今話題のCBDカートリッジとは?効果や危険性、リキッドとの違いを徹底解説!

CBDが人気になるにつれて、日本でも多くのCBD製品が開発されています。

その中でもメジャーな製品と呼ばれるオイルやワックスとは別に「CBDカートリッジ」というCBD製品があります。

そこで今回は、

「そもそもCBDカートリッジって何?」
「CBDカートリッジを使用するメリットは?」

などの疑問を解決しながら、詳しく解説していきます。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDカートリッジとはVAPEで使う詰め替え用のCBDのこと
  • CBDリキッドを使いやすくしたものがCBDカートリッジ
  • 効果や副作用は他のCBD製品と同じだがメリットが多い

CBDカートリッジとは?リキッドと何が違うの?

CBDカートリッジは、大きく分類すればCBDリキッドに分けられます。

CBDリキッドは使用する際、自分でアトマイザーに入れVAPEや他の機器に接続して使用する必要があります。

しかしCBDカートリッジは自分でアトマイザーに入れる手間を省き、そもそもリキッドが入ったアトマイザーを後はVAPEに接続するだけで簡単にCBDを吸入することができます。

効果はCBD濃度や個人差によりますが、危険性はリキッド同様に命の危険や身体に深刻な悪影響を及ぼすことはないでしょう。

そもそもCBDとは

CBD製品の中に配合されているCBDとは一体どういったものなのでしょうか。

そもそもCBDとは、植物性カンナビノイドのカンナビジオールの略称であり、麻から採れる成分の1つです。

CBDは人間の体内に備わっている身体調節機能、ECS(エンドカンナビノイドシステム)に作用し身体を正常な状態に維持する助けをします。

ECSはカンナビノイドを用いて、食欲や痛み、免疫調整、発達、学習、記憶、認知など私達が生きていく上で必要となるさまざまなことに影響を与えるとされています。

これらを正常な状態にさせる機能を助けることができるCBDが、どれだけ優秀かは分かっていただけたと思います。

またCBDの効果はそれだけではありません。

CBDはこのストレス社会の中で、私達のストレスを緩和しリラックス効果を与えてくれ、睡眠の質も向上させてくれます。

また抗炎症作用や抗不安作用を含むCBDは、医療面でも認められ、難病などの治療法として有効性が確認されています。

CBDにはこのような効果を持つ反面、いくつかの副作用があります。

しかし軽い症状のものが多く、眠気や食欲減退などCBDの使用頻度や量を調整すれば、改善を図ることができるでしょう。

CBDカートリッジと他のCBD製品との違い

CBDカートリッジとは、CBDリキッドをアトマイザーに入れた製品のことで、誰でも気軽に始めることができます。

ただCBDカートリッジの場合、基本的に使い捨てなので中のリキッドがなくなってしまえば、使い終わったカートリッジは捨てて、新しいカートリッジに付け替える必要があります。

ここでは、そんなCBDカートリッジについてオイルやワックスなど他のCBD製品と比較したメリット・デメリットなどについて解説します。

CBDカートリッジのメリット

CBDカートリッジのメリットとして、初心者の方にも使いやすいというメリットをあげることができます。

CBDリキッドの場合、使用する時に毎回リキッドを補充する手間が掛ってしまいます。初心者の方だと、どうやって補充したら良いのか分からないでしょう。

しかし既にリキッドが準備されているCBDカートリッジだと、VAPEに付けるだけで気軽に楽しむことができる上、スターターキットなども売っているので、初めはリキッドよりも安く始めることもできます。

またCBD濃度が75%という高濃度のCBDカートリッジも売っているので、初心者だけではなく上級者の方からも人気のCBD製品になっています。

CBDカートリッジのデメリット

CBDカートリッジのデメリットは、基本的に量が少ないようです。気軽に使用することを目的としているので、量で比べてしまうと他のCBD製品には劣ってしまいがちです。

またフレーバーも基本的に少ないようで、自然由来の味わいのものが多く、ヘンプ特有の癖があるフレーバーが多いようです。

ただこのヘンプ特有の癖が好きだという方も多くいらっしゃるので、試したら意外と好きかも、なんてこともあるでしょう。

CBDカートリッジは合法?捕まらない3つの理由

CBDカートリッジに配合されているCBDについて調べるとマリファナの原料と同じ麻から抽出されていることがわかります。

そのため本当にCBDカートリッジを購入しても大丈夫なのか、疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

結論から言いますと「CBDカートリッジに違法性はありません」

それでは何故同じ原料を使用しているのに、CBDカートリッジとマリファナの間では違法性の違いがあるのでしょうか。

ここでは3つのポイントから解説していきたいと思います。

1.精神と体への悪影響がないから

CBDカートリッジを使用しても、精神に作用することはありません。そのためマリファナのように幻覚をみることも、ハイになることもありません。

またマリファナが持つ効果には、酩酊作用や依存性がありますが、CBDにはそれがありません。

そのため使用しても精神や身体を壊すような悪影響を受けることがないため、CBDは違法とされていないのです。

2.THCが入っていないから

先程あげたマリファナの持つ効果(酩酊作用、幻覚作用、精神活性作用、依存性)は、マリファナに含まれるTHCという成分が引き起こしています。

そのためTHCは大麻取締法と麻薬及び向精神薬取締法によって規制されています。

違法性のあるTHCが含まれていないCBD製品であるならば、違法になることもないので、日本の法律に則ってつくられたCBDカートリッジであるならば、違法性はありません。

3.麻の成熟した種や茎から抽出されているから

大麻取締法では、大麻に該当するものを規制しているのですが、麻の成熟した種や茎から抽出された成分に関しては大麻には該当しません。

そのためそこから抽出されたCBDを使用しているCBD製品であれば、規制される心配はないので安心して使用することができるでしょう。

【捕まる可能性大!】危険なCBDカートリッジの特徴

CBD逮捕

日本で販売されているCBDカートリッジは、基本的に安全性が保証されているので捕まることはないでしょう。

しかし自分で海外からCBDカートリッジを輸入してしまうと、輸入先の国でTHCが規制されておらず、購入したCBDカートリッジにTHCが含まれている可能性があります。

日本では医療大麻でさえ違法とされているため、THCが含まれていれば捕まってしまいます。

海外のCBDカートリッジを購入する際にはTHCが配合されていないかどうかをしっかりと確認するようにしてください。

CBDカートリッジの効果を高める正しい使い方

CBDリキッドベープ

CBDカートリッジの効果を最大限高めるには、吸入した蒸気を肺の中にしっかりと溜めておく必要があります。

肺の中で5~10秒ほど溜めておくことによって、毛細血管からCBDを吸収することができるので、効率的にCBDの効果を得ることができるでしょう。

ゆっくりと吸い、しっかりと肺に溜め、ゆっくりと吐く。これだけでCBDカートリッジの効果を最大限にまで高めることができるでしょう。

CBDカートリッジはこんな人におすすめ

CBDカートリッジの魅力は手軽さです。

CBDカートリッジは、CBDリキッドを毎回毎回アトマイザーにセットするのがめんどうくさい方や外でも気軽に吸いたい方におすすめのCBD製品です。

余計な手間を掛けることなく、少しでも時間を掛けずにCBDを摂取したい方は是非1度CBDカートリッジを試してみてください。

CBDカートリッジの1日の摂取量とは?

CBDの効果を感じるには、個人差によるところが大きいので、CBDカートリッジでの摂取量も個人によるとしか言えません。

濃度や人によっては一吸いで十分な効果を感じられたり、逆に何度も吸わないといけなかったりと自分に適した量を見つける必要があります。

まずは濃度の低いものから始め、量や濃度を徐々に上げて自分に最も合っているCBDカートリッジの使用法を見つけてください。

高品質なCBDカートリッジを選ぶ3つの方法

せっかくCBDカートリッジを購入したのに低品質で効果を感じることができなかったら直ぐにCBD自体をやめてしまうかもしれません。

そこで今回は、CBDカートリッジを選ぶ際に覚えて欲しい判断基準をいくつか紹介していくので、是非ご自身でも確認してみてください。

THCフリー表記がある

何度も説明していますが、CBDカートリッジに1mgでもTHCが配合されていれば、それだけで逮捕されてしまいます。

そこで確認してもらいたいのが、THCフリー表記です。

この「THCフリー」の表記があれば、そのCBDカートリッジにはTHCが全く配合されていません。

成分表とかを確認しなくてもこの表記があれば、THCが配合されていないことが一目瞭然なので、是非購入する際には確認してみてください。

第三者機関による品質証明を受けている

第三者機関による品質証明を受けるには、第三者機関が設けた厳正なテストに合格する必要があります。

このテストは、THCの有無はもちろんのこと品質の良し悪し、施工過程の確認など非常に細かい項目が定められているため、この品質証明を受けているCBDカートリッジには確かな信頼性があると判断してもいいでしょう。

濃度に注目する

CBD濃度が高ければ高いほど品質が良いということではありませんが、ある程度の目安にはなります。

CBD濃度が低ければ、いくら使用しても効果を得られないといったことは起きますが、CBD濃度が高ければ、使用量さえ調節すれば効果を感じることはできるでしょう。

濃度が全てではありませんが、高品質なCBDカートリッジの条件としてCBD濃度に注目することも大事でしょう。

CBDカートリッジを始めるなら

CBDカートリッジとは まとめ

今回の記事では、CBDカートリッジについてメリットやデメリットなどの観点から詳しく説明しました。

CBDカートリッジはリキッドに分類されますが、リキッドよりも手軽に誰でも始めることができるので、CBDを始めてみたいかたやもっと簡単にCBDを摂取したい方は是非試してみてください。

CBDカートリッジを使用してCBDライフをより楽しく過ごしてもらえれば、幸いです。

こちらもおすすめ