結局CBDは合法なの?逮捕事例から見るCBDの合法ラインとは


近年世界的に注目され、日本でもSNSやメディアなどで話題になっているCBD。

リラックスや睡眠改善などの効果があるので使ってみたいと思っている方の中には、CBDがマリファナの原材料である「麻」から抽出された成分であることから、

「CBDって本当に合法なの?危険じゃないの?」
「合法CBDと違法CBDの基準が分からない!」

と不安になられている方も多いでしょう。

そこで今回は、CBDが本当に合法なのか、日本国内におけるCBDの法規制や実際にCBDで逮捕されたケース、違法CBDを見分ける方法について詳しく解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDは完全に合法!安心してOK
  • とはいえCBDで逮捕されたケースもある
  • 合法CBDと違法CBDを分ける明確なラインがある

結局CBDは合法なのか?

CBDに興味を持ち出して、いざ始めてみようとECサイトやSNSで紹介されているCBD製品を調べてみると「CBD=大麻」のように書かれていることが多く見られます。

大麻は言うまでもなく違法ですが、同じ麻から抽出されたCBDが本当に合法なのか不安になってきますよね。

結論から言えば、CBDは完全に合法です。

どれだけ使っても警察に捕まることはありませんので安心してください。

CBDは、バレていないだけで実際は怪しい、いわゆる「グレーゾーン」的な成分ではなく、法律によってしっかりと日本国内での使用が認められている、完全にホワイトな成分です。

CBD自体が違法などと言っているサイトやメディアは全て嘘ですので惑わされないようにしましょう。

とはいえ、CBDを配合したオイルやリキッドなどのCBD製品の中には違法性の高いものも存在します。

CBD製品を使っていて実際に逮捕されたケースもありますので、「CBDは合法、CBD製品は要注意」と分けて考えると良いでしょう。

そもそもCBDとは

CBDがマリファナと同じ原材料からできていると聞くと「危険・違法・依存」などのネガティブなイメージを持たれてしまいがちですが、CBDは健康面でも法律面でも安全な成分です。

では、なぜCBDは安全なのでしょうか?ここでは、CBDの概要と得られる効果、副作用、数多くの種類があるCBD製品について解説します。

CBDとは

CBDとはカンナビジオール(Cannabidiol)の略称で大麻の原材料である麻に含まれる成分の1つです。

麻にはCBDなどの安全で合法なものからTHCなどの危険で違法なものまで様々な成分があります。

その中でも合法な成分をカンナビノイドといい、CBDをはじめとし、CBCやCBNなど100種類以上も存在しています。

CBDを始めたばかりの方の中には、麻に含まれる合法な成分が全てCBDだと誤解している方が多いのですが、あくまでCBDは100種類以上ある成分の1種にすぎません。
(イメージ)
CBD製品の中には、CBDのみを配合したタイプやCBD以外の合法成分も含まれているタイプもありますので、CBDとカンナビノイドを混同しないように注意してください。

また、後で詳しく説明しますが、THCはマリファナの主成分であり、完全に違法な成分です。CBDとTHCはしっかりと分けて捉えましょう。

CBDの作用と副作用

CBDは神経に作用し、ドーパミンなどの神経伝達物質に反応します。

そのため、CBDを摂取して得られる作用には、筋肉の緊張をほぐして全身をリラックスさせてくれる効果や、睡眠の質を高めて不眠症改善に役立つ効果など、様々な良い効果が医療的に認められています。

他にもCBDがもたらす作用はたくさんあり、CBDを摂取することで

  • 依存症、うつ病、PTSD、睡眠障害などの精神的疾患
  • 喘息、がん、糖尿病などの身体的疾患
  • アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症などの神経学的疾患
  • 片頭痛、自己免疫疾患、肥満、皮膚病などその他の疾患

身近にある多くの症状の改善に高い効果を期待することが出来ます。

CBDには依存性緩和作用があり、CBDの摂取によってタバコを吸う本数を40%以上減らすことができたというデータから禁煙効果も認められています。

また、CBDには炎症や神経痛などの様々な痛みを和らげる効果もあり、癌による痛みにCBDが効果的に働くことが2008年の論文で発表されています。

このように、CBDには精神のリラックスや不眠症改善など医療面での良い効果がたくさんありますが、最近の研究でCBDには皮脂の分泌を減らし、炎症を緩和する作用もあるため、ニキビなどの肌トラブル改善の効果も期待できることが明らかになり、美容業界からの注目も集めています。

CBDを摂取したことよる副作用としては主に、下痢・強い眠気・食欲の変化などが挙げられますが、どれも薬局で市販されている頭痛薬などの一般的な薬と比較しても非常に軽度であるため、身体への悪影響になるという報告はほとんどありません。

ただ、もしCBD製品を使ってこれらの症状が出た場合は、CBDの摂取をやめるか、量を減らすなどの工夫をするようにしましょう。

CBD製品の種類

CBDを配合した製品には、最もポピュラーなCBDオイルから、CBDリキッド、CBDグミ、一部のCBDマニアから熱狂的な人気を誇るCBDワックスまで様々な種類があります。

これらのCBD製品を簡単にまとめると、

CBDオイル

オリーブオイルやココナッツオイルなどにCBDや香料を配合した製品。

使用方法:オイルを舌の裏に垂らして摂取する「経口摂取」

メリット:専用の道具がいらず、手軽にCBDを摂取できる。

デメリット:美味しくない。消化器官を経由するので肝臓などでCBDの一部が代謝されてしまい効果が薄まる。

CBDリキッド

グリセリンなどのベースにCBDやフレーバー成分を配合した製品。

使用方法:専用の電子タバコやベープを使って煙を吸い込む「蒸気摂取」

メリット:肺や毛細血管からCBDを直接吸収できるため、CBDの効果を強く早く実感できる。

デメリット:煙が出る。匂いが広がる。電子タバコなどの専用の器具がないとCBDを摂取できない。

CBDグミ

CBDグミ

CBDを配合したグミ。カラフルでオシャレな物が多く、若い世代や女性から人気を集めている。

使用方法:グミを食べてCBDを摂取する。

メリット:イチゴやグレープなど豊富な味がありCBD製品の中では飛びぬけて美味しい。お菓子感覚で食べるだけなので、誰でも気軽にCBDを摂取できる。

デメリット:含まれているCBDが少ないので、人によっては十分なCBD効果を感じられないことも。

CBDワックス

オーガニック栽培された麻を「特殊臨海」という特殊な方法で抽出したCBD製品。

使用方法:CBDワックスを直接舐めたり塗布するか、専用の機械で熱して煙といて摂取する。

メリット:CBD濃度が90%を超えるものが多く、圧倒的に効く。CBDの効果を最大限感じられる。

デメリット:比較的効果な製品が多く、コスパの面では他のCBD製品に後れをとる。

以上のようにCBD製品には様々な種類があり、それぞれの製品ごとによって特徴やメリット・デメリットは全く異なります。

詳しくは下記の記事で解説していますので興味のある方は是非参考にしてみてください。

日本においてはCBDに対する厳しい規則があるため、現在国内で販売されているCBD製品のほとんどは合法で安全です。

しかし、海外産のCBD製品の中には違法成分を含んでいる物もありますので、個人で輸入する際には特に注意しておきましょう。

ここで紹介した以外のCBD製品については、下記の記事で詳しくまとめましたので是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/05/21/cbd%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%84%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%aa%e3%81%a9%e5%85%a810%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95/ target=blank]

CBDに関する日本の法律と合法な理由

CBDがどういった成分なのか、CBDの効果やCBD製品の種類については大体分かっていただけたかと思います。

では、CBDはマリファナの原料である麻から精製されているのに、なぜ合法な成分として国内での使用が認められているのでしょうか?

ここでは、CBDが合法な理由を、日本におけるCBDの法規制の観点から解説します。

身体に悪影響を及ぼさないから

マリファナなどの違法ドラッグは脳や精神に、タバコに含まれるニコチンは肺に、お酒に含まれるアルコールは肝臓などに悪影響を及ぼしますが、CBDが直接体内に悪影響を及ぼすことはありません。

CBDにも副作用が出る危険性はありますが、先ほど解説した通り他の医薬品と比べても非常症状が軽度であるため、心身に悪影響を与えない安全な成分であることが医学的に証明されています。

また、2018年頃にWHO(世界保健機構)がCBDには違法ドラッグの基準の1つである「酩酊作用」がないことを認めています。

これらのことから、CBDは安全な成分であるとされています。

依存性・中毒性がないから

CBDの原料がマリファナと同じ「麻」であるため、CBDを摂取すると中毒になってしまうと危険視だれがちですが、安心してください。

CBDにはマリファナなどの違法ドラッグや、ニコチン、アルコールにみられる依存性が全くありません。

どれだけ高濃度の製品をどれだけ使ってもCBD依存症になることはないと医学的に証明されています。

依存性がないということは、摂取量を自分でコントロールできなくなる危険性がないため、CBDは安全な成分であるとされています。

大麻取締法で認められているから

CBDが合法な一番の理由は、法律によって日本国内での使用が完全に認められているからです。

CBDの原材料である「麻」に関する法律としては1948(昭和23)年より施行された「大麻取締法」が挙げられるのですが、CBDはこの法律の中で違法とされていません。

ここで一度、大麻取締法の条文を見てみましょう。

<大麻取締法 第一条>
この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

ここで注目していただきたいポイントが「ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く」という点。

CBDは麻の茎や種子から抽出された成分であるため、大麻取締法において「大麻」とは定義されず、違法性は認められません。

簡単にまとめるとこんな感じです。
(表)

第一条の他にも、

<大麻取締法 第三条>
大麻取扱者でなければ大麻を所持し、栽培し、譲り受け、譲り渡し、又は研究のため使用してはならない。

<大麻取締法 第四条>
何人も次に掲げる行為をしてはならない。
一 大麻を輸入し、又は輸出すること(大麻研究者が、厚生労働大臣の許可を受けて、大麻を輸入し、又は輸出する場合を除く。)。
二 大麻から製造された医薬品を施用し、又は施用のため交付すること。
三 大麻から製造された医薬品の施用を受けること。
四 医事若しくは薬事又は自然科学に関する記事を掲載する医薬関係者等(医薬関係者又は自然科学に関する研究に従事する者をいう。以下この号において同じ。)向けの新聞又は雑誌により行う場合その他主として医薬関係者等を対象として行う場合のほか、大麻に関する広告を行うこと。

などで大麻の取り扱いは堅く禁じられていますが、ここでの大麻もすべて麻の茎や種以外から精製されたものを指します。

つまり、CBDは大麻取締法によって違法性がないことが認められているため、合法かつ完全な成分であると言われています。

CBDに関する逮捕事例

CBD逮捕

大麻取締法によって完全に合法な成分であると認められているCBDですが、意外にも日本人がCBD製品によって警察に捕まったケースもあります。

ここでは実際に逮捕された事例や、なぜ捕まったのか、その原因を解説します。

THC混入CBDオイルを自作

CBDオイルの所持で警察に捕まったケースとしてまず挙げられるのが、THC入りCBDヲイルを自作したアメリカ在住の日本人です。

この事件で逮捕された人物は、自作したCBDオイルの中に、麻の葉や花、根から抽出されたTHCを一緒に配合していました。

THCはマリファナなどの違法ドラッグの主成分であり、精神活性作用(ハイになる作用)や、幻覚作用、酩酊作用など極めて違法性の高い作用があるのに加え、強い依存性や中毒性もあります。

心身に甚大な悪影響を及ぼすTHCは完全に違法物質であるため、THCが1mlでも含まれているCBD製品は漏れなく大麻取締法違反です。

この事例となった人物は、アメリカでのCBDや合法大麻ブームの熱にあてられ、CBDだけでは抑えきれず、THCも配合してネットショップなどで販売していました。

THC入りのCBD製品は自作、購入問わず所持しているだけでも違法なので十分注意しましょう。

海外から帰国時に逮捕

CBDでの2つめの逮捕事例は、アメリカで購入したCBD製品を日本に持って帰ろうとした結果、空港審査に引っかかって逮捕されたというケースです。

こちらも事例1と同様に、原因はCBD製品中に含まれるTHC成分にありました。

アメリカなどの海外では州や地方によってTHCや大麻の使用が認められている場合があります。

海外で販売されているCBD製品には、効果をより強く得られるように、日本では認められていないTHCなどの違法成分が入っていることがあります。

このことを知らずに購入して帰国しようとすると、日本の法律(大麻取締法)の違反するため、空港での検査に引っかかってしまい、最悪の場合は麻薬密輸業者として扱われてしまうかもしれません。

海外旅行先などでCBD製品を購入する際には、日本に持っていけるかどうかをお店の人にしっかり確認しておきましょう。

合法CBD製品と違法CBD製品の違い

CBDは逮捕事例もあるので、やはり危険なイメージを持たれるかもしれません。

しかし、現在日本国内で手に入るCBD製品のほとんどは、厳しい審査をくぐり抜けて来た安全で高品質なCBDです。

とはいえ、外国産のCBD製品や悪徳メーカーのCBD製品の中には、違法成分が入った粗悪なものもないとは言い切れません。

ここでは、CBDを安全に楽しむために、違法なCBD製品の見分け方を解説します。

THCが入っていないか

THCとはテトラカンビナノイドの略称であり、マリファナの主成分となっている違法成分です。

CBDと同じように麻から抽出されますが、CBDとは全く別物質であり、作用や副作用も異なります。

THCには精神活性作用(ハイになる作用)や、幻覚作用、お酒を飲んで酔っぱらったような感覚になる酩酊作用というものがあります。

また、THCは脳や精神に甚大なダメージを与え、依存性も非常に強い為、自分自身をコントロールできなくなって中毒になる危険性が極めて高いです。

THCは、大麻取締法上、日本国内での所持・使用・譲渡などが認められておらず、THCが混入したCBD製品を選んでしまうと、本人に自覚がなくても逮捕されてしまう可能性があります。

高品質で安全なCBD製品を見分ける際には、THC確実に入っていないことを確認するようにしましょう。

また、この際には対象のCBD製品にTHCが一切含まれていないことを示す「THCフリー」の表記を目安に、その製品が信頼できる安全なCBD製品なのかを判断しましょう。

THCとCBDの違いについて曖昧なままだと非常にに危険です。

一度下記の記事をチェックしてみてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

茎・種子以外の成分が入っていないか

大麻取締法上で「大麻」と定義される成分にはTHC以外にも、麻の「葉」「花」「根」から抽出された成分は全て該当します。

CBDをはじめとしたカンビナノイドは、成熟した麻の「茎」「種子」のみから抽出されているので、合法で安全ですが、その他の場所から抽出された成分が1mlでも入っている製品は漏れなく違法ですので注意が必要です。

CBD製品を選ぶ際には、成分表示や第三者機関による品質証明を参考にして、そのCBD製品が本当に、麻の茎・種以外から摂れた成分を含んでいないかを確認しておきましょう。

その他の成分が全て安全なものか

国内で販売されているCBD製品は、日本での厳しい検査を受けて流通しているため、CBD製品に違法成分が混入していることはほとんどありません。

しかし、外国産のCBD製品を個人輸入する場合には注意が必要です。

アメリカなどの海外では、州や地方などによってはマリファナのTHCなど、日本では禁止されている成分も使用されているケースがあります。

そのような場所で作られたCBD製品を輸入したり、直接買いに行ったりすると、逮捕事例でもあったように、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

そのような事態を避けるためにも、CBD製品を選ぶ際にはTHC以外の違法成分にも十分に注意しましょう。

簡単に安全なCBD製品を手に入れたいなら、国内メーカーからのみ購入することをオススメします。

CBDを安全に始めるなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBD合法 まとめ

今回は、マリファナと同じ原料から作られるCBDがなぜ合法なのか?その理由や注意点を、大麻取締法などによって詳しく解説しました。

CBDは正しく摂取すれば、リラックス効果や睡眠や肌トラブルの改善など様々な良い効果を得られます。

しかし、市場に出まわっているCBD製品の100%が安全で合法なものとは限りません。

誤って危険なCBD製品を選んでしまわないように、気に入ったCBD製品を見つけた際には、今回ご紹介した安全なCBD製品を見分ける3つのポイントを参考に本当に安全で合法なのかチェックしてみてください。

こちらもおすすめ