CBDを仕事中に摂取するとどうなる?結局”良いのか悪いのか”1分で解説します!

CBDが日常の中に溶け込み、CBDに慣れてくると、これまで考える必要がなかったことに気を回す必要があります。

これまではCBDのリラックス効果を目的にしているため、休憩時間や寝る前など何が起こっても対処できるタイミングで使用するのが常だったでしょう。

しかしCBD製品の中でも、手軽にCBDを摂取することができるようなものが現われ、忙しい時でもCBDを摂ることができるようになりました。

例えば、仕事中でのCBDの摂取。

果たしてCBDを仕事中に摂取するのは大丈夫なのか、今回は、

「CBDを仕事中に摂取してもいい?」
「仕事中に摂取するメリットは?」

などの疑問の解説を交えながらCBDの仕事中伸しようについて詳しく説明していきたいと思います。

そもそもCBDは仕事中に摂取しても大丈夫なのか?

CBDの効果が仕事に悪影響を与えるとか、いい効果を生み出すとか以前に、そもそもCBDを仕事中に摂取しても健康や外見に問題がないか。

結論から言えば、大丈夫です。安心してください。

普段の仕事は私たちにとってストレスに変わってしまいまし、仕事の量を変えたり、負荷を軽減させるのは難しいでしょう。

しかし、仕事自体を変えることはできませんが自分のモチベーションを変えることはできます。

CBDを使用すれば、ストレスを緩和しリラックス効果を得ることができるため、仕事もストレスを感じながらこなしていた時と比べれば、とても楽になるでしょう。

そのため仕事のためにも、自分のためにも仕事中にCBDを使用することは、十分にアリだと言えます。

しかしCBDの効果や副作用について詳しく知った上で、仕事のタイミングを見計らって使用する必要があるでしょう。

CBDがもたらす効果と副作用

私たちはCBDを摂取することによって、リラックス効果を期待することができます。ストレスを緩和し、筋肉の緊張をほぐすことができるので、仕事との相性もバッチリです。

またCBDは私たちが健康でいられるための手助けもしてくれます。

CBDは人間に備わっているECSと呼ばれるシステムを正常に働かせるための補助を行なうことができると言われています。

ECSが正常に働かないと、記憶や学習・運動機能・免疫機能などに大きな影響を与えてしまうため、私たちが健康的に過ごすためにはECSを正常に働かせる必要があることがわかります。

しかしこのECSは日々の生活習慣の乱れや加齢によって、上手く働かなくなってしまうため、ECSを正常に機能させるためにもCBDを摂ってECSの補助をすることが推奨されているのです。

このようにCBDを摂取することによって、リラックス効果やECSで健康を維持する事を期待することができるでしょう。

ただCBDには副作用があると言われています。CBDの副作用の症状は、頭痛・眠気・イライラ・食欲の変化などが報告されています。

しかしCBDの副作用には、個人の体調や体質が大きく影響してくるため、副作用を感じない方も多くいます。

またCBDはWHOにも認められている安全な成分であるため、副作用を感じたとしても非常に軽度なものが多いようです。

副作用を感じた場合は、使用頻度や使用量を見直し、自分に適切なCBD製品や使い方を見つけることで大きな改善を計ることができるので、副作用ときいて過剰に警戒する必要もないでしょう。

CBDを仕事中に摂取することで得られるメリット

CBDを寝る前などゆっくりと時間を掛けることができない仕事中に摂取することによって、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは仕事中にCBDを摂取することによって得られるメリットを3つのポイントから解説していきたいと思います。

大事な会議やプレゼンの前に落ち着ける

仕事をこなしていく中で、大事な会議やプレゼンテーションの場は少なからずあると思います。

不安・緊張・焦りなどの感情は思っているだけで、顔に出てしまうものです。

せっかく入念な準備をして望んでも、緊張をして本来の力を出せないともったいないですし、それが相手に伝わってしまうと相手も良い印象を持つことができなくなるでしょう。

そこでCBDが役にたちます。CBDが持つリラックス効果でリフレッシュして冷静な思考ができるようになれば、普段通りの力を出すことができるでしょう。

CBDグミやCBDオイルなどの口に直接含むだけで摂取することができるCBD製品なら、極めて短時間でCBDを摂ることができるのでおすすめです。

集中力を高めらられる

「やらないといけない仕事があるのに、何故か仕事に集中できない!」

やらないといけないのに、何故か手が頭が思うように動かない。周りの事が気になって集中することができない。

これはきっと多くの人が経験したことがあるのではないでしょうか。もしできなければ自分だけではなく、他の人に迷惑を掛けてしまいます。

そんな時こそCBDの出番です。

CBDを使用することによって、頭をスッキリさせて切り替えることができます。どこかモヤモヤした頭の中を一度、スッキリさせて仕事に臨めばきっと効率良く仕事をこなせるようになるでしょう。

日々の生活の中で心身のバランスを崩してしまい、注意力や集中力が足りない時は仕事中でもCBDの効果で心も身体もスッキリさせましょう。

疲れを感じたときにリラックス

仕事中といえども、誰もが疲れは感じると思います。

しかし仕事中であるが故に、疲れを解消することができません。

昼休憩などの時間は短い所もあるでしょう。しかしCBDを使えば短い休憩時間でも十分なリラックス効果を得ることができます。

短時間で効果を感じるには、蒸気摂取がおすすめですが、経口摂取なら舌の下で舐めるなど少しの工夫をすることによって、狙った効果を期待することができます。

またタバコ休憩といったタバコを吸わない方にとっては理解できない休憩も、VAPEなどのCBDリキッドを吸えば同じように休憩を確保することができるかもしれません。

疲れた時は、副作用も考慮しつつCBDを使用してみてください。

CBDを仕事中に摂取するデメリット

CBDを仕事中に摂取すると、人によっては副作用を感じてしまうでしょう。

先程も説明したようにCBDの副作用には、頭痛・眠気・イライラなどがあるため場合によっては仕事の邪魔をしてしまう可能性もあります。

営業がお仕事の方は運転もするでしょうから、副作用を感じる方は仕事中のCBDの摂取は避けるべきです。

またイライラ感が募ると感じた方も、雰囲気が周りに伝わってしまいネガティブな印象を与えかねないので、CBDを仕事中に摂取することに向いていないかもしれません。

CBDの使用は、自分に適した方法をとることが大事です。自分には合っていないと感じた場合は、仕事中ではない他のタイミングで使用するようにしましょう。

こんなCBD製品は仕事中に向かない!

CBD製品を仕事中に使用するには、自分だけではなく周りの人のことも考えなければなりません。

ここでは自分を始め周りにも配慮が必要となるようなCBD製品をいくつか紹介していくので、参考にしてください。

CBDリキッド

CBDを仕事中に摂取するのに、リキッドは向かないかもしれません。他のCBDオイルやCBDグミと比べると専用の機器を使用する分、余計な手間が掛ってしまいます。また周りに人がいる状況で吸ってしまうと、煙が邪魔になってしまうでしょう。

しかいCBDリキッドは仕事中の休憩時間などでは、周りの人の邪魔をすることもないため十分に使用することができます。

禁煙している方でもタバコをやめた方でも中毒性のないCBDリキッドを使用して、是非リラックス効果を感じてみてください。

高濃度のCBD製品

高濃度のCBD製品を使用したから眠気が強くなる、とは個人差もあるので断言することは出来ませんが、高濃度のCBD製品を使用することで眠気を強く感じる方もいます。

短時間且つ、少量の中に多くのCBDが含まれているためCBDの効果が強く現われがちです。そのためCBDを使用して眠気を感じるような方はあまり高濃度のCBD製品を使用するのには向かないでしょう。

そういった方でも仕事中に高濃度のCBDが向かないってだけで、寝る前に使用すれば誘眠作用として活用できるので是非試してみてください。

経皮摂取のCBD製品

CBD製品の中には、CBDクリームやCBDジェルのように肌に直接塗って、CBDを摂取するものがあります。

この経皮摂取と呼ばれる使用方法は、局所的にCBDの効果を聞かせることができることで有名なのですが、効果が現われるのに時間を要します。

そのため会議の前などの時間がないときでも直ぐに効果を感じたい場合には、この経皮摂取をとるCBD製品は向かないでしょう。

直ぐに効果を得たい場合は、蒸気摂取か舌下摂取のCBD製品がおすすめです。

CBDを仕事中に摂取するベストな方法

CBDを仕事中に摂取する方法はいくつかあるため、それらはそれぞれの目的に合わせてベストな方法を選ぶことが大事になってきます。

例えば、ゆっくりと時間を掛けて何気なくCBDを摂取したいという方には、CBDをコーヒーに混ぜて飲むのがおすすめです。

CBDオイルをいつものコーヒーに数滴垂らすだけで、CBDの効果を得られるコーヒーへと変えることができるため、いつものようにコーヒーを飲みながらCBDを摂取することができます。

気軽に短時間でCBDを摂取したい方は、CBDグミがおすすめです。CBDグミはパッケージもおしゃれなものが多く、ぱっと見ではCBDグミとわからないものもあるので、人の目を気にすることもなくCBDを摂取することができます。

このように自分の目的に合わせてCBD製品を選ぶことも、仕事中にCBDを摂取するために大事と言えるでしょう。

CBDオイルで仕事の効率を上げるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBD仕事中 まとめ

今回はCBDを仕事中に使用するメリットやデメリットについて詳しく解説してきました。

CBDは人によって期待することができる効果の大きさも変わってきます。

何度もお伝えしていますが、CBDで最も大事なことは自分に適した使い方を見つけることです。

今回いくつか紹介させていただいたメリットやデメリットを見比べて、仕事中に使用するべきかどうか自分で判断してみてください。

こちらもおすすめ