうか。

直接舐めて使う

CBDワックスは、他のCBD製品と同じように直接舐めて使うことができます。

適当な量を口に含ませるだけで簡単にCBDワックスの効果を得ることができるので、この使用方法は、煙や蒸気の熱が苦手な方にオススメです。

一方で、この方法ではCBDは消化器官を通ってしまうため効果が弱まったり、効果が現われるまで時間が掛ったりする可能性があるので注意が必要です。

患部に直接塗って使う

CBDワックスは経皮摂取という方法も選択肢としてあり、患部に直接塗ることによってCBDの鎮痛作用や抗炎症作用の効果を期待することができるでしょう。

CBDを効かせたいところにピンポイントに届けられるので、ニキビなどの肌トラブル改善やCBDの炎症緩和・鎮痛作用を得たい時におすすめの使用方法です。

このようにCBDワックスの使用方法には複数の選択肢があるので、自分に合った使用方法を見つけてみましょう。

CBDワックスの効果を最大限引き出す使い方のコツ

色々な特徴を持つCBDワックスですが、その効果を最大限引き出す使い方のコツがいくつかあります。

ちょっとしたコツを覚えておくだけで、より良い効果を期待できるので是非覚えてみてください。

ゆっくり吸って長く肺に溜め込む

ヴェポライザーを使用してCBDワックスを摂取する際のコツは、加熱し蒸気になったCBDワックスを肺にしっかりと溜め込むことです。

CBDワックスの効果を実感するには、含まれているCBD体内でしっかりと吸収する必要があります。

吸って直ぐに吐くだけではCBDをただ吐き捨ててしまっているだけで、上手に吸収出できていません。

できるだけ肺に煙を溜め込むんで、CBDを長時間体内に留まれせて置きましょう。

CBDをしっかりと身体に取り込ませる時間の目安としては、2~3秒かけて吸い込んで5秒以上は肺の中に煙を溜め込むように意識すると効果的です。

舐めるなら舌裏で

CBDワックスを舐めて使用すると消化器官に通るためその効果を薄れさせてしまう可能性があると言いましたが、実は効果を薄めずに摂取するコツがあります。

それは舌の裏で舐めることです。

CBDは粘膜摂取が効率の良い摂取方法とされており、舌の裏で舐めることによって舌の裏にある大きな血管に直接吸収されます。

そのため、非常に効率良くCBDワックスの効果を実感することができるでCBDワックスを舐めて使用する際には是非意識してみてください。

塗るなら適量を長時間

肌の痛みや炎症に対してCBDワックスを塗る際は、適量を長時間塗っておくことがポイントです。

あまりにも大量のCBDワックスを塗ってしまうと、皮膚に刺激を与えてしまい傷つけてしまう可能性があります。

また経皮摂取はCBDを一気に摂取できるわけではないので、ある程度の時間そのままにしておく必要があります。

そのため大量に塗ってしまうと簡単に落ちてしまうことがあるため、塗る際は適量にしておきましょう。

高品質なCBDワックスを見分ける4つの方法

「せっかく使用するなら安全で効果を十分に実感できるCBDワックスがいい」

誰もが望むこの期待に応えるには、高効果で安全なCBDワックスを見分ける方法を覚えておく必要があります。

これから皆さんの期待に応えられるようなCBDワックスを見つける4つのポイントを解説していくので、是非覚えておいてください。

THCフリーや品質証明があるものを選ぶ

数あるCBDワックスの中には、違法な成分「THC」が配合されているものがあるかもしれません。

THCが少しでも配合されているCBDワックスを所持、使用すれば日本では違法となってしまうので警察に逮捕されてしまいます。

またTHCが含まれていなくても粗悪なCBD製品を使用することによって、命を危険に晒してしまう可能性もあります。

万が一の事が起きないようにTHCが入っていないか、そのCBDワックスを安心して使用することができるのか、「THCフリー」と「第三者機関による品質証明」の2つの判断材料用いて判断してください。

THCフリー

THCはマリファナの主成分でもあり、精神活性作用(いわゆるハイになる効果)や酒に酔ったような状態になる酩酊作用など違法性の高い作用があるほか、高い依存性などの脳や精神を破壊する副作用があり、大変危険です。

THCが1mgでも混ざっているCBD製品は全て違法で、使用すれば警察に捕まってしまいます。

「CBDフリー」の表記があるCBDワックスにはTHCが全く入っていない安全な製品ですので、安心して使用することができるでしょう。

THCとCBDの違いをしっかりと把握できていないと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

大変危険ですので、一度下記の記事でTHCについてチェックしてみてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

第三者機関による品質証明

第三者機関による品質証明とは、そのCBD製品が第三者機関による厳密な検査を通過できていることを証明するものです。

この検査には、THCが入っているかどうかはもちろんのこと、製造される過程でカビや細菌などはないか、CBDの純度や品質は良好か等の項目が設定されており、非常に信用性の高いものです。

この「第三者機関による品質証明」があるCBDワックスは、品質も違法性も何1つ問題がないことが明白なので、是非確認してみてください。

とにかく高濃度(90~99%)なものを選ぶ

基本的に高濃度のCBDが含まれているCBDワックスは、高い効果を期待することができるでしょう。

高濃度のCBDワックスは、短時間で確かな効果を感じさせてくれるので、時間のない人やなるべく少ない量で効果を得たい人におすすめです。

また患部に塗る「経皮摂取」をする際も、高濃度であれば十分な効果を得られます。

ただ、個人差はあるものの、皮膚を傷めてしまうこともあるので、塗りすぎには注意しましょう。

CBD濃度が高いと何がそんなにいいのか?CBDの濃度や効果の違いについて気になる方は下記の記事をチェックしてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/05/27/cbd%e6%bf%83%e5%ba%a6%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e9%ab%98%e6%bf%83%e5%ba%a6cbd%e3%81%ae%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/target=blank]

フルスペクトラムのCBDワックスを選ぶ

フルスペクトラムタイプのCBDワックスは、含まれる様々な成分が相乗効果を発揮させるため、非常に高い効果を期待することができます。

実はCBDは単体だけで摂取してしまうと、段々と感じられる効果が薄れてしまいます。

CBDを単体で摂るよりも複数の成分と一緒に摂る方が、確かな効果も得られ継続して効果を実感することができるでしょう。

口コミ評価がいいCBDワックスを選ぶ

口コミ評価は、商品を選ぶ際の手助けをしてくれます。

実際にCBDワックスを購入して使用した方の生の声を聞くことによって、気になったCBDワックスの良い点、悪い点を知ることができるでしょう。

また企業目線の情報ではない、消費者目線の情報を教えてくれるため「実際はあまり効果が感じられない」などの企業に不都合な情報も得られるメリットがあります。

中には、故意的に良い口コミしか書かないサクラがいる場合があるので、口コミを100%信用することは避けたいですが、有益な情報を判断材料にして気になったCBDワックスを見極めるには効果的です。

CBDワックスを始めるなら

CHILLAXY CBDワックス オージークッシュ

  • 価格 6930円
  • 容量 1g
  • CBD濃度 90%
  • CBD含有量 900mg
  • CBD1mgあたりの価格 7.7円

2020年に新設されたCBDブランド「CHILLAXY」は、ストレスに満ちた社会にCBDでCHILL(癒やし)とRELAX(くつろぎ)を提供します。

CHILLAXYのCBDワックスには、「オージークッシュ」「ブルーズキットルズ」「マウイワウイ」の3種類あり、どれもCBD濃度90%と非常に高濃度なCBD製品となっています。

90%の濃度を誇るこのCBDワックスは、集中力を高めたい時やリラックスしたい時に他のCBD製品では感じることのない強烈なCBDを感じることができるでしょう。

リキッドやCBDエディブルなどで美味しさを求めるよりも、もっと強い効果や強烈なCBD体験を感じたい方は、是非このCHILLAXYのCBDワックスを使用してみてください。

メリット:美味しい・高濃度・コスパ良の三拍子揃っている
デメリット:美味しいのでつい使いすぎて効きすぎてしまう

<CHILLAXY CBDワックスの評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★★
コスパの良さ★★★★★
人気度★★★★☆
おすすめ度★★★★★

100種以上の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDワックスTOP10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/29/cbd-wax-best10/ target=blank]

CBDワックス使い方 まとめ

今回はCBDワックスの使い方について、CBDワックスの特徴や見分け方、使用する際のコツ等を踏まえて詳しく解説してきました。

たくさんのCBDワックスがある中で、自分の合ったお気に入りのCBDワックスを見つけ、自分だけの使用方法で楽しんでみてください。

こちらもおすすめ