CBDコーヒーとは?効果や危険性なども徹底解説!

最近頻繁に話題に上がっているCBD。

多くの人が感心を向け始めているCBD製品ですが、数あるCBD製品の中にCBDコーヒーがあることはご存じでしょうか?

「CBDコーヒー」という言葉を聞くと

「CBDコーヒーって何?捕まらないの?」
「CBDコーヒーってどこが良いの?」

といった疑問が出てくるでしょう。

そこで今回は、CBDコーヒーのメリットやデメリットなどを交えて、CBDコーヒーについて詳しく解説していきます。

CBDコーヒーとは

CBDコーヒーとは、その名のとおりコーヒーにCBDを配合したドリンク製品のことを指します。

温かいホットのものから、冷たいアイスコーヒータイプのものなど様々なCBDコーヒーがありますが、CBDは〇℃を超えると成分組織が崩壊してしまい、CBDの効果を上手く得られない可能性があるので、アイスコーヒーが多く取り扱われていつ傾向にあります。

ジュースやお酒などにCBDを配合した「CBDドリンク」というジャンルの製品の中では、CBDコーヒーは比較的マイナーな製品ではありますが、他のCBDドリンクに比べて極めて安全かつ健康的な効果を多く得られるCBD製品であるため、CBDのリラックス効果などをより強く感じたい方にオススメできる製品です。

また、CBDコーヒーには、CBDリキッドやワックスなどの他のCBD製品にはない凡庸性も兼ねているため、大変扱いやすい万能なCBD製品であると言えるでしょう。

そもそもCBDとは

CBD入りのコーヒーについて知るために、まずはCBDという成分そのものについて理解しておくことが必要不可欠です。

ここではCBDとはどんな成分なのか、CBDの効果や気になる副作用や意見性、方法的な規制について分かりやすく解説しますので、CBDコーヒーについて興味がある方は是非ご覧ください。

CBDとは

CBDとは麻の茎や種から抽出された合法で安全な成分であるカンナビノイドの一種です。

正式名称をカンナビジオールといい、リラックス効果や睡眠の質を向上させて不眠症会を改善させるなどの医学的な効果から、抗菌・抗炎化作用でニキビ直して防ぐ美容面での効果も期待されている成分です。

麻から抽出されたと聞くと、大麻やマリファナなどの違法ドラッグのイメージを持たれ、危険な成分だと思われがちですが、海外ではもちろんのこと、日本国内でも使用が認められている完全に合法な成分ですので安心して下さい。

CBDの効果と副作用

安全で合法なCBDは使用することによって、様々な効果を期待することができます。

CBDがもたらす効果には、ストレスの緩和や疲労の軽減、睡眠の質の向上などの日常に潜む悩みの解消を期待することができます。

またCBDには医療効果を持つ一面もあるので医療現場でも重宝されています。

CBDは鎮痛作用や抗炎症作用、抗不安作用を持っているため、様々な症状に対する治療薬として医療分野でも利用されているのです。

このように多くの効果を持っていて魅力が詰まっているCBDですが、副作用がないわけではありません。

CBDの副作用にはイライラ感や眠気などで、基本的に軽度なものが多く一般的な市販薬と比べてもリスクは低い傾向にあるため、特に気にする必要はありませんが、もし副作用が出た場合はCBDの使用頻度や使用量を調整することで対処するようにしましょう。

一般的なCBD製品

先程軽く触れましたが、CBD製品には多くの種類があります。

オリーブオイル等のキャリアオイルにCBDを混ぜて製造された「CBDオイル」や、超臨界抽出で生成された「CBDワックスなど」を始め、CBDリキッドやCBDカートリッジなど非常に多くの種類があります。

またCBDグミやCBDコーヒーなどのようにCBDエディブルという手軽にCBDを摂取することができるCBD製品もあります。

CBDコーヒーだけでなく他のCBD製品にも興味がある方は、下記の記事で簡単にまとめましたので是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/05/21/cbd%e3%81%ae%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%81%af%ef%bc%9f%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%84%e3%83%aa%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%89%e3%81%aa%e3%81%a9%e5%85%a810%e7%a8%ae%e9%a1%9e%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95/ target=blank]

CBDをコーヒーに入れるメリット

CBDが摂取できる食品としてのCBDコーヒーですが、コーヒーにCBDを配合することによって一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここからはコーヒーにCBDを配合した際に得られるメリットについて3つのポイントから解説していきます。

CBDを美味しく摂取できる

CBDコーヒーの最も大きなメリットは、CBDを美味しく楽しんで摂取することができる点でしょう。

コーヒーを味わいながら同時にCBDを摂取することができるCBDコーヒーは、コーヒー好きな人にとっては、大変魅力的なものではないでしょうか。

リラックス効果の相乗効果

CBDにリラックス効果があることは先述しましたが、コーヒーにもリラックス効果はあります。

コーヒーは香りを嗅いだだけでもリラックス効果があることが証明されている上、飲むことでもリラックス効果を得ることができます。

そんなコーヒーにさらにCBDを配合することによって、お互いのリラックス効果が合わさり、よりよいリラックス効果を期待することができるでしょう。

またCBDの副作用に眠気を感じることがありますが、コーヒーと同時に飲むことによりカフェインの効果で眠気を打ち消すことができます。

このようにCBDとコーヒーにはお互いの効果を引き上げる作用があるようです。

気軽にオシャレに楽しめる

CBDを始めようとしても、どこか抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

しかし、CBDコーヒーなら抵抗なく始めることができるのではないでしょうか。

CBDコーヒーは普段コーヒーを飲むように気軽に飲むことができる上、同時にCBDを摂取することもできます。

また最近ではCBDコーヒーを提供するCBDカフェもあるので、オシャレな雰囲気の中でCBDコーヒーを楽しむことができるでしょう。

CBDコーヒーのデメリット

CBDコーヒーには手軽さや味などのメリットを見ることができますが、その反対にデメリットもあります。

それではCBDコーヒーのデメリットを見てみましょう。

CBD濃度が薄い

CBDエディブルの1つであるCBDコーヒーは手軽さや味を追求した代わりに、含まれるCBDが少なくなってしまいCBD濃度が低くなってしまう傾向があります。

濃度が低いと人によっては実感できる効果が薄れてしまう可能性もあります。

しかし無味無臭のCBDアイソレートやCBDクリスタルを加えることによって、CBD濃度を上げることもできるので、もっとCBDの効果を感じたい人はCBDを追加で加えてみるといいかもしれません。

カフェインと相反する

CBDコーヒーを日中で飲む際は、カフェインは大きな味方になってくれます。

しかし寝る前にCBDの効果である睡眠の質の向上や睡眠導入を目的として摂取したい方には、目的をカフェインが妨げてしまうでしょう。

ただ、CBDコーヒーの中にはカフェインレスのものもあるので、寝る前に使用したい方はこちらを使用してみてください。

CBDを効率的に摂取できない

ある研究でCBDは21.7℃以上の溶液に溶かしてしまうと、CBDが分解され、含まれるCBDの量が減ってしまうという結果で出ています。

そのため摂取できるCBDが少なくなってしまい効率的に効果を実感できなくなっている可能性もあります。

また他の直接CBDを摂取できるCBD製品とCBDコーヒー単体で比べてみても、どうしてもCBDを強く感じることはできないでしょう。

CBDコーヒーの飲み方

CBDコーヒーはそのままでも楽しんで飲むことができますが、ちょっとした工夫を加えて自分に適した形で飲むこともできます。

CBDコーヒーの飲み方について見てみましょう。

そのままストレートで飲む

CBDコーヒーはCBDが配合されたコーヒーなので、そのままでも普段コーヒーを飲むように楽しむことができるでしょう。

またCBDコーヒーの中でも多くの味や香りが違うので、是非好みのCBDコーヒーを見つけてみてください。

ミルク・砂糖を入れる

CBDコーヒーは普通のコーヒーと同じように自分なりのアレンジを加えることができます。

元々CBDは食品に混ぜて使用することも推奨されているので、ミルクや砂糖を入れてCBD自体の成分が変質してしまうことはありません。

そのため、CBDを普段飲むコーヒーのように楽しみたい方は、自分の好みに合わせてミルクや砂糖を入れて楽しんでみてください。

他のCBD製品と一緒に楽しむ

CBDコーヒーは他のCBD製品と同時に楽しむこともできます。ココナッツやペパーミントなどコーヒーに合うフレーバーを持つCBDオイルも販売されているため、CBDコーヒーに入れて楽しむこともできます。

またCBDコーヒーを飲みながらCBDリキッドを吸う、みたいなこともできるのでCBDの楽しみ方がさらに広がるでしょう。

CBDコーヒーについての注意事項

CBDの楽しみ方を広げてくれるCBDコーヒーですが、CBDコーヒーを飲む際に注意するべきポイントがあります。

2つのポイントを抑えて、CBDコーヒーを安全に楽しみましょう。

医薬品と一緒に飲まない

医薬品には特定の薬や食品と同時に服用した時、薬の作用が強くなり過ぎたり、反対に弱くなりすぎたりする相互作用が生じてしまう他、意図しない影響がでてしまう組み合わせが存在します。

医療効果も期待されているCBDですが、他の医薬品と一緒に飲むことによって身体に影響を与える可能性もあるので、医薬品と一緒に飲むことは避けましょう。

食べ合わせに注意

CBDコーヒーに限らず、CBD製品を使用する際に注意すべき食べ合わせにグレープフルーツを挙げることができます。

「グレープフルーツは血圧の薬と同時に飲んではいけない」と言われているように、グレープフルーツが含む成分のフラノクマリンという成分は薬やCBDの効果に影響を与えます。

フラノクマリンはその作用によって薬やCBDの成分を身体により多く吸収させてしまいます。

そのためCBDを摂取する際はグレープフルーツと同時に摂取しないように注意しましょう。

美味しいCBDコーヒーが飲めるオススメのカフェ

CBDコーヒーを自宅で飲むのも良いですが、環境を変えてカフェで飲んでみることもオススメです。

ここではCBDコーヒーを飲むことができるオススメのカフェを3つほど紹介していきすので、是非足を運んでみてください。

CBD coffee

CBD coffeeでは、コーヒーはもちろんのことジュースやスムージーなどのお好みのドリンクにCBDオイルをドロップして飲むことができます。

種類や濃度も選ぶことができるので、さまざまな味わいや香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

HEMP CAFE TOKYO

HEMP CAFE TOKYOはCBDコーヒーを飲むことができるだけではなく、他にもお店の雰囲気やオーガニックにこだわった料理を提供してくれるため、CBDコーヒー以外のことも一緒に楽しむことができるでしょう。

Creative Nuggets

Creative NuggetsはCBDを取り入れたコーヒーショップです。

2019年12月に開店したこのお店はレトロな雰囲気の中で、CBDコーヒーを存分に楽しむことができるでしょう。

CBDコーヒーを自宅で楽しむなら

hemptouch Amber Gold 3%(150mg)

  • 価格 980円
  • 製法 ブロードスペクトラム
  • CBD含有量 150mg
  • 容量 5ml
  • CBD1mgの値段 6.5円

Hemptouchはスロベニアに生まれたCBD専門のブランドで、つくられるCBDオイルはオーガニック製法にこだわったヘンプから抽出される多彩なカンナビノイドを含む、ブロードスペクトラムタイプの製品となっています。

また品質については、人工的な防腐剤やシリコンなどは一切使わず、第三者機関による厳正な検査をクリアしているため、小さいお子様でも安心して使うことができるでしょう。

一般的にブロードスペクトラムタイプの製品は、麻特有の苦みなどが原因で好みが分かれてしまいがちですが、HemptouchのCBDオイルは独特な香りや味は薄く、それでいてCBDがもつ効果はしっかりと感じることができます。

Hemptouchでは、CBD濃度3%~30%までと幅広い種類のCBDオイルを揃えており、誰でも自分に適したCBDオイルを見つけることができることも魅力の1つです。
 
メリット:オーガニックなCBDオイル・非常に高品質で安全
デメリット:特殊な味付けはされていない、オリーブオイル味

<hemptouch Amber Gold の評価>

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★☆
オススメ度★★★★★

合計100種類の中から厳選した圧倒的におすすめなCBDオイルBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/17/cbd-oil-best10/ target=blank]

CBDコーヒー まとめ

今回はCBDコーヒーについて、メリットやデメリットを交えて解説してきました。

手軽に楽しむことができるCBDコーヒーは初心者の方にとっても上級者の方にとっても非常に魅力的なCBD製品でしょう。

是非CBDコーヒーを飲みながらCBDを楽しんでみてください。

こちらもおすすめ