【CBDグミとは】今話題のCBDグミについて徹底解説!効果や副作用は?

欧米を始めとして世界中から人気を集め、多くの著名人からも愛用されているCBD。

最近InstagramなどのSNSやネットでも頻繁に見かけるこの「CBD」ですが、CBDを使った主要な製品は、電子タバコのように加熱した蒸気を吸込むタイプだったり、オイルを直接口に含んだりと、試してみるには少しハードルが高く感じるかもしれません。

「もっと気軽にCBDを始めてみたい!」
「美味しく楽しくCBDを摂りたい!」

このように感じた方に是非ともおすすめしたい製品が、今回解説するCBDグミです。

CBDグミの効果やメリット・デメリットはいくつもあるので、この記事ではそれらを交えて詳しく解説します。

この記事を簡単にまとめると

  • CBDグミは食べるタイプの新感覚CBD製品
  • CBDグミのメリットは美味しさと気軽さ
  • CBDグミは合法!食べても捕まらない

CBDグミとは?一体どんなモノなの?

CBDグミ

CBDグミとはその名の通り、CBDが配合されているグミのことです。

オイルタイプやリキッドタイプが主流となっているCBD製品の中で、CBDグミはCBDエディブルタイプに分類されます。

エディブル(Edible)とは「食べられる、食用に適する」といった意味を持っており、簡単に言えばドリンクやキャンディーなどの食品にCBDを配合した製品のことを指します。

普通のグミを食べるようにCBDグミを食べれば、誰でも簡単に美味しくCBDを摂取することができる、それがCBDグミの大きな魅力となっています。

そもそもCBDとは何なのか?

CBDグミに含まれるCBD。

名前だけはやたらと耳にしますが、そもそもCBDとは一体何どのような成分でしょうか?

CBDとは正式名称をカンナビジオールといい、マリファナと同じ原料である「麻」から抽出された成分のことを指します。

麻と聞くと「違法」「危険」なイメージを持たれてしまいがちですが、CBDは国内での使用がしっかり認められている安全かつ合法な成分ですので安心してください。

CBDには、体内のECS(エンド・カンナビノイド・システム)に作用することにより、私達が健康に過ごすための手助けをしてくれる働きがあります。

ECSとは、運動機能、意思決定、認知機能、感情抑制、学習、記憶、老化、ストレス、不安などを調節する働きを持った機能のことで、簡単に言えば、私たちの体のバランスを保つために頑張ってくれている体内システムのことです。

このESCは、加齢やストレスで欠乏してしまいがちなのですが、植物性カンビナノイドであるCBDの摂取を外部から取り込むことで、ESCを正常な状態に維持することができます。

また、CBDには医療効果があることも確認されており、CBD持つ鎮痛作用や抗炎症作用、抗不安作用は、精神疾患や身体疾患など様々な症状の改善を期待できます。

CBDにも副作用は存在し、主な症状には頭痛、薬物間相互作用、イライラ感、食欲減退がありますが、CBDの副作用はドラッグストアで売られている一般的な薬と比べても軽度であるため、身体への悪影響はほとんど報告されていません。

しかし、もしCBDを摂取して副作用を感じた場合は1度使用方法を見直し、頻度や量を減らしてみるなどの工夫をして対処してみてください。

CBDグミとは?メリット・デメリットについて

CBD自体についてはここまでで、ある程度分かっていただけたと思います。

そんなCBDを主成分としたCBDグミには、一体どのような特徴やメリット、デメリットがあるのでしょうか。

他のタイプのCBD製品と比較しながらみてみましょう。

CBDグミ概要

冒頭でも少し触れましたが、「CBDグミ」とはCBDが配合されているグミのことで、持ち運びに大変便利で、どこでも好きな時に食べることできる食品タイプのCBD製品です。

大切な仕事の前や寝る前に食べるだけで、リラックス効果や睡眠の質の向上を図ることができるでしょう。

また、近年ではCBDグミの種類が増えています。

CBDグミの硬さもハード・ソフトと選ぶことができますし、味に関してもマスカットやベリーなど豊富に揃っています。

CBDグミはこのような形状や味も含め、CBDオイルやリキッドなどと比べて非常に親しみやすいCBD製品と言っていいでしょう。

CBDグミのメリット

CBDグミは気軽にCBDを摂取することができます。

「電子タバコのように蒸気を吸込むことが苦手」
「オイルを直接口に含むことに抵抗がある」

など他のCBD製品を使用するには、少し抵抗がある方でも美味しく食べられますし、CBDグミは比較的安価なものが多いので、おやつ感覚で気軽にCBDを摂取することができます。

また、CBDグミは食べることでゆっくりとCBDが吸収されていくので、CBDの効果の持続時間が長くなるというメリットもあります。

寝る前に食べれば、眠っている間も効果を発揮してくれるので、ぐっすりと眠ることができるでしょう。

CBDグミのデメリット

CBDグミのメリットで、効果の持続時間が長いことを挙げましたが、他のCBD製品と比べて効果が現われるまで時間が長いことがデメリットとして挙げられます。

CBDグミは食べて摂取するので、吸収する際に消化器官を通ってしまい、どうしても効果を発揮させる効率が悪くなってしまうことが理由です。

ただ、後述しますが素早く効果を実感できる方法もあるので、直ぐに効果を得たい場合はその方法を試すことをおすすめします。

また、CBDは美味しく気軽に食べられるが故に、食べ過ぎてしまうといったデメリットも存在します。

CBDグミを食べ過ぎて命が危ないといったことは起きませんが、副作用や体調不良が起こってしまう可能性があるので、自分に適した量を摂るようにしてください。

CBDグミは合法?食べても安全な3つの理由

CBDに興味を持ち始めたばかりの方の中には、「CBD=麻=大麻」とCBDグミを食べたら捕まってしますのでは?と不安になる方もいらっしゃると思います。

結論から言えば、現在国内で入手可能なCBDグミのほぼ全てが安全で合法であるため、警察に捕まることを恐れる必要はありません。

その理由には、CBD自体に注目してみる必要があります。

身体への悪影響がほとんどないから

CBDには致死量がなく、どれだけ摂取しても命に関わるような甚大な悪影響を身体に与えることはありません。

ある研究では1日に1500mgのCBDを摂取しても、身体に悪影響を及ぼさないことが確認されています。

1500mgという量は、CBDグミならおよそ300粒分です。

日常的にはまず食べれないほど大量のCBDを摂取しても問題がないことから、CBDがいかに安全な成分であることかが分かります。

THCが入っていないから

マリファナに含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)は違法な成分です。

THCはCBDと同じ麻から採れる植物性カンナビノイドの1種ですが、精神活性作用(いわゆるハイになる作用)や強い依存性、酩酊作用などを持つ危険な成分であるため、法律で規制されています。

万が一THCが1mgでも含まれているCBDグミがあれば違法になってしまいますが、日本ではTHCを扱うことができないので、日本で製造されたCBDグミに違法性はまず無いと思っていただいて構いません。

THCとCBDの違いはしっかり認識しておかないと大変危険です。

思わぬトラブルや副作用に巻き込まれないように下記の記事をチェックしてください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/07/cbd%e3%81%a8thc%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f%e6%b3%95%e8%a6%8f%e5%88%b6%e3%82%84%e5%89%af%e4%bd%9c%e7%94%a8%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3/ target=blank]

大麻取締法でCBDは規制されていないから

大麻取締法上で「大麻」と定義され、国内での取り扱いが禁止されている成分は、成熟した麻の茎や種以外の部位(葉・花・根など)から抽出されたものです。

法律で規制されていない茎・種子から抽出されたCBDであれば規制対象になっておらず、規定をきちんと守って作られたCBDグミでは合法であると言えるでしょう。

日本におけるCBDの法規制については、下記の記事で詳しくまとめていますので是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/10/cbd%e3%81%af%e7%b5%90%e5%b1%80%e9%81%95%e6%b3%95%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e6%b3%95%e5%be%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%82%8bcbd%e3%81%ae%e9%81%95%e6%b3%95/ target=blank]

CBDグミの効果が感じられない場合の対処法

ストレス緩和や睡眠の質の向上を目的としてCBDグミを購入しても、あまり効果がないと感じられる方もいらっしゃいます。

しかし、すぐにCBDを諦めたり、他のCBD製品を購入する必要はありません。

これからご紹介する対処法を1度試して、それでも効果がない時は別のCBD製品を再考してみてください。

すぐに呑み込まず、舌裏で舐め続ける

CBDエディブルは基本的に食べることを想定していますが、CBDは消化器官を通って吸収されてしまうと効果が弱まってしまう傾向にあります。

CBDを摂取する上で最も効率的なのが、「粘膜摂取」です。

粘膜を通して摂取すると、短時間且つ効果的にCBDを摂取することができます。

CBDグミの場合、舌の裏で舐めることによって粘膜摂取が可能になります。

飲み込んでしまいたい気持ちを抑えて、なるべく長くCBDグミを舌裏で舐め続けることで、濃度の低いCBDグミであっても急速に吸収させることができ、CBDの効果をしっかり実感できます。

継続して摂取する

CBDを摂取して「1日目から効果が現われた」という方もいらっしゃいますが、このパターンは極めて稀で、大体の方はCBDを始めて1週間後くらいから効果を感じ始めます。

期待しているCBDの効果や必要なCBDの量には個人差があるため、CBDを使用してまだ日が浅い場合は、それほど焦る必要はありません。

CBDは継続して使用することによって効果を発揮しまし、継続する中で自分に合った適切なCBDの摂取量を見つけることで、期待通りの効果を毎回感じられるようになります。

CBDグミを食べても効果がでないと不安に感じている方は、1~3ヶ月を目安に様子を見てみると良いでしょう。

摂取量を増やす

CBDの効果を感じない原因として、純粋に摂取するCBDの量が少ないということが挙げられます。

CBDは体質や体重などの個人差に大きく影響される成分です。

人によってはCBDグミを、メーカーや販売会社が提示している目安量よりも多く食べる必要があるかもしれません。

効果が出るまで、徐々に増やしながら自分に適した量を見つけてください。

CBDグミはこんな人におすすめ!

CBDグミの特徴はなんと言っても「手軽さ」にあります。

お菓子を食べるようにCBDを摂取できるCBDグミは、「CBDを摂取する」ということを気負わずに済むため、自然に普段の生活の中に取り入れることができるでしょう。

またCBD製品の中には、麻本来の要素を多く残し、独特な味や香りを楽しむことができるものがあります。

しかし、どうしても苦手意識を持ってしまう方もいるでしょう。

その点CBDグミは豊富な種類の味を持っているため、美味しく楽しくCBDを摂取することができます。

このようにCBDを摂取することに少し躊躇してしまう方に、おすすめできるのがCBDグミです。

一日に食べてもいいCBDグミの目安量とは?

一日に食べてもいいCBDグミの目安は、1日に摂取するCBDの目安から計算して割り出します。

国内のCBDメーカーや販売会社が勧めているCBDの1日の摂取目安量は、約5~10mgです。

この量は一般的なCBDグミなら2~3粒といったところです。

とはいえ、正直なところCBDの適切な摂取量は“完全に個人差による”と言えるので、まずは少量のCBDグミを食べ、効果が出ないようでしたら徐々に増やしていくなどして、自分だけの適量を見つけてください。

CBDグミはどこで買えるの?CBDグミの購入方法

CBDグミは大手ECサイト(楽天、yahooショッピング)、CBD専門ECサイト、CBD専門実店舗、販売会社・メーカーのホームページなど様々なところから購入することができます。

大手ECサイトでは大量にCBDグミ扱っているので、在庫切れなどの心配がありません。

また口コミなども見やすく購入する際の判断に一役かってくれるでしょう。

CBD専門ECサイト、販売会社・メーカーのホームページでは製品に関する情報が非常に豊富に取り揃えられているので、使用方法から成分に関することまで確認することができます。

CBD専門の実店舗では、CBDに精通したスタッフが親身になって相談に乗ってくれ、言葉を交わして実際におすすめしてもらったCBD製品には、確かな安心感を得られるでしょう。

高品質なCBDグミを取り扱っているCBDショップの見分け方などは下記の記事でまとめていますので、是非ご覧ください↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/08/%e3%80%902021%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%91%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%aacbd%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e8%a6%8b%e5%88%86%e3%81%91%e6%96%b9%e3%81%a8/ target=blank]

安全で美味しいCBDグミを見分ける3つのコツ

CBDグミを購入する際、やはり気になる部分は安全面だと思います。

CBD自体に違法性はないとしても、CBDグミの中に違法な成分が混入していて逮捕されてしまう、なんてことが起きないとも言い切れません。

CBDグミを安心して美味しく使用できるように、これから説明する3つのポイントを覚えておいてください。

「THCフリー」の表記に注目する

CBDグミの中にはマリファナなどに含まれる「THC」が混入しているものが存在する可能性もあります。

万が一THCが入っていた場合、日本では所持しているだけで違法となってしまいます。

せっかく購入したCBDグミが原因で逮捕されてしまわないように、確実にTHCが混入していない製品を選ぶ必要があるでしょう。

THCが混入していないかどうかを判断する際に役に立つのが、THCフリー表記です。THCフリーと表記されているCBDグミはTHCが全く、1mgも入っていません。

安心してCBDグミを使用できるように、是非THCフリー表記を確認してみてください。

品質証明がないCBDグミは危険

CBD製品の中には、高品質で安全なCBD製品であることを証明するために第三者機関による品質証明を受けているものがあります。

この品質証明を受けるには、THCの有無はもちろんのこと、カビや細菌に対する処理が適当か、など非常に厳しい検査を通過する必要があります。

そのため、安全で高品質なCBDグミを選ぶ際に、信頼できる判断基準として採用することができるでしょう。

CBDエディブル特化のメーカーがおすすめ

CBDグミを購入する際、CBDエディブルに特化したメーカーの製品を検討するのも良いでしょう。

最近CBDに注目が集まり、様々な人がCBDの購入を検討しているでしょう。そんな中でもCBDに抵抗感を覚えずに摂取したい方もいらっしゃいます。

そうした方のためにCBDエディブルは非常にその種類を増やしているのです。クッキーやチョコはもちろんスノーボールにCBDが配合されたものまであります。

このように豊富な種類を取り揃えることができているメーカーなら、CBDグミの種類も安全性も十分に備えられていることが分かるでしょう。

美味しくてよく効くオススメなCBDグミなら

RECLIA CBD140mg

  • 価格 980円
  • 容量 28g(7粒)
  • CBD含有量 140mg
  • 1粒あたりのCBD含有量 20mg
  • CBD1mgの値段 7円

CBDを初めて使用する方におすすめするのがこのRECLIAのCBDグミです。

RECLIA CBDグミが優れているポイントに、「業界最安価」「安全性が非常に高い」「パッケージがおしゃれ」を挙げることができます。

CBDグミを買う時、気になるのは「価格」でしょう。

CBD製品は高価なものが多く、価格が原因でためらってしまう方がいるのが現状です。

しかしCBD初心者フレンドリーをコンセプトに作られているこのCBDグミは、1粒当たりの価格が98円と非常に安価な上、CBDが20mgも配合されており、コスパが良く誰でも気軽に始めることができるでしょう。

さらにこのRECLIA CBDグミの安全性は非常に高いものと言えるでしょう。

米国の第三者機関のテスト、監視によって違法性のある「THC」を徹底的に排除しているため、違法性はなく安心して使用することができるでしょう。

またパッケージがおしゃれなのも大切なポイントの1つです。

CBDグミの特徴に気軽さをあげることができます。RECLIA CBDグミのようにおしゃれなパッケージであれば、どこでも周りの視線を気にすることなくCBDを摂取することができるでしょう。

メリット:コスパが良い・安全性が高い・パッケージがおしゃれ
デメリット:少しCBDの含有量が低い

使いやすさ★★★★★
効きやすさ★★★★☆
コスパ★★★★★
人気度★★★★★
オススメ度★★★★★

50種以上の中から厳選した「美味しい」「安い」「よく効く」が揃ったおすすめのCBDグミBEST10はこちら↓

[sitecard subtitle=合わせて読みたい url=https://cbd-torisetsu.com/2021/06/25/cbd-gummies-best10/ target=blank]

CBDグミとは まとめ

今回はCBDグミについてメリットやデメリットなどのポイントから詳しく解説しました。この記事を読んで少しでもCBDグミについて理解を深めていただければ幸いです。

CBDグミは普段お菓子を食べるようにCBDを摂取でき、非常に身近に感じられるCBD製品の1つです。CBDを美味しく手軽に摂取できるCBDグミを是非試してみてください。

こちらもおすすめ