CBDは結局違法なのか?日本の法律から見るCBDの違法ラインとは

アメリカやヨーロッパなど世界中で注目を集め、最近では日本でもSNSなどで話題になっているCBD。

CBDがどういった成分なのか調べてみると、実はマリファナの原料である麻から抽出されていることが分かるでしょう。

原材料が麻だと聞くと、CBDもマリファナ同様に違法・危険などネガティブなイメージを持たれてしまいがちです。

そこで今回の記事では、

「結局CBDは違法なのか?」
「何故CBDに違法性はないのか?」

これらの疑問を日本における法律からみてCBDに違法性があるのか、警察に捕まる危険なCBDの基準などを実際に逮捕されたケースを挙げながら解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • 結論から言えばCBDは違法ではない
  • 大麻取締法上、麻の茎・種以外の成分は違法
  • THC入りのCBD製品は漏れなく全て違法

結局のところCBDは違法なのか?

結論から言えば、CBDは違法ではありません。

同じ麻を原料としているマリファナは、その効果や強い依存性から身体に悪影響を及ぼしてしまうため、日本では違法であると法で規制されています。

それに対してCBDは、摂取しても身体に悪影響を及ぼす危険性が極めて低く、その効果は私達の生活をより豊かにしてくれる安全な作用ばかりなので、違法性は全くありません。

CBDは日本の法律である「大麻取締法」で使用が認められている完全に合法な成分であるため、誰でも安心して楽しむことができます。

ただ、CBDを使用する上でいくつかの点に注意しておかないと、場合によってCBDが原因で逮捕されてしまったり、トラブルの原因となってしまう場合もあるのでCBDを摂取吸う際には必ずチェックしておきましょう。

そもそもCBDとは

CBDが違法ではないかと不安に思っている方の中には、CBDについてまだ詳しく知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ「CBDに違法性はありません」と言ったとしても、この一言だけでは納得できないと思います。

CBDが違法ではないことを理解しやすくするためにも、「そもそもCBDとはどういったものなのか」を詳しく知っておきましょう。

ここではCBDの概要や効果、副作用などを違法性の観点も交えながら詳しく解説していきます。

CBD概要

CBDとは麻から抽出される成分、植物性カンナビノドの1種であり、カンナビジオールの略称です。

違法ドラッグとされているマリファナには、CBDと同じ植物性カンナビノイドの1種である「THC」という成分が含まれています。

安全で依存性のないCBDに比べて、THCは麻薬と聞いてイメージするような精神活性作用(いわゆるハイになる効果)を持っていたり、酒によったような状態になる酩酊作用などの効果や依存性も持つ非常に危険な成分です。

日本ではTHCが少しでも含まれていれば、違法であると判断されてしまうため、CBD製品を使用する際には注意が必要です。

またCBDが、日本で規制されていない成熟した麻の種や茎から抽出されている反面、THCは麻の葉や根などの違法な部位から抽出されています。

抽出される部位から見てもマリファナのような違法な物質とCBDの間に違いがあることがわかると思います。

CBDの効果

CBDは人間が持つ受容体に働きかけることでその効果を発揮し、自然な形で様々な医療効果をもたらしてくれます。

CBDの医療効果で改善が期待できる症状は非常に多くあり、

  • 炎症や関節症などの自己免疫疾患
  • 認知症やアルツハイマー病などの神経疾患
  • ADHDや自閉症などの神経精神病
  • 大腸炎などの消化管疾患
  • 不整脈などの新血管機能障害

など様々な症状を挙げることができます。

CBDは医療の現場でも使用され、治療薬としての一面も持ち合わせているので、その効果には期待することができるでしょう。

また、CBDが持つ抗不安作用やリラックス効果を普段の生活の中に取り入れることによって、筋肉の緊張をほぐして睡眠の質を上げたり、大事な仕事の前に落ち着いて集中力を高めたりすることも可能です。

最近では、CBDの抗炎症作用がニキビやシミなどの肌トラブル改善に役立つと研究によって解明され、医療業界からだけではなく、美容業界からも注目を集めています。

CBDの副作用や危険性

CBDは多くの効果を期待できる魅力的な成分ですが、副作用が全くないわけではありません。

CBDは神経系に作用する成分であるため、摂取量や体質によってはイライラ感、食欲減退、強い眠気、下痢などの副作用がでる場合もあります。

しかい、どれも頭痛薬などの一般的な市販薬の副作用と比べて非常に軽度であるため、身体への悪影響はほとんど報告されていません。

もしCBDを摂取して、これらの副作用があらわれたり、体調が悪くなったとしても使用方法や摂取量を見直すなどの工夫をするだけで簡単に対処できるでしょう。

また、CBDには致死量がないため、過剰に摂取しても身体に深刻な悪影響や命に関わる問題が起こる危険性はありません。

ある研究では、普段では決して摂ることのない1500mgという膨大な量のCBDを摂取しても、身体に悪影響が見られることがなかったと証明されています。

1500mgという量はCBDグミならおよそ300粒分なので、普通にCBD製品を楽しむ分には何も問題ないと判断できるでしょう。

CBDが違法ではない3つの理由

ここまででCBDの成分や効果、副作用については分かっていただけたのではないでしょうか。

では次に、CBDが違法ではない理由を3つのポイントから解説していきます。

1.THCが入っていないから

冒頭でも触れましたが、麻関連の成分に対する違法性の有無には「THC」という成分が関係しています。

THCの正式名称はテトラヒドロカンナビノールと言い、カンナビノイドの1種で人間の体内にあるカンビノイド受容体と結合し、効果を発揮させます。

THCは主にハイにさせる効果や強い依存性を持ち、中毒症状を引き起こさせて脳や精神に悪影響を与えてしまう危険な成分とされているため、THCを抽出できる麻の「葉」や「根」、「花」の部位は法律で規制されています。

海外では医療的効果を見込まれ、違法と認定されていない国もあるようですが、日本では治療に使うことも完全に違法となっているため、絶対にTHCが入っている製品は使用しないようにしましょう。

2.CBDに身体への悪影響や依存性がないから

CBDはTHCとは違い、身体に甚大な悪影響を与える副作用や依存性などがありません。

CBDにはTHCに含まれている「酩酊作用」や「幻覚作用」のような脳や精神を破壊する危険で違法性の高い効果も、依存性・中毒性も全くありません。

依存性がないということは、違法ドラッグのように自分で摂取量をコントロールできなくなる危険性が低いので安全な成分だと判断でき、日本国内での使用が認められています。

とはいっても、完全に無害なわけではありませんが、ある程度の注意さえ払っていれば医療的にも美容的にも高い効果を持ったCBDを安心して使用することができるでしょう。

3.大麻取締法で認められているから

大麻取締法上で所持や使用などが禁止されている成分は、成熟した麻の「茎」や「種子」以外の部位から抽出・製造されたものを指しており、麻の葉や花、根から抽出された成分のことを「大麻」と定義しています。

ここで大麻取締法の条文を見てみましょう。

<大麻取締法 第一条>
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

このように、CBDは大麻として定義されていない麻の茎や種から抽出された成分である為、
どれだけ摂取しても違法にはなりません。

一方でTHCを含むCBD製品や、化学合成されているTHC製品は「麻薬・向精神薬取締法」で麻薬として規制されているので違法とされています。

違法になりかねない危険なCBD製品とは?

CBDが違法性を持っていないことは充分に分かっていただけたと思います。

ですが最近注目を集めているCBDだからこそCBD製品の中には違法になる可能性を含んだものも存在しています。

そこでここで違法になりかねない危険名CBD製品とは一体どういったものなのか詳しく解説してきたいと思います。

THCが混入している

重要なことなので何度も書きますが、THCが入っているCBD製品は漏れなく違法です。

THCが1mgでも含まれているCBD製品は、日本では全面的に禁止されているため、所持しているだけでも逮捕されてしまうので、間違っても選んでしまわないように注意してください。

THCがCBD製品に混入していないか確実に判断する指標として「THCフリー」表記というものがあります。

THCフリーとはその名の通り、そのCBD製品にTHCが少しも入っていないことを示すものであり、逆に言えばTHCフリー表記がなければ、THCが混入している可能性がある危険なCBD製品ですので要注意です。

成熟した麻の「茎」「種子」以外から抽出されている

麻の中で違法性のない部位に関しては、大麻取締法で定義されているとおり、成熟した麻の「茎」と「種子」から抽出された成分のみです。

この部位以外は法律で規制されているので、気になったCBD製品を製造しているホームページなどを見て、違法性のある「根」や「葉」、「花」から製造されていないかを確認してみてください。

外国産のCBD製品

アメリカなどの外国では、州や地方によって大麻やTHCが合法だと認められている場合もあります。

そのため、THC入りの外国製のCBD製品を日本に輸入してしまうと違法となるケースもあります。

国が違えば、法も違うので、海外のCBD製品を買うときは「THCが混入していないか」をしっかり確認して購入するようにしてください。

実際にCBDで逮捕されたケース

CBD逮捕

実際に海外のCBD商品を個人で輸入し、逮捕されたケースがあります。

日本で違法とされているTHC入りのCBD製品を輸入して警察に見つかり、逮捕された方がいます。

万が一海外からCBD製品を個人で輸入したい場合は、しっかりと成分表を確認してから慎重を期して行動しましょう。

安全のためにもこれからCBDを始める方は、まずは国内で購入することをおすすめします。

安全で違法性のないCBD製品とは?

CBD製品を選ぶ際、違法性のないCBD製品であることを必ず確認しるように注意しましょう。

せっかくCBDを楽しもうと思っても、違法製品に手を出して警察に捕まってしまっては元も子もありません。

安心してCBD製品を使用するためにも、安全なCBD製品の選び方を知っておきましょう。

品質証明がある

安全なCBD製品を選ぶ際、品質証明として「第三者機関による品質証明」を受けているCBD製品をおすすめします。

細かな項目を用意されている厳正な検査を経て、証明されるCBD製品は安全性を保証されており、安心して使用することができるでしょう。

ユーザー評価が高い

安全なCBD製品を選ぶのにユーザーの評価を参考にすることもおすすめします。

気になったCBD製品を購入したユーザーが、実際に感じたことをそのまま評価にしてくれます。

CBD製品の販売元の説明だけではわかりえない情報などを、確認することができるので、きっと皆さんがCBD製品を選ぶ際の手助けをしてくれるでしょう。

確実に違法ではない安全なCBDとは?

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBD違法 まとめ

今回はCBDが違法ではないことを、大麻取締法などの法律から解説しました。

マリファナと同じ麻から抽出されるCBD、確かにその違法性が不安に思うこともあると思いますが、今回の記事を読んでいただければ、CBDが違法でない理由がお分かりになられたかと思います。

違法のない安全なCBD製品を使用して、CBD生活を楽しんでください。

こちらもおすすめ